英語脳

英語脳

英語にロジカルシンキングを混ぜてみた


この記事は3分で読めます

こんにちは、べるです!

今回は、英語の可能性について考えていきます!
英語学習の根本的な部分についても触れているので
見逃さないようにしてください!

 

英語を母国語としている人口は約三億人います。
この数だけだと中国語を母国語としている
人数の方が多いんですが、
公用語として用いている英語話者の人数を含めると、
地球人口の約半数が英語を使っている計算になります。

英語使えたらこれだけの人と
話せる機会ができるっていうんだから
凄すぎ!!
って思います。

日本だと日常的に英語を
使わなければいけないことなど
そうありません。

だから、公用語(国内で使われている言語)
も日本語の一つしかありません。

しかし、世界を見渡してみると、
母国語以外にも他言語を使っている国は結構あります。

母国語+もう1の言語とか、
+2つの国も普通にあります。

だから日本人が英語を使えないとすれば、
「日常的に使う機会がないから」
だとも捉えることが出来ます。

 

日常的に英語に無理なく接する
方法をメインにして説明しています。

今は、よりロジカルに英語を捉えよう!
という企画を作っている最中なので、

今後もロジック的に英文を読み解く
メルマガを流していくつもりです。

 

ロジカルに英語を
身に付ける必要性がどこにあるの?
って思うかもしれません。

しかし、僕は、
英語の文章を読む前や、
英単語を勉強する前に
ロジカル部分を学んでほしいと考えています。

ロジカル部分が根底にあるだけで
英語に関するすべての悩みが解決されると
信じています。

だから、初めに単語を制覇しないと!
っていう考えよりも、
ロジックな考え方を!
の方が大事だと考えています。

あ、でも順序をミスると時間とお金が
無駄になるので気を付けてください!

人が何かを始めてマスターするまでにかかる時間は
約1万時間といわれています。

僕が行動できる範囲で計算したところ、
およそ2年半で1万時間経過して、
マスターできる計算でした。

僕らが義務教育で英語に費やした時間は、
少なくとも6年以上はあります。

僕の場合は、10年以上たってますね。
それでも英語がまだまだと感じる
場面も多いです。

時間持ったいな!
余った時間でもっと違うことに挑戦できたのに!
と結構後悔しています。

ロジックは定着してきました。
もともと工学部で勉強していただけあって、
そこらへんには強かったみたいです。

理系だからロジック的な
考え方がしっかりしているとは限りません。

僕の友人は、雨の日に傘を忘れて、
「ゆっくり歩いた方が濡れない!
テレビでそう言っていた!」
と言い、次の日は風邪で休学していました。

”テレビに流されなくなる”
これもロジックに基づいて考えていると
身に付く能力です。

今はロジックを優先し軌道修正したので
2字曲線的に成長していますが、
昔の自分何やっていたんだよ!
って言ってやりたいです。

ロジックの考え方は、
理解・分解・再構築です。

入ってきた情報を理解し(理解)
その後自分の中で深堀していきます(分解)。
そして、アウトプット(再構築)です。

この流れを応用すれば
英語を話すことも出来ちゃいます。

というか、出来ないことがなくなる。
と言ってもいいかもしれません。

人生変わります。

抽象的な話になってしまったので、
難しいかもしれません。

でも、大事なことなので、
しっかり覚えておくといいです!

まとめ

英語の影響力は強い。(世界の半分を占めている)
ロジカルに物事を考えたい。(情弱レッテルがなくなる)
ロジカルな考え方の3ステップ

 

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

僕は独自の勉強法を用い、
たった3ヵ月の勉強でTOEICの点数が
400点以上上がりました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと鮮明に聞こえて理解できるし、
自然な英語で外国人と話せるようになりました。

 

あまりにも短期間で伸びたので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。


しかし、元々の英語力は偏差値が40で
英語が苦手な典型的な日本人でした。

 

ただ、英語を勉強するにあたって、
僕が周りと違った点と言えば、
勉強法に9割の時間をかけて研究し、
実践したということです。

 

その結果、今では外国人にビビらなくなり、
TOEICも高得点と言われる点数をとり
あっさり人生が楽しくなりました。

 

英語は日本にいながらでも習得できるし、
英語を学ぶことで人生の可能性が大きく広がる、と確信しています。

 

だからこそ、
英語を使いこなす人口が10%でも増えれば
世界で活躍できる人間が増えて
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
その方法論をまとめた電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(これだけで点数が上がったとの報告も)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
期間限定での公開なのでお見逃しなく!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. 英語脳

    右脳で英語を勉強して英語脳を作る!!

    こんにちは、ベルです。そもそも英語脳って何?という方はコチラを参照…

  2. 英語脳

    夜食を英語で言うとなんというのか?

    こんにちは、ベルです。 今、ちょうど夜に執筆していて 「そ…

  3. 勉強法

    読むだけで誰でも出来る!正しい「インプット」と「アウトプット」

    こんにちは、ベルです! 「インプット」と「アウトプット」は英語…

  4. 英語脳

    ”渡辺直美”と”ピース綾部”がアメリカ留学しに行った本当の理由

    渡辺直美がアメリカ留学に行く理由渡辺直美がアメリカ…

  5. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?

    こんにちは、ベルです。6月になりましたね!1年間の半分で折り返しの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. bell

    社会人の英語力アップのセミナーを始めてみて。ベルの理念『革命』
  2. mind

    英語の勉強でぶち当たる壁の壊し方
  3. 英語脳

    ”渡辺直美”と”ピース綾部”がアメリカ留学しに行った本当の理由
  4. 勉強法

    英語の発音がドンドン上達する!正しい発音の仕方5選
  5. 英語脳

    英語脳の作り方!英語脳を徹底的に解説!
PAGE TOP