英語脳

勉強法

【保存版】金のフレーズの使い方!TOEICの点数を底上げする勉強法

こんにちは、ベルです。

 

僕自身が金のフレーズこと「金フレ」を買ったのはちょうど半年前で、
いつかTOEICを受けることを視野に入れて
半年間、金のフレーズをガッツリと勉強していました。

 

半年間に金のフレーズは何周も勉強して学んでいましたが、
使い方間違えたらかなり損する!
とも思いました。

 

その時の経験を踏まえて、
正しい方法で英単語をしっかりと勉強してほしいと思い、

警鐘を鳴らしたいと思います。


今回は金のフレ―ズの使い方
徹底的に攻略していきます。


この記事を読めばTOEICの土台が身に付き、高得点が狙えます。
メルマガ読者で900点を越した方もいました。
本質を語ったので参考になればと思います。


またTOEICに限らず、英語をマスターするうえで
必要な英単語の勉強法をまとめているので
見返す際は、ブックマークに保存しておくと便利ですよ。

 

金のフレーズの効率的な使い方とは?

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)(金のフレーズ)

リスニング

金のフレーズには独自の音声が作成されていて、これを始めにダウンロードしてください。
この音声教材は、別に購入者でなくてもダウンロード出来ますが、
勉強の効率・効果が半減してしまいますので是非、
テキストの方も購入することをお勧めしております。

 

英語の勉強において、効率を重視することが
何においても最優先すべきことです。
これは、かなり大事なことで、
僕がこのブログを通して言っている事でもあります。

 

リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング
どの能力を伸ばそうと思っても、
効率を重視していなかったら、
その勉強はただの蛇行した作業になってしまっています。

 

短期間で、スコアを伸ばそうと考えているなら
(諸刃の剣の様な短期間の記憶力でなくて、しっかりとした長期的な目線で)
効率を考える様にしましょう。


その視点でTOEIC400点から600点に上がった記事を書きました。

TOEICの点数を1ヶ月で600点にする


金のフレーズの音声をダウンロードする

音声を無料でダウンロードするには2つの方法があり、
出版社の公式サイト(朝日新聞社)からダウンロードするか、
公式アプリ(abceed analytics)を利用しましょう。

 

TOEICは和英問題が出るわけではないので
金のフレーズの様に日本語から英語を推測するような問題が
TOEICにそのまま直結する事はありませんが、
単語を勉強することで根本的な力が身に付きます。

 

金のフレーズをしっかりと勉強してからTOEICを受けたところ
「これ、金のフレーズの単語に載ってたやつやん!!」とか
「類語に載ってたやつがそのまま問題として取り上げられているやん!」
って単語が多い多い。

さらに、どのパート問題でも金フレに載っている単語が出てきます。
TOEICを受けるのであれば、金のフレーズを一冊持っていて損はありません。
むしろ、メリットしかありません。

 

つまり、金のフレーズを使っているだけで、
Part1~7の全部をカバーできる代物なんです。

 

更に金のフレーズでは
単語を簡単な例文で紹介しているので

瞬時に英文を把握する力を
身に付けることが出来ます。

 

この例文を捉えながら発音の練習を重ねれば
ますます瞬時に英文を把握できるため、
速読が可能になります。

 

日本人が発声しずらい単語の発音の仕方はコチラから


 

リスニングの速度

このリスニングでは速度を速めたり、遅めたりすることが出来て、
速度を速くするときは、出来り限り数をこなすことを意識します。
その際にシャドウイングすることを忘れない様にしましょう!

