英語脳

おススメの本

TOEIC公式問題集の最新版!難易度はどれくらいなのか?


この記事は10分で読めます

こんにちは、ベルです。

TOEICの対策本はこれまで何個も出版されており、
どれから手を付けていいのか分からない!となっている人もいると思います。

 

僕は、公式が出版している
公式TOEICの対策本をお勧めします!
やはり、公式の方が、

本番のTOEIC問題の形式に沿っている

似ている問題文・選択肢が収録されている

・自分の弱い傾向が対策本で分かる

・正答数で当日のTOEICスコアが予想出来きる

やる気の維持につながる

 

といった様に、公式の利点を上げたら
きりがないほど上がります!

TOEIC公式問題集


高得点を目指すのであれば
避けては通れません。

 

実際に高得点を取得している人たちの傾向を
調べたら公式の問題集で対策をとっている人が多いです。

 

TOEICの対策をするなら
公式対策本を買った方がお得だと思います!

 

※ただし、公式問題集には注意点として
回答しか掲載していなくて、
解説がありません。

 

なぜ、この選択肢があっているのか?
と分からない問題に出会う場合も考えられますので、
買う際には注意してください。

 

因みに「公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リーディング」
の解説はコチラでもしています。

 

分からない問題に出くわした時のために
僕がお勧めするベストな方法は
特急シリーズで基礎力をつけつつ
公式問題集を解く流れがよいと思います!

 

特急シリーズの金のフレーズ
はコチラで解説しています

 

それで、公式TOEIC問題集には
大きく分けて2種類あります。

・問題が小分けされている練習形式

・模試形式

の2つです。

 

練習形式

今回は、2017年に発売された、
最新版のTOEICの公式対策本を紹介していきます。

「公式TOEIC Listening&Reading トレーニング リーディング」

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リーディング編

こちらは、TOEICが新形式に変わった後に
出版されているので、
新形式に対応している公式の対策本です。
2017年6月23日に販売されています。

 

この対策本でTOEICの対策をすることが多いのですが、
ほぼ本番の形になっているので、
本番さながらの緊張感を持ちながら
問題を解くことが出来ます。

 

更にこの問題集のいいところは、
■難易度が実際のTOEICとほぼ同じ

■問題がsection毎に小分けになっている

■実際の試験と異なり繰り返し学習できる

では、それぞれ見ていきましょう

 

■難易度が実際のTOEICとほぼ同じ

気持ちちょっと簡単と感じるレベルでしょうか。

実際のTOEICの問題と同じ問題の難易度なため、
回答する時間を計って解くことで
本番に対応する力をつけることが出来ます。

 

各パートごとの時間管理はコチラを参考にしてください。

 

この参考書を勉強することで
実際のTOEIC試験にも自信を持って臨むことが出来るため
本番でも緊張せずに解くことが出来ます。

 

■問題がsection毎に小分けになっている

section1~20まであります。
例えば、始めのsection1では、

part5       が  5問
part6         が  4問
part7(1つの文章)   が  4問
part7(複数の文章)  が  5問

と1つのsectionを解くのに約15分くらいです。
つまり、約15分×20コ分の教材です。

 

模試形式と異なり、問題が小分けにされているので
忙しくて時間が無いけど対策をしたい!
という方にとってかなり良い教材になります。

 

全てに和訳があるので、
知らない単語も後から確認することが出来ます。

 

特に解説がないとPart5に困ると思います。
そんな時はコチラの記事を参考にして下さい。

 

■実際の試験と異なり繰り返し学習できる

問題をした日付・何問正解したか?
ということを記述する欄があるので、
自分の成長を見ることが出来て
勉強する意欲が続く工夫があります。

 

解けた問題には、チェックするボックスがあるので
前回は解けたけど今回は解けた!
等の成長も実感できます。

 

ただし、対策本に直接書き込むと
後から勉強ができないため、
良ければ、僕が作った専用シートを使ってください。

リスニングのシートはコチラ

リーディングのシートはコチラ

 

このシートで、
・根拠があって解いた問題

・曖昧だけど解けた問題

などの
解けたけど理解しているのかどうかの
区別をすると尚効率がいいかと思います。

 

英語の学習には繰り返しの勉強が
必要ですよね。

 

最低3回は解いて、自信を持って
TOEICに挑んでください!

