英語脳

mind

ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?


この記事は4分で読めます

こんにちは、ベルです。6月になりましたね!
1年間の半分で折り返しの時期でもありますね!

 

6月と言ったら「衣替え」「梅雨」の時期と同時に
「ジューン・ブライド」なので
結婚式の時期でもあります。

 

6月の第一日曜日がプロポーズの日らしいので、
その日までの期間は、なんか、
世界中でエネルギーが満ちているような気がして
ワクワクしますね!

 

 

そもそも、ジューン・ブライドの習慣が
ヨーロッパからの伝わったってことをご存知の人もいると思うんですが、
なぜ、この時期なのかっていう”理由”も知っていますか?

 

ヨーロッパでは、この時期が気候が安定していて、
雨が少ないんですよ。
加えて、「復活祭」が行われていて
結婚式を挙げるのに一番適しているんです。

 

 

だからこそ、この時期に結婚式を挙げたらみんなに
祝福してもらえるね!
幸せになれるね!

 

 

ってのが由来なんですが、
日本では、梅雨の時期で気候が安定してない、
祝日がない、の真逆なんですよ(笑)

 

 

それでも、この時期が日本でも
「結婚したら幸せになれる!」って広まったのは、
企業側がそうゆう雰囲気を作ったからです。

 

 

こーゆ企業戦略って、色んなところでありますよね。
鰻の売れ行きが悪く成るから、なんか特別な日を作っちゃえ!!

 

 

ってことで、土用の丑の日が出来ました。
この時期は鰻の旬ではないので、
格別においしいわけではありません。

 

 

東京って有名な地名だよね。
じゃあ、千葉だけど東京ディズニーランドにしちゃえ!!

 

 

ってことで、「東京」が加わりました。
ちなみにディズニーランド「パリ」もパリにないです(笑)

 

これらに共通して当てはまるものは、
「無意識のうちにそれが正しい・悪いとしている自分ルールが存在している」
ってことです。

 

 

人って知らず知らずのうちに
自分ルールを決めているんですよ。

 

このルールからはみ出た事柄に対して、
とても不快に感じてしまうし、否定的になってしまう。

 

 

逆に同じルールを則っている事柄に対しては
受け入れやすく、楽しい気持ちになります。

 

 

否定的な気持ちと受け入れる気持ちは表裏一体なんですよ。
自分ルールという壁に阻まれているだけで、
そこさえ、通過したらどちらにも
転じてしまいます。

 

 

この無意識の壁があるために
本来なら最短で行ける道のりなのに、
わざわざ壁を回避して遠回りして
目的に到達しようとしています。

 

でも、これって考え方を変えれば
遠回りで時間がかかるけど、
向こう岸に行くことは出来るとも言えます。

 

つまり、考え方をシフトしてその壁を乗り越えれれば
それでいいじゃないですか。

 

 

そこで僕が推奨しているのは
考え方を英語脳にシフトする方法です。
英語脳についてはコチラで説明しています。

 

簡単に英語脳のメリットを説明すると、
■広い視野になる
■多様性を受け入れれる
■イメージで認識出来るため、暗記力が良くなる
■理論的な方法で直感的に記憶出来る

 

つまり、暗記力が良くなって、多様性を受け入れた結果として
英語がスラスラと読むことが出来るってことです。
更にその結果として、
収入が上がったり、社会的な信用が上がるわけです。

 

 

無意識の壁を壊す・乗り越えるためにも
是非、英語脳になってみてはいかがでしょうか!

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

僕は独自の勉強法を用い、
たった3ヵ月の勉強でTOEICの点数が
400点以上上がりました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと鮮明に聞こえて理解できるし、
自然な英語で外国人と話せるようになりました。

 

あまりにも短期間で伸びたので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。


しかし、元々の英語力は偏差値が40で
英語が苦手な典型的な日本人でした。

 

ただ、英語を勉強するにあたって、
僕が周りと違った点と言えば、
勉強法に9割の時間をかけて研究し、
実践したということです。

 

その結果、今では外国人にビビらなくなり、
TOEICも高得点と言われる点数をとり
あっさり人生が楽しくなりました。

 

英語は日本にいながらでも習得できるし、
英語を学ぶことで人生の可能性が大きく広がる、と確信しています。

 

だからこそ、
英語を使いこなす人口が10%でも増えれば
世界で活躍できる人間が増えて
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
その方法論をまとめた電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(これだけで点数が上がったとの報告も)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
期間限定での公開なのでお見逃しなく!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. mind

    【必ず知っておきたい】勉強を習慣づける方法

    こんにちは、ベルです。 最近では、新学期が始まって 毎日ブ…

  2. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない

    こんにちは、べるです。先日、研究室のセミナーがあり…

  3. mind

    【ビリギャルから学ぶ】マイナススタートだからって怖いものはない

    こんにちは、ベルです。『ビリギャル』っていう映画知…

  4. 英語脳

    夜食を英語で言うとなんというのか?

    こんにちは、ベルです。 今、ちょうど夜に執筆していて 「そ…

  5. mind

    【英語が下手な人の話し方】英語で自己紹介!厳選4パターン

    こんにちは、ベルです。 中学校・高校と英語を勉…

  6. 英語脳

    英語にロジカルシンキングを混ぜてみた

    こんにちは、べるです! 今回は、英語の可能性について考えていき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. 英語教育

    レーガン大統領のスピーチから学ぶ英語の名言【勇気】
  2. mind

    質が高い!?勉強する前に意識したいこと
  3. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。
  4. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術
  5. 勉強法

    【確定版】金のフレーズの使い方!点数を底上げする勉強方法
PAGE TOP