 

速度を遅めた時は解説の欄を読んだり、単語を書き取ったりして
同時に手を動かしていきます。

 

金のフレーズのアプリの使い方

金のフレーズのアプリをダウンロードしたら
abceed analyticsというアプリが追加されています。

 

ダウンロードしたabceed analyticsで勉強していると
単語を覚えたかどうかのチェック機能として
×、✓を付けることが出来ます。

このチェックを付けることで
次回、勉強する時の参考になるのですが、

実は、このマークはつけない方が効率いいですよ。

 

というのも、聞いて知らなかった単語があったら×つけますよね。
その際にせっかく集中していた状態なのに、
目線はスマホに移ちゃって他の情報も取り入れることになります。
なので余計な情報を受け取ることになります。

 

集中するなら一つのことのみにしましょう。
単語を勉強するなら単語を。
アプリを触るなら、アプリを。

 

機能が多ければ良いという問題でもありません。
あれもこれも!とやることは、むしろ地雷
だと思ってください。

 

また他の理由として、
記号をマークする時、実は左脳を使っているですよ。

 

スニングをしている時は右脳を使って覚えているので、
頭をフルに回転させています。
これも集中力が欠けることに繋がります。

 

 

リスニングをするときに、マークつけることはやめましょう。
どうしてもマークをしたいなら2、3週目に書き取りもしながら
勉強する時にマークするようにしましょう。

 

 

初めて見た単語を知らないのは当然なことで
その都度マークを付けることは無駄です。

 

何回も復習してから
その単語が
ちゃんと記憶できているのかの
確認のためチェックはつけていきましょう。

 

英訳もやってみる

勉強する順序を逆にすると大きな生産性が得られます。

これまでの紹介だと、ひたすら日本語から⇒英語に変換する
という勉強方法を紹介していましたが、
逆に英語から⇒日本語に変換するという
方法で学んでも学習効率は高いです。

 

例えば、英語に関係ない筋トレですが、
筋トレするときにタンパク質だけを多くとるんじゃなくて、

糖質が必要になるんですよ。

 

糖質のイメージは、摂取しすぎたらダメなものだし、
体に悪い代名詞になりますが
筋トレし、体を絞った後に充分な糖質を取ることで
いち早く体のエネルギー源になります。

 

そして、筋肉を作るためのタンパク質を
合成する際にも糖質は使われるため、

むしろ筋トレする時は糖質を摂取すると
筋肉が付きやすくなって、効率がいいのです。

 

また、ダイエットでも同じことが言えて、
食事制限するときに糖質までも制限しちゃうと、
エネルギーを燃焼するガソリン(糖質)が
無くなりますので体重って落ちないんです。

 

ゴールを想定しないで行動してしまうと、
もしかしたら損するかもしれません。


ダイエットする時に糖質を減らしてしまった悪い例のように
現状から⇒未来を考えるのではなく、
未来(叶えたい目標)から⇒今やるべきことを考えましょう。

 

こういった考え方のことを逆算思考と言います。
(名前は覚えなくても良いですよ。(笑))

 

と、筋トレの話が長くなりましたが、
筋トレで糖質が必要なように、
金のフレーズで英単語を勉強する時も逆の思考が必要なんです。

 

要は、一方通行だけでなくて、逆方向にも進んでみようよ!
ってことです。

 

金フレのリスニングでの手順は
単語→日本語で例文→英語で例文
の勉強が出来る三点セットです。

 

 

そのため毎回、日本語の例文が必ず種明かしされた状態で
英語を覚える手順なので、
英語を読んだだけで意味が分かるか怪しい。

 

 

という状態になってしまうんですよ。
日本語が読まれるからと分かった様な気になり、
実際のテストで同じ単語が使われていた文章を読んでも、
「勉強してた時には分かっていたのにな・・・(;^^)」

 

となり、「勉強しても意味ないじゃん」
という悪い流れを作ってしまいます。

 

 

これを回避するためにも
逆方向に勉強してみよう!!
ってことです。


ゴールから考えた逆転の発想が大事なんですよ。

 

ここでいう逆っていうのは、
日本語で例文→英語で例文
で覚えていた例文を
英語で例文→日本語で例文を推測して単語確認

 

と、英語を先に読むことで本当に
力がついているかをチェックしましょう。

 

しかし、英語の例文から日本語に変換する勉強法は
通常の4倍の労力が必要になります。

 