 

それだけ回数をこなして学習すれば
自分の英語力の伸び具合にビックリします。

 

「公式TOEIC Listening&Reading トレーニング リスニング編」

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編

コチラは先ほどのシリーズのリスニング編です。

 

リスニング編では、本番と同様に
公式ナレーターによる音声が聞けます。

・米国
・英国
・カナダ
・オーストラリア

の話者によるリスニングが
収録されています。

 

リスニング編のいいところは、
先ほどのリーディングとほぼ同じですが

 

■自分が聞き取りずらい国が分かる

■省略されて読まれている単語を確認

■Directionsが省略されていて、使い勝手がいい

 

では、それぞれ見ていきましょう。

 

■自分が聞き取りずらい国が分かる

現在のTOEICでは、

・米国
・英国
・カナダ
・オーストラリア

 

の4つの地方の英語が使われています。
地方ごとに特徴があり、
その特徴が人によっては聞き取りずらいと
感じるかもしれません。

 

僕はアジア人が話す英語は
聞き取りずらいです(笑)

 

自分がどこの国の発音に弱いのか?
を確認するにはぴったりです。

 

リスニング対策についてはコチラから

 

■省略されて読まれている単語を確認

英語の単語は日本語のように
書かれている単語をそのまま全てを
発音しているわけではありません。

 

例えば、
・TとGは発音しない
・OはAで発音する

 

などの特徴があります。

 

英語の特徴を掴むという点でも
公式のナレータが問題を読み上げているので
力が着実についていきます。

 

また、単語の最後が子音で、次に始まる単語のが母音なら
繋がって読むなどの特徴もあります。

 

そちらについても上で紹介した記事で
確認してください。

 

■Directionsが省略されていて、使い勝手がいい

Directionsとは、パートが変わった時に流れる指示文のことです。
指示文がないためサクサクと勉強を進めることが出来ます。

 

逆にDirectionsがないため
本番とは違う印象を受けます。

 

以上の理由から
難易度が本番に近いレベルで
練習を繰り返して勉強できます。

 

練習問題をひたすら解きたい人には
お勧めできます。

 

模試形式

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

模試形式の公式問題集は、現状の力を
測定する最適な一冊です。
2017年12月8日に最新版が販売されました。

 

練習テストが2回分あり、

 

目標からどれだけ離れているのか?
時間内にどれだけの問題を解ききれたのか?
勘で答えた問題はどれだけあって、
根拠があって答えた問題はどれだけだったのか?

 

総合的な自分の力量を知ることが出来ます。

 

3000円と少々高い気もしますが、
今後の対策本を何本も買うくらいなら
安い投資ではないでしょうか?

 

最近の傾向のすべてを網羅しているうえに
問題が実際のTOEICとかなり近いです。

 

2018年以降もTOEICを受けるつもりでいるなら
持っておきたい一冊です。

 

先ほどの「公式 TOEIC トレーニング」シリーズが
1冊にギュッと凝縮された対策本となっています。

だからいい点を挙げるなら、先ほど挙げた点プラス

■時間管理が出来る

■スコア換算表があるので、スコア目安が分かる

という点です。
では、それぞれ見ていきましょう。

 

■時間管理が出来る

TOEICの開発元である、ETSが本番と同様のプロセスで
書き下ろした練習テストを2回分学習することが出来ます。

 

各Partにどれだけの時間を使えば、
点数が最大化できるのか?

 

といった訓練が出来ます。

 

また、どこの問題で時間をかけてしまうのか?
どこの正答率が一番低いのか?

 

を知ることが出来ます。
2回分あるので、

 

1回目に足りないところをチェックして、
2回目に補強訓練をする
といったメニューを組むことも出来ます。

 

 

家でやることが出来るので、
間違えた問題については、再度繰り返して
学習することが出来ます。

 

 

やはり英語の学習においては
繰り返しして勉強することが大事ですからね!

