英語脳

英語脳

英語脳の作り方!英語脳を徹底的に解説!


この記事は4分で読めます

こんにちは、ベルです。

英語脳

英語脳についてなんですが、
最初から結論をいうと、英語脳の定義はあいまいで
「英語脳とは~だ!」とは決まっていないんですよ。

 

だから、本の著者やブログでも書かれていることが違っていて、
「私の考えでは~~だ。」とか
「一般的には~~が当てはまる」
という書き方なんです。

 

権威ある学者さんが「英語脳はこれだ!」といっているけど、中々浸透していないのが現状です。

 

例えば脳科学者で有名な茂木健一さんは
茂木健一「英語脳は結局、多様性に触れる脳と言うこともできる。」

 

といっています。(参考:最強英語脳を作る (ベスト新書)
茂木さんの言葉をもう少し掘ってみると、
「多様性に触れることが出来る脳」っていうのは、

 

外国のことや、身近での出来事、今まで距離を置いてきたこと、
自分とはかけ離れている様々なことに触れる、理解できる脳ということです。

 

だから、英語脳を「英語を日本語訳しないでスラスラと読むことが出来る」
っていうのとは少し違います。
ただスラスラと読むことが出来るのは精読、速読が出来ているというだけなので、
別に英語脳と言う必要もないです。
(英語脳の解釈は色々あり、否定しているわけではありません。英語脳を語る時も多様なわけです。)

 

 

そして、僕の場合には茂木さんがいう英語脳にさらに加えて
「多様性に触れることで違った事象(点)が線で結ばれていき、アウフヘーベンできる」

 

 

これが僕の言う英語脳です。
この英語脳をもっと分かりやすく言うと、

 

 

「違う側面を学んだ、理解した時の点が他の点と結ばれることで
その点と点が持っている内容が、螺旋を描きながら新しく高い段階へと昇華(違った一面で発揮される能力)される」

 

 

ということです。
話が少し哲学っぽくなってきましたので、図で解説していきます!


 

上の様に、AとBを行ったり来たりすることでA’、B’と成長していくんです。
この図は二次元なので、奥行きを加えてあげると、
螺旋の様に回転していながら成長しているんですよ。

行ったり来たりの繰り返しで本質的に成長していけるということなんです。
他にも行ったり来たりしている例として、以下のものがあります。

 

 

■PPAP

これなんかはすごくいい例なんですよ!
ペンパイナッポーアッポペン(PEN-PINEAPPLE-APPLE-PEN)って言ってしまえば意味不明ですからね(笑)
でも、動画をみたジャスティン・ビーバーが高評価したことで一気に人気が出て
その人気はアメリカだけでなく、アジア、ヨーロッパなど広く知れ渡りました。
そして当人がいる日本では大ブレイクでしたね。

 

■マインドフルネス

マインドフルネスという言葉を聞いたことはありますか?
マインドフルネスとは、元々は中国から伝承された”修行法”が日本で”禅”として形を変えて、その後アメリカのGoogleの技術者が”マインドフルネス”という精神的に落ち着く習慣として形を変えました。
マインドフルネスは日本に逆輸入されて、今はブームになっているみたいですね。

 

■留学

学生が行ったり、社員研修でも言ったりすることがあると思います。
海外に行ったことで違った生活に触れて、違った言語に触れて、違った街並みを見ることが出来ます。

まさに多様性の巣窟です。

 

■バタフライ・エフェクト

「バタフライ効果」とも呼ばれていて
一匹の蝶が羽ばたいたことが原因で
地球の裏側では竜巻が起きる現象のことです。

 

え?本当??って思いますよね。
蝶の起こす風って扇風機よりも弱い風ですよ(笑)

 

でもですね、蝶が羽ばたいた小さな風でも、
蝶の周りの小さな微粒子が、他の微粒子に当たることでその力は
どんどんと多くの他の微粒子を巻き込みその力は大きくなるんです。
(雪崩を想像してください。小さな雪が崩れると周りの雪を巻き込んでどんどんと大きくなっていきます。それと同じです。)

 

螺旋と言えば、人間のDNAも螺旋構造をしていますよね。
らせん構造にはもっと色んな魅力がありそうです!

 

ちなみに技術の進化もこの螺旋の図をモデルにしたら
将来的に何が求められているのかも分かってきます。

 

最後に

僕のブログを見て、あなたの意識が変わって影響が出たとします。
その影響はおそらく僕のところまで帰ってきて、
一段と僕自身が成長します。

 

その成長によって、より多くの人たちに影響が与えれて、
どんどんとその波が大きくなっていく、というように
ブログでも螺旋を描きながら成長出来るようになっています!

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

僕は独自の勉強法を用い、
たった3ヵ月の勉強でTOEICの点数が
400点以上上がりました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと鮮明に聞こえて理解できるし、
自然な英語で外国人と話せるようになりました。

 

あまりにも短期間で伸びたので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。


しかし、元々の英語力は偏差値が40で
英語が苦手な典型的な日本人でした。

 

ただ、英語を勉強するにあたって、
僕が周りと違った点と言えば、
勉強法に9割の時間をかけて研究し、
実践したということです。

 

その結果、今では外国人にビビらなくなり、
TOEICも高得点と言われる点数をとり
あっさり人生が楽しくなりました。

 

英語は日本にいながらでも習得できるし、
英語を学ぶことで人生の可能性が大きく広がる、と確信しています。

 

だからこそ、
英語を使いこなす人口が10%でも増えれば
世界で活躍できる人間が増えて
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
その方法論をまとめた電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(これだけで点数が上がったとの報告も)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
期間限定での公開なのでお見逃しなく!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?

    こんにちは、ベルです。6月になりましたね!1年間の半分で折り返しの…

  2. 英語脳

    ”渡辺直美”と”ピース綾部”がアメリカ留学しに行った本当の理由

    渡辺直美がアメリカ留学に行く理由渡辺直美がアメリカ…

  3. 英語脳

    右脳で英語を勉強して英語脳を作る!!

    こんにちは、ベルです。そもそも英語脳って何?という方はコチラを参照…

  4. 英語脳

    ビジネスマンへ|英語が付加価値になる

    こんにちは、ベルです。 ビジネスマンにとって…

  5. 勉強法

    読むだけで誰でも出来る!正しい「インプット」と「アウトプット」

    こんにちは、ベルです! 「インプット」と「アウトプット」は英語…

  6. 英語脳

    英語にロジカルシンキングを混ぜてみた

    こんにちは、べるです! 今回は、英語の可能性について考えていき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. 英語教育

    TOEICとセンター試験を比較すると?2020年には大きく改革される事
  2. mind

    質が高い!?勉強する前に意識したいこと
  3. 勉強法

    保護中: 英単語を暗記する時は音表象からマスターするべき!!
  4. 勉強法

    【誰でも簡単】勉強のやる気がでない時、やる気の出し方8選!!
  5. business

    英語を勉強しないといけない5つの理由
PAGE TOP