英語脳

勉強法

TOEICのフォームは会場によって違う!?難易度が違い、点数も変わるのか?

こんにちは、ベルです。

TOEIC初心者の方は、
知らないと思いますが、
実は、TOEICのフォームには2種類あります。

 

つまり、会場が違うと、
別の問題が出題されることもあります。

 

ということは、

問題の難易度が違うのでは?

違う問題なのに点数は公平なのか?

 

色々と疑問になるかと思いますが、
結論から言うと、問題ありません。

安心しても大丈夫です。

 

因みに、フォームが違うため
アビメの分析は、自分が受けた
TOEICのフォームと一致するように
見ていかないといけません。

 

アビメというのは、
公式認定証の下にある%のことです。

 

このアビメの見方については解説していきますね。

受験日が一緒でも会場によってはフォームが違う

TOEICは同日に受けた試験でも
会場によっては違った試験を行っています。

試験の内訳は
40%が同じ問題を出題されて
60%は違う別の問題を出題します。

 

40%は同じ問題なので
点数も公平になりますが、

 

残りの60%はどうしているのか?
というと、TOEIC受験後に行われる
分析をで点数を均一化しています。

 

上の図のように
参加者のスコアを分析して、問題の難易度や、
採点の信頼性を測定しているようです。

 

これにより、
粗悪な問題は、点数に加算されませんし、
良問のみが採点の対象になるので
会場による不平等をなくして
実力通りの点数が計測されるのです。

 

こういった分析があるから
例え、難易度が違っていも、
会場によってフォームが違っていても
不安なく、試験を受けることが出来ます。

 

そして、フォームは複数あるのですが、
大きく分けて2つあります。
それぞれに名前が付いています。

 

メジャーフォームと
マイナーフォームとです。

 

フォームは2種類ある

フォームには2種類あり、
メジャーフォーム
マイナーフォームと呼ばれています。

 

少し前までは、
解答用紙の色で違いが分かったようですが、
現在は、そういった違いはありません。

 

つまり、解答用紙だけでの
フォームの把握は不可能になりました。

 

その代わり、TOEICの結果が郵送されてくる
公式認定証の下の部分にある「%」で
自分のフォームを判断することが出来ます。

 

この「%」はアビメと呼ばれており、
パートごとの間違った問題数が
把握できるようになっています。

 

ただし、不正解した問題数を分析するには
特別な計算がいるので、
導き方はこちらの記事にまとめています。

 

なぜフォームは複数あるのか?

どうして1種類にしなかったのでしょうか。

 

素朴な疑問ですが、
TOEICの本質に迫る質問です。

 

TOEICには、過去問をリサイクルして
過去の受験者たちの点数と均一化しようしています。

 

つまり、今まで全部TOEICを受けたことがあります!
というTOEICマニアからしたら、

「あれ、この問題、解いたことがあるぞ・・・!」

と余裕が生まれて、問題を読むことなく
サクサク解き進めることが出来ます。

 

こういった同じ問題に遭遇せずに
問題の傾向を判断されないようにしているんです。

 

あと、もう1つに、
TOEICの点数をだすときには、
膨大なデータがあった方がより正確な点数をつけることが出来ます。

 

こういった理由から
問題の種類を増やしていたのでした。

 

ということは、TOEICは過去問を解いたことがあれば
確実に、点数は上がっていきます。

 

過去問をじっくり解けば
十中八九、同じ問題が出題されます。

 

出題されないにしろ、
似た傾向の問題は必ずでてきます。

 

日本では過去問が販売されていませんが
韓国では過去問を販売しているので
ぜひ、過去問を手に入れて下さい。

 

難易度は違うのか?有利なフォームはあるのか?

フォームごとに難易度の違いはやはり生まれます。

しかし、点数に差が付かないようになっています。

 

例えばですが、
難しい問題用紙と、簡単な問題用紙があるとして、

難しい問題の方では、
3問ミスっても満点になるようになっています。

 

対し、
簡単な問題用紙の方では、
ノーミスで満点とかです。

 

そういう差別化はされています。

 

とはいっても、
難しい問題で心が折れるよりは
簡単な問題をサクサク解いていった方が
気分良く解くことが出来るので
実力がいかんなく発揮されそうです。

 

そこは、自分の運次第ですね(笑)

 

まとめると、難易度が違うからといって
点数に差が付くわけではないので
安心して受験できますね。

 

 

最後に

TOEIC公開テストが新形式になった時に
TOEIC IPテストも後に続いて
新形式になっていきました。

 

IPテストは公開テストの使いまわしの問題が出題されるので
公開テストを全部受けていた受験者がいたら
100%同じ問題が出題される・・・?

ということは、
実力以上の点数になる・・・??

 

と考えていましたが、
この記事を読んで頂ければ
実力以上の点数はとれない、
ということが分かりますね。

 

IPテストで同じ問題が出題されることは
ほぼありません。

 

そういったところは、
TOEIC側もしっかりしていたんだなー
と改めて思いました。

 

IPテストの魅力について
詳しく記事にまとめました

科学的に正しい英語勉強法をまとめた990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、990円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい勉強法」
を期間限定でプレゼントしています。

書籍ではたくさん感想を頂き、
「習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
丸暗記をやめても伸びた方法は何か?
これらを具体的に紹介しています。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は関係ないです。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどの英語力になりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語が苦手で基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、日本にいながら英語を習得し
日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

これまでの経験から、
生まれた環境は選べなくても
正しい勉強法さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。

今では後進育成のため
セミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者で集まって懇親会もやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

ストーリを交えた内容なため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいてる自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. mind

    【保存版】TOEIC600点を1ヶ月でとる最短勉強法

    こんにちは、ベルです。 TOEICで600点を…

  2. 勉強法

    TOEICの過去問でおすすめ問題集と無料サイトを紹介する。

    どうも、こんにちはベルです。今回は、TOEIC過去問について書いて…

  3. 勉強法

    TOEIC初心者が400点から1ヵ月で600点を取った最短勉強法を紹介する

    こんにちは、ベルです。僕の体感だと、TOEIC初心者で大学に受…

  4. 勉強法

    英語の発音がドンドン上達する!正しい発音の仕方5選

    こんにちは、ベルです。 僕の研究室には多くの留…

  5. 勉強法

    【新TOEIC】公式問題集の難易度は?

    こんにちは、ベルです。 TOEICの対策本はこれまで何個も出版…

  6. 勉強法

    【無料】TOEIC解答用紙(マークシート)をダウンロードして書き込みする

    こんにちは、ベルです。TOEICの問題を解く時にいちいち、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. 英語教育

    10年後には全員、英語が必要だなと感じた話。経営者が集う懇親会に参加してきました…
  2. bell

    英語に対する僕の本音
  3. 勉強法

    【保存版】TOEIC模試問題集と無料オンラインサイトまとめ!
  4. 時間短縮

    翻訳機の機能が熱い!英語と韓国語と中国語も音声認識する5つの翻訳機を紹介する!
  5. 勉強法

    TOEIC初心者が400点から1ヵ月で600点を取った最短勉強法を紹介する
PAGE TOP