だから頭への刺激がハンパないです。
よって糖分補給しないとすぐ疲れます(笑)

 

頭に刺激を送れば送るだけ
高速に頭が回転する様になってくるので、
結果的に長文を読むスピードが速くなります。

 

疲れる分、おススメですので、
英語から⇒日本語に変換する勉強法は
初心者の頃から是非試してみて下さい。


初心者には、他にも動画を作っているので
そちらもチェックしてみて下さい。


 

なぜ、このように4倍も労力のいる英訳の勉強法を試すのかというと、
日本語→英語に変換する勉強を続けいていると、
「何となく出来きた気になる」という現象が起きてしまうのです。

 

どういう事かというと、リスニングを聞きながら勉強していると
スピーディーに進んでいってしまうので、
語句に関する解説の欄をほとんど読めないくらい
リズムカルに次の単語に進んでいっちゃいます。

 

 

そのため、テンポよく単語に目を通すことが出来るんです。
これにより、出来た気にはしてくれるんですが、
本当に深い記憶になったのかは、
4倍の労力がかかる英訳から
確認しないといけません。

 

単語は結局のところ、
復習して数をこなしていって
頭に浸透させて覚えることができます。


まとめると、リスニングを聞くスピードを
アップして繰り返し復習することで
より効率的に勉強することが出来ます。

 

スポンジが水を吸うように
英単語を吸収する勉強方法は、こちらのPDFに載せましたので、
ぜひ今後の英単語学習の参考にして下さい。

 

英単語の勉強法についてまとめPDFレポートを作りました。(2018年6月追記)

単語を勉強する時の学習法pdf
>>毎日1時間の英単語学習でTOEIC915点相当の英語力を手にし、
不自由なく世界を満喫する学習法PDF

 

手に取っていただいた方からは
「TOEICの点数が上がった!」
「もっと早く知りたかったです、、、」
などなど、
嬉しい感想を頂いております。

 

知らなかったらヤバかったです。
と、そっちのコメントも多いです。
ぜひ、これからの英単語学習に活用してください。

 

ベル

金のフレーズはまとめると、

1回目はリスニングをしながら勉強して、テンポよく進めていく
2回目はリスニングの速度を速めて再度聞きまくる
3回目は遅くして書き取りもしながら解説の欄を読む
4回目は逆転のやり方で和訳していく

という流れです!

 

 

単語を効率的に学べる時間帯は?

英語の勉強はどれだけやっても問題ありません。
スキマ時間にアプリで勉強する癖をつけることで
いち早く英語の土台を作ることが出来ます。

だからこそ、アプリを入れて勉強すると、
スキマ時間でも少しずつ英語の土台を作ることが出来ます。


英語は繰り返して学習していないと、忘れてしまうこともあります。

 

そのため効率よく脳を鍛えるために
一日の中でどの時間帯に勉強すればいいのかを
考えていきましょう。

 

夜に勉強する夜活派か?
朝に早く起きて勉強する朝活派か?
に分かれると思います。

 

僕のメルマガ読者に
アンケートをとった
ところ、
夜活派の方がやっぱり多いです。

 

なんなら僕が今まさにこの記事を書いている時間帯は夜です(笑)
夜は、静かだし集中するにはうってつけです。
なので、夜に勉強して集中してもいいですね。

 

夜に勉強してから寝ると、インプットした情報を整理してくれます。


つまり、寝る前に勉強することで

長期的に覚えることが出来るんです。

 

 

朝は、朝で良いポイントがあります。
朝に勉強すると脳が疲れていないので、
集中して勉強することが出来ます。

 

サラリーマンや学生にとって、
昼間に多くのことを判断しているため
夜は、頭が疲労しており休憩したい時間帯でもあります。

 

頭が休憩したい時間帯に勉強しても
効率のいい学習は期待できません。

 

僕は過去に受験勉強したせいか、
夜に勉強した方が、眠くならないし、

夜風が涼しくて勉強の環境が整っていると思っていました。

 

しかし、疲労という意味では、
朝の方が圧倒的に効率がいいのです。

 

朝にも夜にも一長一短ありますので、
いいところ取りをしていくと効率を最大限にできます。


つまりまとめると、
一番判断が正常な朝にがっつりと勉強して、

同じ日の夜につまづいた範囲を復習すると、
忘れにくい長期的な記憶が出来るわけです。

 

朝と夜の勉強の特徴をしっかりと押さえたうえで
どの時間帯に何を勉強するかを決めていきましょう!

