英語脳

英語脳

  (最終更新日:2019.04.23)

スラング英語「LOL」の使い方。意味まとめ。

こんにちは、ベルです。

最近は、英会話セミナーとブログ記事の更新を毎日継続していて
多忙な日々を送っております。

 

で、今回の本題なんですが、
lol の意味を紹介していきます。

 

日本語も言葉を略すように
英語にも略字というものがあります。

 

代表的なものだと、
「OMG」でOh,My Godなど。

 

このように、頻繁に使う定型文は
省略して使われます。

 

lol も英語圏では、よく使われるため
知ってるだけでも外国人と
気軽にメールや会話のやり取りができます。

 

ぜひ、今回の記事で
lol を使いこなせるようになってください!

 

 

lol の意味と読み方は?

lol とは、
「laugh out loud.」(大爆笑)
の略語です。

 

日本で言う、
「(笑)」、「ワロタ」、「w」という意味です。

 

読み方は、
「laugh out loud.」
ラフ アウト ラウド

となっており、
lol 自体は、記号のような役割をしているので
読み方はありません。

 

lolの使い方

lol はとりわけネットでよく見かけますね。
Youtubeでもコメントを気にしていると lol は結構ありますよ。

 

単独で使われたり、

文章の初めだったり、文末だったり。
面白いYoutube動画の場合は、まー!ありますよ(笑)

 

 

また、最近だと、スラング言葉として、
英語圏の国ではよく見かけるようになりました。

使える例文は、以下のようになります。

 

おまえ本当おもしろいwww
You are awosome! Lololol

 

Youtubeの動画、最高すぎる(笑)
Youtube is so funny lol

 

lol はスラング言葉

スラングとは
『ある特定の集団で使われる、非正規の表現』
という意味です。

 

例えば、「OMG」でOh,My Godという意味があります。

 

OMG については、
世界中が広まり、汚くないのですが、
一般的に、スラングは仲間内だけで使われる
言葉なのでだいたい汚くなります(笑)

 

でも、スラングを知っていれば、
かなり身近な存在になれるので
知ってたら得しかありません。

ちょうど、日本で言う方言みたいな感覚です。

 

そのため、lol を
ビジネスでは使わない方がいいでしょう。

 

で、今回の、「lol」は
「(笑)」というイメージで、
感情表現する記号のイメージです。

 

日本でも、面白い時は、
「(笑)」や「www」
と文末に置きますよね。

 

同じ感覚で、
英語圏は、「lol」としたり、
「lololololol」と連続させることもあります。

 

慣れないとなんだか、キモイですw

 

まぁ、逆に外国人からしたら
「wwwww」というのが、意味不明みたいです。

 

英語を勉強すると
いい感じで、常識が破壊されていきます。

 

他にも類似の表現があったので紹介します。

 

lmao

lmao は laughing my ass off の頭語で、
「尻が落っこちるほど(激しく)笑う」という意味です。

 

つまり、
「大爆笑」という意味です。

 

 

「ちょっとこの写真見てよ! 超笑える!」
Look at this pic! LMAO!

 

写真も picture から pic に省略できてしまいます。

 

文章の流れから何となくわかりますよね。
このなんとなく推測する力ってとても重要で
実際の英会話もなんとなくから入り、
推測することは結構あります。

 

推測力は、
TOEICの点数を高めるために
必要なスキルでもあります。

 

rofl

rofl は Rolling on floor. の頭語で、
「床を笑い転げる」という意味です。

 

また、同じ意味なんですが、
rolling off the floor laughing だと、
「the」 の 「t」 も入れることもあり、
rotfl と略される場合もあります。

 

 

「それすごい面白い!ウケるw」
That is hilarious! ROFL!

 

まとめ

略語を知ることは、
外国人との距離が1歩近づくことです。

 

もし英会話を楽しみたいなら
勉強法を知ることが一番の近道だと
僕は考えています。

 

それは、僕自身の経験と、
英語を教えてきた中で確信したことでもあります。

 

そこで、このブログでは、
英語を話すことをメインに紹介しているので、
英語の勉強法を紹介しますね。

 

特に、メルマガで反応があったオススメ記事まとめです。

 

良質な情報をまとめているので
多くの知識をドンドンと蓄えて頂きたいと思います。
読者に人気のあった記事まとめ

 

 

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕は留学してないけど、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 英語脳

    渡辺直美とピース綾部がアメリカ留学しに行った本当の理由

    渡辺直美がアメリカ留学に行く理由渡辺直美がアメリカ…

  2. 英語脳

    英語脳の作り方!英語脳を徹底的に解説!

    こんにちは、ベルです。英語脳とは?英語脳についてなんですが…

  3. bell

    【東京オリンピック】外国人と気軽に話すときに困らないネタ。日本の軸を知ろう。

    どうもこんにちは、ベルです。英語を学ぶ人の中には、2020年の…

  4. 英語脳

    使役動詞haveの使い方を「make」「get」との違いから理解する

    こんにちは、ベルです。今日は「使役動詞」について解説していこう…

  5. 時間短縮

    翻訳機の機能が熱い!英語と韓国語と中国語も音声認識する5つの翻訳機を紹介する!

    こんにちは、ベルです。都内で英語講師やっております。&nbsp…

  6. 英語脳

    夜食を英語で言うとなんというのか?

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。今、ちょうど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. 留学

    留学のメリット|英語を話せるようになって差別化しよう!
  2. business

    TOEIC模試受けてそのままにしてたら試合終了ですよ。
  3. 教育

    金フレ買ったらやる気しか湧かない
  4. diary

    【決定版】韓国語を翻訳!一番正確に訳す無料まとめ
  5. 勉強法

    TOEICのアビメを分析すると今後の方向性がはっきりと分かった
PAGE TOP