英語脳

business

英語を勉強しないといけない5つの理由

この記事は7分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

ネイティブに通じるような英語力は日本で生きている限り
ほとんどの人にとって必要ないものだと思います。

 

商社、外交官、通訳などのごく一部しか純粋に英語を必要としていません。
では、なぜ高額なお金を払ってまで英会話教室に行くのか。
ほとんどの大学生がTOEICを受験するのか。
就活でTOEICスコアが参考にされるのか。
なぜ英語が義務教育なのか。

 

あなたが英語を使う時は海外旅行に行くときだけですか。
本当にそうですか?

この疑問に答えていきたいと思います。

 

英語人口

世界人口はおよそ70億人いて、その中でも英語を話すことが出来る人口がおよそ18億人です。

 

25%って少なくない??
中国人の方が人数多いよ!って思うかもしれません。

 

確かに”中国語を母国語として話す人の数”の方が”英語を母国語として話す人の数”を上回っているんですが、
第二言語として勉強して話すことが出来る人数を含めると
英語の方がダントツで勝っているんです。

 

4人いたらそのうち一人は英語を話すことが出来る計算になるため、
一世帯のうち一人くらいは話すことが出来ているわけです。

 

つまり、英語を話すことが出来る人数が多いから英語を勉強しておけば、
海外の人との交流で困る可能性が少なくなるということです。

 

”英語が公用語である地域”と”英語を第二言語として使っている地域”のGDPは日本のGDPのおよそ6倍になります。
全世界と比較しても”英語が公用語である地域”のGDPは”全世界”の1/4のGDPを叩き出しています。
更に英語を公用語としている国際機関は多いのが現状です。

 

ベル

ビジネスの場だと英語でのやり取りを中心にして回っているため、英語が出来ることがビジネス上で有利に立てることは間違いないです!

(参考サイト 

日常生活で英語が必要

最近はよく行くスーパーやコンビニなんかでも外国人の店員をよく見るようになりました。また、駅に行けばかなりの数の外国人がいます。

 

ここは日本だよな??
と疑うくらい観光スポットにも外国人観光客がいたりします。

 

働いているオフィスで隣の人は外国人なんて光景はもう普通になりつつあるんじゃないかなと思います。
ひとえに外国人といっても全員が同じ母国語ではありません。
だから意志の疎通は必ず出来るわけではありませんが、
そのうち25%は必ず英語を話せる人たちなんですよ。

 

ベル

島国の日本でさえ、外国人と触れ合う機会が増えてきた状況になってきました。
つまり、海外旅行にいかなくても国内で英語を使う機会が増えているということです。

 

会社で英語が必要

上のトピックでも言った通り、国内でも英語の需要があるなら、
会社でも英語の対策を取るために社員にはある程度の英語力を求めます。

 

また、頻繁にないとしても外国の会社との商談がある際に英語が出来る人がいたら
当然その人に仕事を任されて、給料にも同期とは差がでてくるでしょう。

 

また、大企業になりますと社内公用語が英語になっているところもあるくらいです。
代表的なところで楽天があります。
元々、楽天は社員のTOEICスコアが500くらいしか無かったんですが、
会社が全体的にバックアップして英語の勉強に力を注いだ結果、社員のTOEIC平均スコアが800を超えるまで成長しました。

 

僕の周りだと、大手の通信会社に内定が決まったら
1週間ほど英語の研修をしにカリフォルニアまで行ってました。
新卒に対しても教育をするくらい英語の需要が高まっています。

 

また、手っ取り早く英語が使える人材を確保するために
サービス業、物を作って輸出しているメーカーは外国人技術者や、外国人工員を積極的に採用している流れがあります。

 

ベル

英語が出来るというだけで周りと差別化できてしまいます!

 

社会人の方は良かったらコチラもどうぞ。

参照サイト

海外で英語が必要

 

海外旅行で「話が通じるかな??」って不安になったことありませんか?
おどおどしながら英語を話していたら
金額が上乗せされていたり、スリの標的にされかねません。

 

また、メニューが読めなかったら注文することもままならないです。
話すことが出来なければ、道を聞くこともできません。

 

そういったトラブルが海外旅行の醍醐味の1つかもしれませんが(笑)
手振り身振りで何とか伝えようとするのは楽しいことかもしれませんがずっとだと疲れますよね。

 

どうせ行くなら120%楽しんできたいですよね!
そのために現地の方とお話してきましょう!
友達と言ったときに現地の人とぺらぺら話すことが出来たら
いつもとは違う一面を見せることが出来て

 

”カッコいい!”

 

となるだろうし、帰国してからも
「あそこ実は~~なんだよ!」と帰ってきてから現地で聞いたことを
周りの人たちに伝えることで更に楽しむことが出来ます。

 

ベル

英語が出来る人は旅行中と帰国後で120%楽しさを満喫出来ます!