 

ところで「早起きは三文の徳」といいいますが、
人によっては、三文どころの徳ではありません。
数百万円は得するかもしれなんですよ。

 

どういうこと??
ってなりますよね。

 

英語力をつけるだけで、
年収がアップする人は多くて、
年収が700万円以上ある人は半数が英語の習熟度が高く、
年収が500万円未満の人は5人に1人しか英語の習熟度が高くないんですよ。
参考リンク

 

生涯年収が1億も多くなった方の実例はこちらの記事にまとめました。


つまり、極端な話し、
朝早起きして英語の勉強をするだけで

年間200万円の差が出てきます。

 

この差が生涯にわたって開いていたら
それだけで大変な数字になることが分かります。
英語力は客観的な評価がされやすいところなので
アピールしやすく、年収もあがりやすいです。

 

2018年追記:ここ半年くらい、僕は英語学習アプリの開発の指揮を取っていました。

英語学習アプリの制作に携わっていると、
経営者の方から効率のいい勉強方法を
よく聞くようになりました。


その中でも、堀江社長から学んだことは衝撃だったので、
こちら記事で紹介しています。


 

勉強法で変わる一日の勉強時間

目標と達成するまでの戦略と、勉強法しだいですが、
もし、あなたがTOEICで600点を目指していて
100点以上伸ばしたいなら100時間は英語に触れていたいですね。

 

もし1カ月しか時間がないなら
100(時間)÷30(日)≒3(時間)
ということで
一日三時間は英語に触れていきましょう。

 

毎日続けて勉強していたら
一日にかける時間は多くなくてもいいんですよ。
時間が無かったら1日10分とかでも構いません。
続けることが大事です。

 

むしろ、やらなかった分を後日に時間を取って
まとめてやることは避けた方がいいです。
そのため、習慣化するってことが必要になってきます。

習慣化するコツについてはコチラからどうぞ。

 

金のフレーズ2がアプリで登場!

基本的に、アプリの制作には600万が相場だと言われています。

つまり、金のフレーズ2のアプリには、
それだけ機能的な価値があるということです!

アプリを使ってみると
書くことで、英単語を勉強できて、

手書きのスペルを認識してくれます。


オフラインの環境でも使えて、
マーカーを引けるし、苦手な単語も絞り込めます。

感想を一言でいうと高性能すぎ(笑)


アプリ600円で使ってもいいんかい。という感じ

実際の制作費は分かりませんが、
金のフレーズも本気を出して
価値提供していますね。

僕も、英語を教える側として、
負けていられません。

メルマガやYoutubeを通して
もっと活動していきたいです。

 

話がそれましたが、
英単語を勉強することを毎日10分でも習慣にして
1週間たつと、だいぶ違います。


そのように、ちょっとしたスキマ時間を利用して

効率的に英単語を勉強できないか?

と調べていたら金のフレーズが
公式にアプリを見つけました。

金のフレーズのアプリには、
「金のフレーズ1」と

「金のフレーズ2」の
2種類があります。

金のフレーズ2を持っていれば
金のフレーズ1はなくても大丈夫なので
2のみをさっそく試してみました。

(アプリのレビュー見てたら間違って
金のフレーズ1を買ってしまった方もいたので、
気を付けて下さい。)

 

アプリは、書籍と比べたら安価だし、
見た瞬間にポチってました(笑)


