英語脳

business

  (最終更新日:2018.11.6)

TOEIC模試受けてそのままにしてたら試合終了ですよ。

こんにちは、ベルです。
英語講師しています。

この記事を見ているということは、
おそらく、TOEIC模試を受けた後、
もしくはこれから模試を受ける状態だと思います。

昔の僕は、
TOEICを受けてそのままにする。

というすごくもったいない事をしていました。
模試を復習していない間は悲しいことに、
全く点数が伸びることはなかったですね。

だって、TOEICは受ける回数が増えるから
点数が上がるのわけではないです。

自分ができていない部分を知って(分析)
重点的にやるパートを把握する(計画)
をすることで点数を劇的に上げることが出来るからです。

つまり、PDCAというやつです。

P=計画
D=行動
C=分析
A=改善

という流れです。

TOEICの模試を受けてそのままにしているというのは、
DDDDという状態なんですね。

すごい成績悪そうですねw

実際、成績が伸びることはないので
すぐにPDCAを回して下さい。

この記事では、PDCAをしたことによって
ベルのTOEICスコアが400から800になった話をしていきたいと思います。

 

勉強法を改善しよう

そもそもなんで、
PDCAがDDDDになってしまったのかというと、
模試を解いても復習する方法が分からなかったからなんです。

模試を使った有効な勉強を知れば
誰でもPDCAを回すことができて、
TOEICの点数も劇的に上げることが出来ます。

ちなみに、僕がTOEIC400から600になった時は、
1ヵ月で200点あげることが出来ました。

これって、才能か?
というと、全然違うと思っています。

むしろ僕は才能なさすぎて
素直に授業も聞けず、
独学でコツコツとやっていた方です。

で、ある時に転機が訪れて
できてる人からしっかりと聞いた結果、
勉強法というのを知りました。

で、それをTOEICに当てはめると、
まずは、伸びやすい部分、
もしくは、得意なジャンルを徹底的に勉強する。

ということでした。

じゃあ、どこが伸びやすい部分で、
得意なジャンルだったかというと、

■伸びやすい部分
=======
→リスニングと文法

 

■得意なジャンル
=======
→短い文章から単語を見つける問題
(シングルパッセージや、ダブルパッセージの前半)

こういった風に分けました。

 

で、伸びやすい部分なんですが、
若い人は、リスニングが圧倒的に伸びやすいです。

これは、多くの人を教えていく中で、
気が付いたことなんですが、
大人になって文章に目を通している社会人は、
リーディングの方が得意な傾向がありました。

つまり、伸びやすい部分としては、
学生  =リスニング
社会人 =リーディング

となっております。

で、伸びやすい部分が分かったところで
確信をもって勉強していきます。

僕はリスニングだったので、
リスニングをひたすら聞きました。

それこそ倍速でも聞いたし、
同じ問題文でもひたすら聞きました。

で、結果、
リスニングの点数が劇的に上がったんですね。

つまり、
P=リスニングが伸びるらしいぞ。
D=倍速で勉強する
C=模試で確認する
A=実際のTOEICで確認

という流れです。

この流れを取ったら誰でも点数は劇的に上げることができます。

 

基礎的な英語力の土台を身につける

もし上がらないということなら
英語の土台ができあがっていないので
まずは英単語と英文法について勉強しましょう。

英単語と英文法については、
それぞれ詳しくまとめた記事があるので
そちらの方を確認して下さい。

 

もし英単語と英文法を勉強するなら
TOEIC専用の参考書から学んでください。

というのも、TOEICには、
リサイクル問題というのがあり、
過去に出題した問題と同じ問題を
頻出する傾向があります。

つまり、上の記事で紹介している参考書を使うことで
模試の結果を最大限に伸ばすことが出来るようになります。

 

模試の結果を最大限活用する長文の読み方

模試の結果を最大限活かすためには、
正解したか、不正解だったかに関わらず
長文を読み返しましょう。

また長文を読むときには、
「知らない単語を推測して全体的な意味を知る読み方」と
「調べて全部わかる状態にして丁寧に読む方法」があります。

それぞれ、

 

【多読】
「知らない単語を推測して全体的な意味を知る読み方」

 

【精読】
「調べて全部わかる状態にして丁寧に読む方法」

と呼ばれています。

どっちにすればいいのか?
というと、僕は【多読】をおススメしています。

もちろん、ある程度の単語力が身に付いていることを前提にしてます。

それから何度も多読した方が効率は圧倒的に良くなります。

要は、英語は脳に情報を通した回数で
上がるかが決まります。

だからこその多読です。

このときのPDCAは

P=なにやら多読が上がるらしいぞ。
D=模試で出題された長文を何度も読む
C=模試をもう一度解き直す
A=TOEICで結果を確認する

 

このリーディングはどちらかというと
社会人がやれば、劇的に点数が上がっていく方法です。

TOEIC全体の点数を上げるためには
リスニングもリーディングもやらないといけないので
どっちもやる必要がありますけが。

でも、ここでもベースとなるのは
英単語と英文法なので
そこはしっかりと土台として身に着けておきましょう。

※英文法をとても強調していますが、それはTOEIC対策だからです。
僕は英文法はいらないというスタンスなので。

興味あればこちらの記事をみて下さい。

 