 

先ほどの「公式 TOEIC トレーニング」シリーズと
かぶってしまいますが、
コチラも公式のスピーカーによる
リスニングの問題が収録されています。

 

特に参考になる部分は、
Part2の「素直に解けない」問題の対応ですね。

 

素直に解けない問題は公式の問題集を使った方が
市販のものよりもはるかに力をつけることが出来ます。

 

■スコア換算表があるので、スコア目安が分かる

公式が出版しているだけあって、
解き終わった後のスコアは
自分の力量の点数にかなり近い点数になっていました。

 

評判を見ていると、購入した他の方たちも
同様に、自分の力量の点数が出ているようですね。

 

そういった意味で、現時点の「自分の力」
を図るには最適な問題集ですね!

 

余談ですが、
TOEICの点数は、1つ正解したら+5点
のような単純なものではありません。

 

統計学の知識を持った学者たちが
実力に見合った点数を出すために
問題の正誤パターンによって
点数が出されているようです。

 

だから、偏差値に似ています。
周りの受験者が出来が良くない中で
正解数が多いとスコアが高くなり、

 

正解数が多かった時に周りの受験者も同様に
正解数が多ければスコアがかなり伸びることはありません。 

 

結局のところ、スコアを伸ばしたいなら
正解数は多くしないといけませんが(笑)

 

他にもL&Rの公式問題集は3以外にも
1,2が出版されています。

 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1
公式TOEIC Listening & Reading 問題集2

それぞれに特徴がありますが、
基本的にどれを購入してもいいでしょう。

 

どのシリーズにするのか?
に拘るのではなく、

 

買った公式問題集を何度も繰り返しして
学習することに拘ってください。

 

行動した人からTOEICの点数は上がっていきます!
ぜひ、繰り返し学習をして
高得点を取ってください!

 

 

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

僕は独自の勉強法を用い、
たった3ヵ月の勉強でTOEICの点数が
400点以上上がりました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと鮮明に聞こえて理解できるし、
自然な英語で外国人と話せるようになりました。

 

あまりにも短期間で伸びたので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。


しかし、元々の英語力は偏差値が40で
英語が苦手な典型的な日本人でした。

 

ただ、英語を勉強するにあたって、
僕が周りと違った点と言えば、
勉強法に9割の時間をかけて研究し、
実践したということです。

 

その結果、今では外国人にビビらなくなり、
TOEICも高得点と言われる点数をとり
あっさり人生が楽しくなりました。

 

英語は日本にいながらでも習得できるし、
英語を学ぶことで人生の可能性が大きく広がる、と確信しています。

 

だからこそ、
英語を使いこなす人口が10%でも増えれば
世界で活躍できる人間が増えて
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
その方法論をまとめた電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(これだけで点数が上がったとの報告も)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
期間限定での公開なのでお見逃しなく!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. 勉強法

    英語の発音がドンドン上達する!正しい発音の仕方5選

    こんにちは、ベルです。 僕の研究室には多くの留…

  2. business

    企業と英語力の関係

    こんにちは、ベルです。 今回は英語力を上げている企業がどんな取…

  3. 勉強法

    英語のアウトプットが苦手な人でも効率的に学ぶ勉強法

    こんにちは、ベルです。 主に、アウトプットをする機会が多いのは…

  4. mind

    【当日に慌てない】TOEIC前日にするべき対策!!

    こんにちは、ベルです。あなたは、これまでにTOEI…

  5. 勉強法

    Goeigoは宗教に勧誘される? 無料英会話教室の評判をまとめてみた

    こんにちは、ベルです。4月のプレジデント・オンライ…

  6. 勉強法

    英語をやり直し学習する時の方法をシンプルに説明してみた

    こんにちは、ベルです。今回は、これから英語をやり直…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. mind

    意志が世界を覆った時、ハッピ―エンドになる
  2. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?
  3. bell

    4月の結果報告|ブログ始めて1ヶ月半経ちました!
  4. mind

    【ビリギャルから学ぶ】マイナススタートだからって怖いものはない
  5. 勉強法

    1ヵ月でネイティブとスラスラ話す英語脳になる
PAGE TOP