視野が広がる

日本語とは違う英語を学ぶことで新しい視点でみることが出来るんです。
新しい視点というのは今までは気づかない事柄を英語のフィルターを通すということです。
このフィルターがあることによって英語脳が作られていきます。

 

英語脳は点と点を繋ぐ役割を果たしますので物事を
本質的に見ることが出来たり、記憶力が良くなるなど、
いわゆる「頭がいい人」になれます。

 

また、英語を学べば国境の壁はなくなりますので
恋人候補がおよそ9億人は増えます。(笑)

 

ベル

英語を学べば日常生活での新しい発見があり、今まで抵抗があったこと、壁があったことに挑戦できます!

 

英語脳についてはコチラ⇓


最後に

少し前の話になりますが、アメリカで大統領が代わり、
新しくトランプ大統領になりましたよね。

 

その新規大統領に代わり、新政権が発足から100日間が「ハネムーン期間」
と呼ばれマスメディアはこの期間中には新政権への批判を控えるという伝統があります。
また、メディアだけでなく野党も批判的なことを控えるようになっています。

 

トランプ大統領の場合は、選挙期間中からメディアと激しく対立していたということもあり、100日間経たずに批判されていましたが。。

 

まぁ、でもこの期間中は新しく政策は方針を打ち立てるには行動しやすい期間なわけです。
この行動しやすい期間初日に「TPP離脱を他の参加国に通知する。」と明言し、永久に離脱する大統領令に署名しました。
また、ハネムーン期間の最後には「外国人労働者に対し、ビザ発給を厳しくする」という大統領令にも署名しています。

 

前置きが長くなりましたが、アメリカがだいぶ閉鎖的な動きを見せているということです。
今まではアメリカに移住して手に職をつけようとしていた人が
アメリカでの将来性がなくなったらどんな行動にでるのか?

 

アメリカには移住せず、他の先進国に身を置こうとするでしょう。
その場所は日本じゃないとは言い切れません。

 

いつの間にか、外国からきた優れた人材が溢れて自分の居場所がなくならない様に、
今の内から対策をした方が賢い選択かもしれませんね!

 

対策の具体的な方法として、
とりあえず、TOEICを受験する
英会話を受講してみる
英語の教材で勉強する

 

等をしてみてはどうでしょうか^^

PR.今までのノウハウを全部つぎ込んだ「短期間で英語力が向上する」書籍を無料で配布してます

初受験でTOEIC満点を取り、
10年海外に滞在した経験から導かれた

英語の本質的な勉強法を大公開!
ここでは言えない「超豪華特典」がついてきます。
詳しくは↓リンクへ

 

「TOEICの点数を上げたい!


「単語の効率的な勉強の仕方を知りたい!」


海外ボランティアに行きたい!」

「海外アーティストの情報をいち早くキャッチしたい!」


学生だけど英語の勉強いるの?」

暇な時間に英語の勉強をしたい!」
 


自分の可能性を広げるために英語の勉強して海外に行く!」

 

「留学費用が高いから国内で英語の勉強をしたい!」

 

などなど、多岐にわたって解説し、
すぐに「英語力」がアップするロジックを
再現性の高いものにまとめました。

 

短時間で英語力を上げる体系本
全44ページの大ボリームを
読むだけで英語学習が劇的に変わるでしょう。

 

電子書籍の受け取りはコチラから

 

メルマガもやっているので、
日々の英語力を英語力を上げたい時に
参考にしてください。

 

メルマガでは、英語力を上げる「より詳しい方法」や
ブログでは公開できないような「ここだけの英文」
新鮮で旬な「情報」を発信しています。

 

「英語を楽しみながら勉強することが出来た!」と
感想を頂くこともあります。
是非、日々の英語学習に役立ててください。

 

メルマガの登録はコチラから出来ます。

 

1日に1通程度の軽い量なので、
サクッと読むだけでもかなり力がつきます。

夢をかなえるため、一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

関連記事

  1. mind

    【当日に慌てない】TOEIC前日にするべき対策!!

    こんにちは、ベルです。あなたは、これまでにTOEI…

  2. business

    企業と英語力の関係

    こんにちは、ベルです。 今回は英語力を上げている企業がどんな取…

  3. mind

    意志が世界を覆った時、ハッピ―エンドになる

    こんにちは、ベルです。過程と結果のどちらが大事かっ…

  4. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない

    こんにちは、べるです。先日、研究室のセミナーがあり…

  5. life

    英語を勉強する時に集中力を高めるコツ|禅・マインドフルネス

    こんにちは、ベルです。 昨日、髪を切ってきました。 いつも…

  6. mind

    【保存版】TOEICスコア600点を1ヶ月でとる最短勉強法

    こんにちは、ベルです。 TOEICで600を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 英語教育

    TOEICとセンター試験を比較すると?2020年には大きく改革される事
  2. mind

    【必ず知っておきたい】勉強を習慣づける方法
  3. mind

    【ビリギャルから学ぶ】マイナススタートだからって怖いものはない
  4. business

    企業と英語力の関係
  5. diary

    【反面教師】英語で後悔したこと
PAGE TOP