英語脳

英語脳

  (最終更新日:2019.04.23)

使役動詞haveの使い方を「make」「get」との違いから理解する

こんにちは、ベルです。

今日は「使役動詞」について解説していこうと思います。

この「使役動詞」は、
「使役動詞+目的語+原形不定詞」といった形で
覚えさせられることが多いのですが、
別に覚えなくても良いです。

英語を話す人は、
けっして丸暗記が得意だったわけではなく、
英語感覚を知っているだけなんですよね。

きょうは、英語の本質である
英語感覚に迫っていこうと思います。

感覚さえ知ってしまえば、
英語を話せるようになりますからね。

ぜひ集中して最後まで読んでもらえればと思います。

 

この記事では、
「have」「make」「get」といった
超基本な動詞についても紹介するので
かなり使いやすくなると思いますよ。

そして、英語感覚を知れば
自然と使役動詞についても理解できます。

 

なんにせよ
メルマガではもう何回か触れているんで
けっこうみんな感じを捉えていたと思います。

あ、メルマガはこちらから登録できます。
メールマガジンに登録する

では、例文をもとに考えていきましょう。

have を使役動詞として使う

I had my hair cut.
って例文をもとに考えましょう。

英語には「ポン、ポン、ポン」って
リズムがあるので3つに分けて考えます。

すると、

I had <my hair cut>.

こういう形に分かれていることが分かりました。

 

この「ポン、ポン、ポン」はすべての
英語にある根本的なリズムです。

だから常にネイティブたちは
3つのビートを刻んでいることになります。

 

例えば、
ネイティブがノックして部屋に入るときは、
「コン、コン、コン」と3回ノックするのが普通です。

もちろん、例外もありますが、
僕が知る限り、だいたい3回ノックして部屋に入ります。

逆に、僕ら日本人が入室するときは、
だいたい2回ノックしますよね?

この感覚の違いをまずは押さえておいてください。

 

さて、話を戻して、

I had <my hair cut>.
の日本語訳は、
「私は<my hair cut>という状態を持っていた」ですね。

だから、
もちろん誰かに髪を切ってもらったのでしょう。

make との違いについて

ここで have と make の違いについて紹介します。

have が「持っている」という意味に対して

make は「コネコネして作る」
というイメージがあります。

そのため、
make と違って、
have はとても静かな動詞です。

動きを全く感じさせない。

逆に make はコネコネするので、
動きがあるイメージを受けます。

背中を押して「ホレホレ、動いて動いて」って感じです。

だから、コネコネとある状況を作る make より
have はぜんぜん積極性や強制感がありません。

(make について終わり)



make との違いを比較すると

さらに have の感覚が分かってきますね。

have は
「そーゆー状況にあった」と
シンプルにいうだけです。

 

すると、
I had <my hair cut>.
「髪を切る」

という英文は
頼んだかもしれないし、頼んでないかもしれない。

単に「髪が切られた」という状況を持っていただけなのです。

 

バイリンガルの友人が、
この have を使った英文をみたところ、
「当然の権利があるって感じがある」
と言っていました。

まさにそんな感じでしょう。

 

「持っている」ということは
「自分のテリトリーのなかにある」
ってことです。

テリトリーのなかにあるものだから
自分の好きなようにできますよね。

 

だから、have には
「権利」が付随してくるものです。

とくに髪を切ってもらうときは
美容院にいき、お金を払いますよね。

そんな「権利がある」状況だから
動詞に have が好まれるのも
うなずける話だと思います。

 

さて、ここからちょっとずつ話が広がっていきます。

まず、
I had my sister do the dishes.
という例文を見てください。

日本語訳にすると
「sister に皿を洗ってもらった。」
という感じですね。

 

もちろん間違いのない英文のですが、
ある状況によって不自然になってしまいます。

というのも、
もし my sisterが「お姉さん」だったら?
という状況です。

あ、もしあながた英語初学者なら
こんな細かいところはどーでもいい内容です(笑)

英語の感覚をしって
それを実際に使うなどの
アウトプットすることが大事です。

 

英語初学者だけど、
もし1ヶ月などの短期間で
自由自在に英語を使いたいなら
もう少し英語感覚について詳しくなる必要があります。

そんなときはメールマガジンも配信しているので上手く活用してください。

 

では、話を戻して、
もし my sisterが「お姉さん」だったら?
という場合、

僕なら
こんな言い方をしますね。

I got my sister to do the dishes.

get との違いについて

いや、かなり微妙な問題なので
初学者は気にしなくていいのですが、
僕なら反射的に「get」を使ってしまいます。

なぜだと思います?