僕の場合は、安いのは

そんなに魅力的でなくて、むしろ、
時間が節約できるからという理由が大きいです。


人生で一番大事なのは、

お金よりも時間ですからね。

結局、お金は寝かせておいて
いいことなんてありません。

特に、勉強する時に
お金を気にしていたら
僕の経験上、成績なんて伸びないです。

 

効率的に英語力を上げたいなら
既に知っていて、出来る人に頼った方が
なんだかんだ費用対効果は一番いいです。


僕は出来ないことがあったら

出来ている人に頼るスタンスで勉強していたので
今回も「えいや!」とアプリに頼って頭に知識を注いでいました。

なにより、アプリを入れたことで
先ほどいったように、一日に10分などの
ちょっとしたスキマ時間に
勉強できるようになって味を占めています。

 

書籍だと持ち歩くのを忘れてしまったり、
結局、スマフォで音声を聞いていたり、
買いに行く時間がもったいないし、
かさばらないし、

と面倒事が多かったので
アプリやネットで勉強できる環境を
重宝しています。

 

実際に、仕事の関係で
新幹線で東北へ移動する際に
アプリを使ってかなり勉強していました。

アプリのアイコンが新幹線だけに
新幹線で勉強すると集中力を保ちながら
濃い勉強ができるようです(笑)

そう考えると、
ネットで勉強できるようになってから
本当に便利になりました。

英語の勉強戦略を詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、990円で販売中の電子書籍を
期間限定でプレゼントしています。

書籍では、嬉しいことに多くの感想を頂き、
習得する速度が10倍にも早くなった、
という報告も、もらいました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
端的に言うと、丸暗記をやめたことで
2ヶ月という期間でもTOEICの点数は
400点も上がっていました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は本当に関係ないです。

今だけ無料で勉強戦略をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

戦略を知れば短期間で結果に

僕は意識を変え1年勉強したところ
標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほど英語力があがりました。

今では、勉強会やセミナーを開く程です。

ただ、もともと才能があったわけでも、
得意だったわけでもないです。

理系一筋で、数学は得意だけど
英語が苦手という状態でした。

僕が英語を勉強するにあたって、
1つだけ周りと違った点と言えば、
勉強法をガラリと変えたことです。

日本にいながら英語を習得したので
それこそ、日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

その経験から、環境は選べなくても
勉強の正しい学び方さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。


世界で通用する英語を広め、
世界へ羽ばたく人を10%でも増やしたい。

そういった理念からメルマガを発行し
僕が学んだ道のりを電子書籍にまとめました。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガの中限定でお渡ししています。

20分ほどの時間でサクっと読めるし、
ストーリを交えて書いてあるため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいた自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. business

    英語を勉強しない時にも英語力がどんどん上がった話

    こんにちは、ベルです。 目標を達成した後 (例えばTOEI…

  2. 勉強法

    【無料】TOEIC解答用紙(マークシート)をダウンロードして書き込みする

    こんにちは、ベルです。TOEICの問題を解く時にいちいち、…

  3. business

    企業と英語力の関係

    こんにちは、ベルです。 今回は英語力を上げている企業がどんな取…

  4. 勉強法

    【保存版】英語初心者でもペラペラと話せた5つの裏技方法

    こんにちは、ベルです。英語の構文を学んでも、ネイテ…

  5. 勉強法

    子育て主婦が英語をマスターするための7つの最短勉強法!【保存版】

    こんにちは、ベルです。2017年から僕のクライアン…

  6. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術

    こんにちは、ベルです。僕の住んでいるところから新幹線で東京に向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 12月 25日

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

人気記事

  1. 英語脳

    英語脳の作り方!英語脳を徹底的に解説!
  2. 英語脳

    ビジネス英語が付加価値になる
  3. diary

    母に英語を教えたら、世界が広がりイキイキ若返った。英語勉強して本当に良かったと言…
  4. diary

    感動。『タイタニック』の名言を6つのシーンで振り返る!
  5. mind

    英語を学ぶ理由をアンケートとったら意外なメリットが明らかに!?
PAGE TOP