英語脳

mind

英語の勉強でぶち当たる壁の壊し方

こんにちは、ベル(@bellthrough)です。

今回は、英語を勉強している時に
『やる気がなくなった』、『眠い』、『留学に行きたいけどお金がない』
『先生(教材)が言っていることが分からない』等の

英語勉強の壁

にぶち当たった際の対処法を書いていこうと思います。

 

■授業中なのに眠くて、頭に入らない・・・
会社終わりで疲れているからもう勉強しなくていいや・・・
留学行きたい・・・
先生(教材)の言っていることを理解したい・・・

となっている方にオススメです。

これを見るだけでもやる気が高まり、
1日ごとに毎日しっかりと勉強に向きあうことが出来ます。

 

英語の勉強すべきポイント


英語には、
listening
writting
reading
文法
単語

の勉強すべき項目があり、これらをそれぞれ勉強しないといけないですよね。

これをどの順番に学習すれば効率よくできるかは、その人各々の熟練度によって、
提案する勉強の順番が変わります。

社会人、大学生にオススメの勉強法

学生時代に英語をとても勉強していて、
一度は、英語に慣れた感覚を持った方や
就活のために勉強しなおしたい方は、

文法を簡単に忘れないものなので、

単語を思い出す訓練から始めてほしいです。
そして、耳を慣らすために次はlisteningをやります。

高校生にオススメの勉強法

まだ、英語について理解が浅く、
これから英語の強くなりたい高校生は、

listeningから始めて、
音と一緒に単語、文法、文章に慣れていく訓練をお勧めします。

この様に、どの練度まで達しているのか
によって、勉強の順番の仕方は変わります。

勉強に向き合えない理由

どの方にも共通していえることがあるんですが、
単語を勉強したから、次のステップは、
listeningをやろう!

というように

繋がりを持って勉強するから勉強が長続きしない

のです。

つまり、多くのエネルギーが
そこで消費されてしまっているんです。

螺旋の力


螺旋の形状を知っていますか?

螺旋てグルグルしている形をしていて、上に伸びている物です。
身近な簡単なものでいうと、
穴を掘る時のドリルが螺旋の形をしています。

 

螺旋と英語がなんで関係あるの?

 

ってなるんですが、

ここから少し、抽象的な話になるので、
しっかりとついてきてほしいです。

二次元的な勉強方法

2次元ていうのは、中学の数学で習ったx座標とy座標がある
平面のことです。

勉強の壁にぶち当たっている状態っていうのは、
この2次元で勉強している状態なんです。

どういうことかというと、先ほどの例で説明します。
単語からlisteningに勉強が変わる時に
学んでいることが頭の中で
ごちゃまぜになってしまうんですよ。

ごちゃまぜになっているので
雑念がやりたい行動のネットワークを断ち切っているんです。

なんでかというと、
『眠い』、『疲れた』、『意味が分からない』、『出来ない』
という雑念が同じ平面上にあって、邪魔してくるからです。


これは、専門用語でいう
『エントロピーが高い』

状態にあります。

エントロピーとは
混合状態であるものが
乱雑になっている度合を表すための専門用語で、

このエントロピーが高いとは
乱雑な状態であることを指しています。

つまり頭の中がこちゃまぜになっていて
勉強した内容と
『眠い』、『疲れた』、『意味が分からない』、『出来ない』
平面上に広がっている感じです。

しかし、
ここで、目標を掲げて勉強した内容を三次元的に整理します。

三次元的な勉強方法

三次元的な勉強をするために
平面に広がっている勉強と雑念の上に
目標を設定して掲げてください。

 

目標を掲げたことで繋がりを持っていた勉強内容が
螺旋のような形態に変わるわけです。

次の様な感じです。

 

 

 

この螺旋形になることで雑念が排除されて今度は、

『位置エネルギーが高い』

状態になるわけです。

位置エネルギーが高いとは、
次に起こす行動への意欲(可能性)が
高いということです。

螺旋の様にグルグルと進み
上に向かう勉強していくと

『気』をまとい、

勉強する時のエネルギーって高くなるんですよね。

そして円を描くように

listening
writting
reading
文法
単語

を繋げて勉強をしていけばいいんです。

これにより、
次第に洗練されたドリルの様に
洗練された勉強法が身に付き

 

小さな労力で目標の達成に近づくことが出来ます。

 

誰かに目標を言うことも、
エネルギーが高まることなので

良かったら、あなたの英語学習の目標を
僕に教えてください!

そして、エネルギーを高めましょう!

 

30日後にはネイティブのように英語を話す勉強法

僕はもともと偏差値40代の落ちこぼれで
どれだけ勉強しても思ったように上達せず
ついには英語なんて無理なのでは・・・
と諦めかけていました。


そんな状態から勉強法を変えたところ

ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
自信をもってネイティブと話せるほどになりました。

さらには、2ヶ月でTOEIC830点をとっています。


なぜここまで上達したかというと、

英語には決まりきった正しい勉強法があるからです。


だからこそ強く思うのですが、

才能がなくても正しい勉強法さえ知れば、
誰でも英語ができると確信しています。

勉強法によっては習得スピードが
10倍になることも普通にあります。


だから1日たった3分のスキマ時間に勉強するだけで
30日後にはネイティブのように口から英語があふれでます。


いまの活動のミッションは

世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。


そういった理念から
10倍のスピードで勉強して、

自信をもって英語を話すための具体的な方法を
1つの書籍にして無料公開しています。

無料公開するのは期間限定なので
これから本気で勉強したい人は
ぜひ読んでみてください。


>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
※予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

自信をもって英語を話すためのメールマガジン

僕は7ヵ国語話す方と出会って英語の本質を知り
自信をもってネイティブと話せるようになりました。

毎日届くメール講座。
将来の可能性を広げ、キャリアアップもできる。
自信を手にす
るメールマガジンが始まります!
(約2000人の読者がいて、大変盛り上がっています!)

>>クリックして漫画の続きを読む

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. diary

    【決定版】韓国語を翻訳!一番正確に訳す無料まとめ

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。最近の韓流ブ…

  2. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない

    こんにちは、べるです。先日、研究室のセミナーがあり…

  3. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。僕の住んでい…

  4. life

    英語を勉強する時は「禅」で集中力を高める

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。昨日、髪を切…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. 勉強法

    TOEICのアビメを分析すると今後の方向性がはっきりと分かった
  2. diary

    酵素ファスティングでダイエットを成功させる3ステップ
  3. bell

    知らなきゃヤバい。アメリカが世界のリーダーになっている理由とは?未来を紐解いて戦…
  4. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。
  5. diary

    『タイタニック』の号泣した名シーンの感想・考察!大人になった今だから分かる見どこ…
PAGE TOP