英語脳

mind

  (最終更新日:2017.05.31)

英語メールで見えてきた書き方以上に伝えたいもの

こんにちは、ベル(@bellthrough)です。

 

先日、外資企業の方とメールのやり取りをしていたのですが、
書き方が全くわからない!
ってなったんですよ。

 

 

日本の企業さん相手なら段々とコツを掴んできて、
形式に沿ったやり取りは感覚的に出来るようなりますよね。

 

 

多くの人にとって企業の方とメールやり取りをするのに、
初めは分からないことや戸惑うことが多く、
抵抗がありながらも数をこなせば
自然と身についていくものだと思います。

 

 

小さい時から敬語に対して何となく馴染みがあるので、
受け入れが早く、いつの間にやら
使えるようになっています。

 

けれど、英語のフォームだと
今までの慣れがないため、壁を作ってしまいがちです。

 

壁がありながらも
外資でも日本でもやっぱり共通した書き方があって、

 

・件名
・宛名
・自己紹介
・前置き
・目的の内容
・文末の締めの言葉
・自分の連絡先

 

っていう日本と外資の形式に変わりはありません。
でも書き方の表現が違って来るんですよ。

 

 

この表現があまり馴染みがないんですよ。
というのも、

 

 

■先方に対して、You(あなたは)を用いたり、
■英語には敬語がないので、丁寧な表現を使う
■宛名を書く時に、そもそも男性なのか女性なのか区別がつかない

 

等の違いがあり、
中学の頃に初めて英語を勉強した時に僕が体験した、
英語の感覚が全く掴めない状態になりました。

 

 

その後にSkypeで人事の方とビデオ通話したんですが、緊張しまくって

「何言ってんの?!」
って自分でつっこめるレベルでしたよ!!笑

 

 

(顔は死んでましたが)
TOEICで勉強した知識を活かすっていうことは、
こういう事なんだ!
って肌で感じることが出来ました。

 

まだまだ自分の力量が
僕の目標としているレベルには
到達していないことを改めて実感しました。

 

コーラ、タバコ、酒って長年取りすぎたら死にますよね。
コーラが骨を溶かすのは都市伝説ですが、
長年摂取すると命の危機になりますから
気を付けてください。

 

いつも飲んでいる水でさえも
一度に摂取し過ぎると死にます。
でも英語は勉強し過ぎたからと言って死にません。

 

 

言語って生きているものだからです。
その栄養は脳に蓄積されます。

 

 

言語は形を変えてどんどんと進化し続けますよね。
日本語でも新しい省略系の言葉がはやったりしますが、
これは英語もあります。

 

英語は生きているため
聞く・話すの意思疎通がてきて
ようやく価値を発揮できるものです。

 

でも、日本の義務教育の時点では
この話す・聞くが疎かになりがちの
授業形態でした。

 

でも、ごり押せば
この話す・聞くがなくても
国立大学に行けるし、通用しないことはありません。

 

ですが、今までのその勉強法で、
本当にいいんですか?

 

 

TOEICで点数が上がらない人は
リーディングに拘って、
リスニングの勉強を軽視してしまいがちです。

 

僕の周りでも、点数に伸び悩んでいる人に、
「リスニングに力入れて勉強しよう!!」
とアドバイスしたところ、
すぐに600点を越していました。

 

 

なので、話す、聞くを優先的に勉強しましょう。
結果的にそれが一番効率のいい英語勉強法になります。

 

 

アヒルは見ただけだと、涼しい顔して泳いでいますが、
水中を覗いてみると、
とっても頑張って足をジタバタさせているです。
見えないところで頑張る努力家なんですよ。

 

だから、あなたもこれからアヒルになりましょう。
普段はクールガイでいながら
裏ではものすごく頑張って知識をインプットする
見えない努力家になりましょう。

 

 

でも、みんなに見えない努力家っていうのは、
孤独との戦いでもあります。
なのでなぜか知らないけどやる気が
上がらない時だって出てきます。

 

 

そんな時には、だれかに宣言してもいいと思います。
それか僕に宣戦布告をしてください!

 

実際に今まで、
「次のTOEICで600点を超します!!」
「英語のテストで9割取ります!」
などの多くの連絡を貰っています。

 

宣言したことっていうのは
心が落ち着いて、ものすごいパワーが宿るので
これから何かをする人は是非オススメです。

 

連絡を送ったからと言って、必ず成功するわけではないです。
それが出来ていたらみんな簡単に成功出来てましすしね。(笑)
年末年始に神社へ参拝に行くような感じで
マインドセットが出来るんです。

 

行動に移すにはまず考え方からしっかりとした方が
長い道のりでも道に迷うことなく目的地に行くことが出来ます。
ブレイン部分を鍛えるようにしたい。
そんな意味を込めてこのブログ「英語脳」でもあります。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕は留学してないけど、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. mind

    質が高い!?勉強する前に意識したいこと

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。 今日は本質…

  2. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない

    こんにちは、べるです。先日、研究室のセミナーがあり…

  3. mind

    英語は日本語よりも100倍簡単にマスター出来る。日本人だから楽な理由とは?

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。僕は理系の数学大…

  4. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?

    こんにちは、ベルです。6月になりましたね!1年間の半分で折り返しの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. business

    年収が200万アップした話。英語を学べば生涯年収が1億円も変わる。
  2. mind

    意志が世界を覆った時、ハッピ―エンドになる
  3. 大学生の英語

    【学生必見!】取得したい英語資格
  4. 教育

    金フレ買ったらやる気しか湧かない
  5. bell

    外国人の英文法はめちゃくちゃ。日本人よりも英語できていないかもしれない件について…
PAGE TOP