英語脳

diary

【2018年版】最強の翻訳アプリを調査してみた


この記事は4分で読めます

こんにちは、ベルです。

僕が高校に上がると当然の様に電子辞書を使って、単語、熟語を調べていました。
今では、スマートフォンから調べることが多く、僕が学部の時代には電子辞書を持ち歩いている人は少なかったです。

 

ライン翻訳のアカウントを使えば電子辞書に代わって調べることが出来たからです。
また、このラインのアカウントをグループ内に加えていると発言した内容が勝手に英語にも翻訳されて、英語の勉強もできたんですよ!そこで現在主流の翻訳アプリの性能を調べてみました。

 

これで英語で分からない単語があったら一発で解決して、時間が大幅に削減できます
単語以上に文章まで一発で解決してしまいます!

 

Line 翻訳

 

このライン翻訳の良いところは、
■入力するとすぐに変換してくれる(初めて見た時は驚いたほどです)
■コピー&ペーストが出来る
■文章も翻訳可能
■英訳だけでなく中国語、韓国語にも対応している

 

という点から電子辞書を持ち込まなくてもよくなったんですよ。
なにより、スマフォから操作できるので軽くて楽です。

 

 

こんな感じです。


「Stay Hungry. Stay Foolish.」
はスティーブジョブズが大学を卒業した時のスピーチなんですが、
ここでの「ハングリー」は探求心を持ち続けよう!
「フーリッシュ」はいつも真剣だと息詰まるよ!
って僕は捉えています。

 

と意訳できないデメリットもありますが正確に英訳、和訳をしてくれます。
英語を勉強しよう!と集まったメンバーでこの英語翻訳ラインアカウントを入れたグループを作って勉強していたこともありました。

 

一番初めは、本媒体の辞書。次にデータ化された電子辞書。次にデータが通信化されたLine。
次は通信しなくてもいいツールが台頭するんだろうな~
と考えていたんですが、もうリリースされていました。(笑)

 

google 翻訳

僕が学部時代に流行っていたライン翻訳なんですが、今ではGoogleの方が強いみたいですね。
PCで検索中に分からない単語や文章があったら
google 翻訳を使ってやるくらいですもん。

 

それで、これと同じ機能がスマフォからも使える様になっていたみたいです。
というか機能が+αしていて上乗せされています。
これもライン翻訳を見た時と同じくらいビックリしちゃいました。(笑)
もう文章を打ち込む必要がなくなったんですよ!!
しかも通信は不要です。

 

どういうことかというと
翻訳アプリがカメラを通して文字を識別して単語と認識する。そこからwebの翻訳機能と同様に翻訳がされているんです。

これは最近もらった授業プリントです。
1つ1つの単語を識別していて、和訳も問題なくされていました。

 

カメラで文字を識別できている訳ですから、手書きの文字も識別してくれます。

 

「5月病に気そつけよう。」
って誤変換しましたが性能はいいですね。
走り書きして汚く書いてもあまり問題なさそうです。

 

そして一番魅力的な点は、その場で使いやすい方法を選択して活用出来るんですよ。
例えば
■もらった資料が英語で書かれていても
カメラのフィルターを通したら日本語になっています。

■受け取ったメールが英語で書かれていてもwebを通して翻訳してくれます。

■聞き取れなかった英語をアプリで音声入力することで和訳してくれます。

さすが、Google!TPO分かってるな~(笑)

でもまだまだ改善する必要があるみたいで
こんなものもありました。(以下三点参考:Appbank


 

危険!!
ドン乳首!!
アナル!!
まだまだ面白い和訳が見つかるかもしれませんね!(笑)

是非Google翻訳アプリをDLし、Googleフィルターで面白い物を見つけましょう!

 

AIの力に頼らずに僕自身で英文を読んでいても楽しかったりします。そんな時に参考になったのがこれです。興味があれば参考にしてください。
英語力を向上!リーディングが苦手な人向け

 

ps

技術が進んで英語を読んだり話す必要が無くなるんじゃない??

 

って思うかもしれません。
確かに便利になるのは間違いないんですが、完璧に話さなくても大丈夫だとか、聞き取れなくても大丈夫
っていう風にはなりません。これは間違いないです。

 

カード社会になりつつあって、とっても便利ですけど
やっぱり現金の方が信用あって、現金のやり取りは未だに残っていますよね。

 

これは機械に頼りすぎるのは危険!
ってブレーキをかけちゃうんですよ。自分が分かっていない分野を鵜呑みには出来ないので、しっかりと確認された上で判断しないといけないからです。

 

なのであくまで技術はあなたをサポートするものであって、全てを丸投げできるものっていうものではないんです。だからこそ、あなた自身で英語の教養をつけておく必要があります!

 

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

僕は独自の勉強法を用い、
たった3ヵ月の勉強でTOEICの点数が
400点以上上がりました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと鮮明に聞こえて理解できるし、
自然な英語で外国人と話せるようになりました。

 

あまりにも短期間で伸びたので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。


しかし、元々の英語力は偏差値が40で
英語が苦手な典型的な日本人でした。

 

ただ、英語を勉強するにあたって、
僕が周りと違った点と言えば、
勉強法に9割の時間をかけて研究し、
実践したということです。

 

その結果、今では外国人にビビらなくなり、
TOEICも高得点と言われる点数をとり
あっさり人生が楽しくなりました。

 

英語は日本にいながらでも習得できるし、
英語を学ぶことで人生の可能性が大きく広がる、と確信しています。

 

だからこそ、
英語を使いこなす人口が10%でも増えれば
世界で活躍できる人間が増えて
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
その方法論をまとめた電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(これだけで点数が上がったとの報告も)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
期間限定での公開なのでお見逃しなく!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. diary

    【反面教師】英語で後悔したこと

    こんにちは、ベルです。 4月の反省をしていたら…

  2. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。

    こんにちは、ベルです。先日、久しぶりに無料英会話が…

  3. diary

    日本人の英語力はレベルが高い!?

    こんにちは、ベルです。 僕が大学の英語の授業を…

  4. diary

    感動。『タイタニック』の名言を6つのシーンで振り返る!

    こんにちは、ベルです。 前回はタイタニックを大人になってから改めて…

  5. business

    カフェ店員に必要になる英語力とは

    こんにちは、ベルです。 先日、東京に行って友達…

  6. diary

    静電気から学ぶ記憶術

    こんにちは、ベルです。 最近寒くなってきて、 よく体に静電…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. おススメの本

    TOEIC公式問題集の最新版!難易度はどれくらいなのか?
  2. 英語脳

    英語脳の作り方!英語脳を徹底的に解説!
  3. life

    日本という無人島
  4. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術
  5. business

    英語を勉強しない時にも英語力がどんどん上がった話
PAGE TOP