 

getの場合、
その動きと結果に主眼が置かれた単語でしたよね。

 

ちょっと難しいので、
「ポケモンゲットだぜ!」で解説します。

ポケモンたちをゲットする時には、
モンスターボールを用意するなど計画して、
手持ちのポケモンを育てて、
で最後にバトルしてゲットする

というステップですよね。

 

実はこれ、だいぶ苦労しています。

この苦労の感覚こそ get です。

苦労して何かを自分のものにする、
という「動きを感じる」動詞です。

 

だから、get を使うと
「動いて自分のものにする」というイメージを受けます。

ただ持っているだけの have に比べて
get はなかなかアクティブな動詞なんですよ。

 

つまり、
I got <my sister to do the dishes>.
と表現するときには、

<my sister to do the dishes>
を「苦労して手に入れる」感じがします。

その状況を求めて、
何かいろいろ動いている感じです。

 

相手はお姉さんなのだから
「皿を洗わせる」ことは、
「当然なこと」ではないですよね。

お姉さんにお願いするなど
自分から積極的に働きかけているはずです。

だから僕なら
「当然の権利」のイメージがある have を使いません。

ぜんぜんイメージが変わってしまいます。

 

お姉さんが相手だからこそ、
get が生きてくるのです。

苦労しつつこちらから働きかけて
その状況を得ているわけですから。

バックグランドまで想定して
英会話するとより玄人になりますので、
これからは get を使ってやってください。

(getについて終わり)


 

さて、最後にもうちょっと話を広げましょうか。

現在完了形や現在分詞も have 使いますよね。

いろんな文法用語がありますが、
そもそも have の英語感覚があれば、
別に問題ありません。

いま現在「持っている」だけなのです。

この英語感覚があれば全然問題ありません。
すべてに応用が効きます。

have にこのイメージさえあれば
何をとってもいいんだよ、という話です。

 

例えば、
I had my arm around her neck.
「私は彼女の首に手を回した」
とかも全く問題ないです。

感覚的には
I had <my arm around her neck>.です。

イメージのまんまですよね?

 

英語感覚をしったら
あとは自由に使ってもいいんですよ。

本質さえおさえれば
あなたの英語表現の幅がグっと広がるはずです。

これからも英語学習に励んでいきましょう!

まとめ

1、ネイティブには、「ポンポンポン」と3つのリズムがある。

2、英語は丸暗記の科目ではなく、英語感覚を押さえればいい

3、基本動詞の本質を押さえたら英語表現の幅がグッと広がる


今回、記事で紹介したことを
勉強中にもちゃんと意識してみてください。

大げさな話ではなく、
勉強の効率が10倍は変わりますよ。

では、これからも張り切って英語を勉強していきましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

英語の勉強法をまとめたAmazon書籍を無料で読む

現在、1500円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい英会話」
を期間限定でプレゼントしています。

英語業界で有名な7ヵ国話せる言語学者の
有料セミナー(数万円)をまとめた形です。

セミナーにてどのような勉強法を学んだのか?
例文暗記はどうしてダメなのか?その理由。
英会話するときのパターンとは?
これらを具体的に紹介しています。


書籍ではたくさん感想を頂き、
「三日坊主な私がここまで続けられるとは。習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。


だからこそ強く思うのですが、
才能がなくても正しい勉強法さえ知れば、
誰でも英語ができるようになると確信しています。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどになりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語の基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、外国人と談笑しあったり、
海外の新着情報を受け取れるようになりました。
一言でいえば、
人生が楽しくなったんです


今では後進育成のため
英語を教えるセミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者と集まって懇親会などもやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
※予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 英語脳

    英語にロジカルシンキングを混ぜてみた

    こんにちは、べるです! 今回は、英語の可能性について考えていき…

  2. 勉強法

    読むだけで誰でも出来る!正しい「インプット」と「アウトプット」

    こんにちは、ベルです! 「インプット」と「アウトプット」は英語…

  3. 英語脳

    渡辺直美とピース綾部がアメリカ留学しに行った本当の理由

    渡辺直美がアメリカ留学に行く理由渡辺直美がアメリカ…

  4. business

    TOEIC模試受けてそのままにしてたら試合終了ですよ。

    こんにちは、ベルです。英語講師しています。この記事を見てい…

  5. diary

    君の名は。英語字幕版で気になる「あのセリフ」を解説!

    こんにちは、ベルです。先日、英語字幕版で『君の名は。(Your…

  6. 英語脳

    ビジネス英語が付加価値になる

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. 勉強法

    留学してもTOEICの点数が伸びない根本的な原因と改善策とは?
  2. 英語教育

    コングラッチュレーションの意味とは?誕生日・結婚式など、お祝い例文18個紹介する…
  3. bell

    努力が報われて結果になる人。ムダになる人。成功の方程式をマジマジ感じた話。
  4. 勉強法

    TOEICの過去問でおすすめ問題集と無料サイトを紹介する。
  5. 親子にオススメ

    英語版ミッキーマウスマーチの歌詞!カタカナ英語と日本語訳した。
PAGE TOP