英語脳

business

企業と英語力の関係

こんにちは、ベルです。

今回は英語力を上げている企業がどんな取り組みをしているのかを紹介します。

楽天の社員は元々平均したらTOEICのスコアは500くらいしか無かったそうです。
スコア500というのは一般的な大学生が少し勉強したら到達するスコアです。
誰もが知っている楽天ですが、その社員でさえ大学生レベルだったわけです。

 

それが今では、平均したTOEICスコアは800を超えているんですよ。
800というと僕の知り合いでCA(キャビンアテンダント)を
目指していた学生よりも高い点数です。

 

楽天では外部指導の方が6カ月付いてこの平均点数を実現したみたいです。

 

つまり、社会人の方でも(正しい勉強法で)本気で英語に取り組んだら
800が可能な範囲内なわけです。

 

でも、楽天みたいに外部講師をやとったり、
スクールに通う時間や余裕がないといった方もいるはずです。

 

なのでこの得点アップの裏には何が隠れているのか解説していく過程で
あなたがどんなことを勉強したらTOEICの点数が上がるのかが分かるようになります。

平均点数が上がった2つの理由

どうやって点数があがったかは先ほど説明したように
外部講師を雇って優秀な人に教えてもらったという点もあります。

 

でも、それだけではなくて
英語を勉強することについてけなくなった社員が辞めていった、
という点もあるのです。

 

結局辞めたところで世間的には英語力が無かったら
転職が難しいところが多いんだから楽天にのこって
勉強を受ける環境を続けていた方がいいと思うんですけどね。

 

この2点を考えると英語がもともと強かった人が
TOEICの点数が上がったみたいに見えますが、
実際なところ苦手な人もいたみたいです。

 

この苦手な方がどう点数を挙げたのかが
一番大事な点です。

 

短期間で点数を上げるには効率を重視しないといけませんよね。
そこでTOEIC公式問題集を練習していったみたいです。

 

え?
英語力がまだ付いていないときから公式問題集をやっても
練習になるの??

 

と思いますよね。
でも、これってかなり効率のいい勉強方法なんですよ。

効率重視のTOEIC勉強方法

どういうことかというと
公式問題集はどれも大事な単語、文法、実際に出てくる問題量を
一度に体験できます。

 

これってこの上ないTOEICの対策勉強方法なんですよ。
更に、問題もしくはリスニングを声出しで勉強したら

 

ものすっごく実力がつきます!!

 

これは僕がやっていた勉強法と結構近いです。
始めは、リスニングさえ全然聞けなくて
辞めたくもなりますが、

 

絶対に欲しいこれ以上の点数というのを決めていたので
妥協したくありませんでした。

 

リスニングで聞けなかった問題、間違えた問題は徹底的に復習して
分からないところをむしろ、周りの友達に教えることが出来る
ところまで理解を深めていきました。

 

そしてももう一度同じ問題に取り組む。
この繰り返しです。

 

僕は1カ月の間に
サークル活動で賞をいただいたほど練習をしていたし、
大学院試の勉強も並行して行っていました。

 

決して時間が十分にあるとは言えなかったですが、1カ月で点数を200あげて600にすることが出来ました。
時間がない社会人の方でも

 

通勤中、昼休み、お風呂の時間
など空き時間をフルに活用すれば
時間がないわけではないと思います。

引き戻り現象

本当に取りたい点数や、目標があれば
妥協したくないですよね。

 

僕の原動力は、
周りに絶対負けない点数(600)をとる。
でした。

 

でもですね、勉強をしよう!スキルアップしよう!
と考えているのに中々行動に移せないことってよくあるんですよ。

 

これは自分では前に進もうと思っているのに体が拒否反応を示しているわけです。
多くの人がこれに当てはまると思います。

 

この理由は人類の祖先にこのような考え方(新しいことを始める時にブレーキをかける)
を持っている人が生き残ったからです。

 

新しい洞窟に入ってかえって来なかった。新しい狩場に行って帰ってこなかった。
など危険が多い時代だったので冷静によく考えた後からじゃないと行動に移させなかったわけです。

 

今は違いますよね。仕事に行くのに危険と隣り合わせな危険地帯はないので
現代人はどんどんと前進していけばいいんです。

 

でもブレーキがかかってしまう。
自分のブレーキをなくすためには原動力を決めればいいんです。

 

僕の場合は、負けたくないです。
勝ちたい。とは微妙にニュアンスに差があって
勝てる試合と思っている時って驕りがでて怠けても気にならなくなります。

 

勝てるか負けるかわからない。
むしろ、負けるかもしれない。

 

って思ってる時には信じられないほど
自分でアクセルを踏みたくなるんです。

 

Feeling(気持ち)が車でいうForce(ガソリン)なわけです。
ガソリンなくしては車は走ることが出来ません。
同じ様に人間にもガソリンを注ぐんです。

 

このガソリンはメーターが無いのでいつ切れるか分からなんですよ。
なので、定期的に注いだり、他の人のやる気に触れて補充しないといけません。

 

やろうと思っていても中々始めることが出来ないなら、
僕と一緒に進めていきましょう。

 

僕は仲間がいることはとても心強いことだと思っています。
仲間がいるから進めることもあります。

 

ブログを通してもつながることが出来ます。
一緒に頑張っていきましょう!

30日後にはネイティブのように英語を話す勉強法

僕はもともと偏差値40代の落ちこぼれで
どれだけ勉強しても思ったように上達せず
ついには英語なんて無理なのでは・・・
と諦めかけていました。


そんな状態から勉強法を変えたところ

ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
自信をもってネイティブと話せるほどになりました。

さらには、2ヶ月でTOEIC830点をとっています。


なぜここまで上達したかというと、

英語には決まりきった正しい勉強法があるからです。


だからこそ強く思うのですが、

才能がなくても正しい勉強法さえ知れば、
誰でも英語ができると確信しています。

勉強法によっては習得スピードが
10倍になることも普通にあります。


だから1日たった3分のスキマ時間に勉強するだけで
30日後にはネイティブのように口から英語があふれでます。


いまの活動のミッションは

世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。


そういった理念から
10倍のスピードで勉強して、

自信をもって英語を話すための具体的な方法を
1つの書籍にして無料公開しています。

無料公開するのは期間限定なので
これから本気で勉強したい人は
ぜひ読んでみてください。


>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
※予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

自信をもって英語を話すためのメールマガジン

僕は7ヵ国語話す方と出会って英語の本質を知り
自信をもってネイティブと話せるようになりました。

毎日届くメール講座。
将来の可能性を広げ、キャリアアップもできる。
自信を手にす
るメールマガジンが始まります!
(約2000人の読者がいて、大変盛り上がっています!)

>>クリックして漫画の続きを読む

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. diary

    英語合宿ひらきました。模倣の重要性に気づいた話。

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。先日、英語の…

  2. business

    TOEIC IPテストは就活で使えるのか?気を付けるべき3つのこと

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。僕は去年まで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. bell

    知らなきゃヤバい。アメリカが世界のリーダーになっている理由とは?未来を紐解いて戦…
  2. 親子にオススメ

    英語版ミッキーマウスマーチの歌詞!カタカナ英語と日本語訳した。
  3. 勉強法

    保護中: 英単語を暗記する時は音表象からマスターするべき!!
  4. diary

    【メルマガ限定企画】懇親会を開いたらバイリンガルも参加してくれました。魚釣りなが…
  5. life

    あなたはどのタイプの性格?!知ることで見えてくる未来のこと
PAGE TOP