模試を受ける時は繰り返し使う

模試の最大のいい点は、
以前といた問題をもう一回解くことが出来る点です。

本番のTOEICでは、同じ問題を解き直すことが出来ませんからね。
そして、会場が違ったら違う問題を解いているので、
ほとんどの場合は、TOEIC IPですら同じ問題を解くことはありません。

今のところ、同じ問題を解いた人と会ったことがありませんね。
それくらい、本番のTOEICは1度きりなのです。

本番のTOEICに対して、模試は何度も解き直せて、
大事な根拠を探す練習をすることが出来ます。

そして知らなかった単語を繰り返して
頭に情報を入れることで深い領域に染みついていきます。

 

海馬は、何度も入ってきた情報が大事と捉えるので。
朝飯の情報は一度きりなのですぐ忘れていきますよね。
それと一緒です。

模試を繰り返し復習するために
解答用紙は何枚か必要になると思うのでこちらの記事から
解答用紙をダウンロードしてください。

 

英単語も何度も頭に情報を通してあげましょう。
後は、正解の根拠の探し方と、
TOEICの長文の傾向を知りましょう。

 

TOEIC模試のオススメの参考書

 

模試を受けて時間配分をしる

TOEICの試験時間は2時間と長いのですが、
いざ受験すると

「え!もう終わったの!!!?」
「さいご塗り絵やーん。もっとやらせて(泣)」

と時間が足りないことがほとんどでした。

 

なぜ時間が足りないのかというと、
そもそも時間内に解き切れるように問題が設定されていないというのもありますが、

 

根本的に各パートに使う時間配分を間違えているというのもあります。

時間配分を知るだけでもTOEICの点数は劇的に上がる事が多いです。

また、時間配分は模試でしか慣らすことができないので
模試で勉強する時は、必ず時間配分を意識するようにしましょう。

リスニングだけやって、
後日にリーディングだけをやる。

という別々に模試を受けるのもアリです。

 

しかし、
時間の使い方は本番と状況が変わってしまうので
できる限り、1回でリスニングとリーディングを学びましょう。

そっちの方が学びが大きいです。
頭の疲労を繰り返すことで英語の力は本当についていきますからね。

ちょっとハードルが高いので
初心者は別々に模試を受けて
英語に慣れていって下さい。

 

模試を受ける時は時間配分を気にして
ぜひスピード感覚をつかんで下さい。

 

TOEICの結果の分析も大事

TOEICの結果も帰ってきたら
PDCAを回しましょう。

「TOEICの結果は点数しか分からなくない?」
という疑問があるかもしれません。

でも、ですね。

TOEICの結果用紙は、実は
各パートの点数が分かるようになっているんですよ。

この画像の赤部分を「アビメ」というのですが、
このアビメを分析すれば
どこがどれだけあっていたかを知ることができます。

詳しくはこちらの記事でまとめました。

 

まとめると

P=なにやらアビメがあるらしいぞ
D=上の記事で詳細をチェック
C=アビメをチェック
A=伸ばすべきところを学ぶ

という流れです。

PDCAで考えると楽じゃないですか?

 

僕は以前まで、こんなビジネス的の考え方はできませんでしたが、
英語を学んでいくうちに色んな知識も学ぶことが出来ました。

ほんと、英語に味を占めております。(笑)

英語をもっと学んだら
海外でビジネスを興せるように
さらに勉強していきたいです。

 

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

僕は間違った英語学習をして、
「いくら頑張っても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど伸び悩んでました

だけど今じゃ、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

 

なぜセンスもなかった僕が英語スキルを身につけたのか?
っていうと正しく勉強できたからです。

昔の自分からすれば
「あり得ないでしょ」と、きっと驚きますが
英語のルールが分かったため、
緊張せずに英語を話せるようになったんです。

 

そして現在は、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しました。

 

電子書籍は、
ビジネス英語を正しく理解し、スムーズに仕事をする方法

TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法

なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力

3分のスキマ時間にできる5つの時短練習法

ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力

丸暗記しない英語学習法

 

こういうスキルを紹介してます。

学習者が「もう私には無理なのか…?」と悩む気持ちを
しっかり理解したうえで書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください。

 

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くよう、
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 勉強法

    TOEICのアビメを分析すると今後の方向性がはっきりと分かった

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。今回、紹介す…

  2. business

    英語を勉強しない時にも英語力がどんどん上がった話

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。 目標を達成…

  3. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。僕の住んでい…

  4. bell

    【東京オリンピック】外国人と気軽に話すときに困らないネタ。日本の軸を知ろう。

    どうもこんにちは、ベルです。英語を学ぶ人の中には、2020年の…

  5. business

    カフェ店員に必要になる英語力とは

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. business

    英語を勉強しないといけない5つの理由
  2. 勉強法

    【保存版】TOEIC模試問題集と無料オンラインサイトまとめ!
  3. 英語教育

    10年後には全員、英語が必要だなと感じた話。経営者が集う懇親会に参加してきました…
  4. 勉強法

    TOEIC Part5を対策問題で完全攻略!パターン問題ごとの解説付き【新形式対…
  5. mind

    【速読】英語を速く、正確に読めないってすごく損してない?
PAGE TOP