英語脳

diary

日本人の英語力はレベルが高い!?データから分かるランキング


この記事は5分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

僕が大学の英語の授業を受けていると思うことがあって、
TOEICスコアが高い学生はそれだけうまく和訳をするし、
読解力が高いのでプレゼン作りが上手な傾向があるんですよ。

 

だけど、そのプレゼンを読み始めると中学生が読んでいるみたいな発音になったり、
「あー」や「えー」を連呼してかなりひどい有様になります。

 

TOEICで高得点を取っている人でも話すことは苦手で慣れていなんだなぁ
と改めてと思いました。

 

 

でもこれは、僕の身の回りでの出来事なので
日本全体的にはどうなんだろうと思って、
日本人の平均英会話力を調べてみました。

日本人の英語力


あなたは日本人平均の英会話力を知っていますか?
外国と比較した時に高いと思いますか?低いと思いますか?

 

TOEFL iBT TEST によると
年度にもよりますが、日本人は世界的に30位前後という結果です。
(参考リンク:TOEFL iBT TEST)

 

これをアジア圏で比較すると韓国が上位にきてその次がフィリピン、インドネシア、中国、
その次にやっと日本がランクインしてきます。

 

日本はアジア圏の中でもそれほど高いという数字ではないですね。
日本では6年間も義務教育をしているのになぜ、国別に比較すると
上位にランクインできないと思いますか?

 

日本での義務教育でのやり方がそもそも、外国人と話すことを目的としていなくて
英語を読む事ができるための学習方法だからです。

 

 

文科省が「英語の授業は原則、英語を使って授業をしましょう!」と言ったときに
ほとんどの英語教師達はあたふたしたと思います。
文科省の方針はこんな感じです。

 

なんで教師たちがあたふたしたかというと、学校の教師たちが本当に必要だと思っていることは
「子供たちが将来的にいい大学に入ること」
だからです。

 

 

なので大学受験に直結する内容を教えないといけないのに
教える方向性が文科省と食い違っています。

 

 

文科省→英語を話せる人材が欲しい
学校→いい大学に行かせてあげたい(英語が話せるのは二の次)

 

という構図が出来上がっています。

 

 

現に高校英語を教えている先生で最初から最後まで
英語を使って教えている割合は全体の半分ほどだそうです。
僕が知っている教師の人だと
「英会話をメインとした授業は英語ごっこだ!」というくらいです。

 

 

半分の学校は話すことを目的とせずに、「大学に入る事」が目的となって
英語を教えています。

 

 

そのため英語は
英語→大学に入ったらもういらない教科

 

っていうレッテルを貼ってしまうんですよ。
僕もこの一人でした。
(TOEICでしぶしぶ勉強してたけど、やる気がないので点数が伸びるはずもなかったです。)

 

もし、学校教育が本気で取り組めば
「英語は会話をするための教科で、読めるだけじゃダメ!」

 

っていう意識を芽生えさせることが出来るはずなんです。
この意識改革を行おうとしてるのが文科省ですが、
日本の”大学こそ人生のゴール”という主義はしばらく変わることはないでしょうね。

 

いい大学→いい企業→高給→いい人生
という分かりやすいレールが引かれているんですよ。
レールは一本だけなので努力すべきポイントが分かりやすいです。

 

日本だと優秀な成績で大学を卒業したら
大企業に入ることが一般的だと思います。
(大企業の中には財閥なんて言葉もあるくらいです。)

 

逆にアメリカだと優秀な成績で大学を卒業したら
ベンチャー企業に行く人の割合の方が多いんですよ。

 

 

優秀だからこそ、その先のステージを目指していて、
自分の力で切り開いて、自分の実力で高給になることを夢みている人が多いからです。
これこそまさにアメリカンドリームと言えます。

 

 

 

カタカナ英語


日本人が英語だと思っている英語は実はカタカナ英語だった
っていうこは多くて、
日本人はカタカナ英語が得意です。

 

 

カタカナ英語は日本人同士には伝わりやすいのに
肝心の英語圏の人たちには全く通じません。

 

 

というのも英語の周波数が日本語の周波数と差があって、
慣れていないと全然聞き取れなくて勘違いしてしまいます。
聞き取れないから発音も変わってしまいます。

 

 

例えば、お医者さんのドクターは「Doctor/ダクタ」とか、
B’zで人気のウルトラソウルは「Ultra/アルトゥラ」って読みます。

 

だからB’zが歌う「ウルトラソウル」では
~♪~
そして輝くウルトラソウル! ハイ!
~♪~

なところをネイティブが聞いたら

 

~♪~
そして輝くウルトラソウル! 「ハイ!?」
~♪~

 

発音が違うから「ハイ!」が
疑問文の「ハイ?!」になっちゃいます。

 

 

カラオケで歌う時には気を付けてくださいね(笑)

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、好評販売中の電子書籍を期間限定でプレゼントしています。

 

英語に才能やセンスは本当に関係ないです。

 

勉強法によって習得する速度が
2倍にも5倍にもなった人を数多く見てきました。

 

今なら無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

英語戦略を知れば短期間で結果に

僕は国内でも出来る独自の勉強法で
2ヵ月後には600点だったTOEICが800点。
3ヵ月後には英語を使って仕事をしていました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然な英語を使って話せれます。
あなた日本人だったの!?」と言われたことも。

 

あまりにも短期間で
英語を感覚的に使いこなせるまでに
急成長してしまった
ので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。

 

しかし、英語の偏差値は元々40で
英語が苦手で投げ出してしまう
典型的な日本人でした。

 

僕が英語を勉強するにあたって、
1つだけ周りと違った点と言えば、
勉強法に大きく時間を割き、
9割は研究、実践したことです。

 

その結果、英語を英語のまま理解することで
今では
TOEICは高得点になり
率先して外国人と手を取り合い、
180度人生が変わり、楽しくなりました。

 

日本にいながらでも英語は習得できるし、
英語によって人生の可能性が広がり、
大きな自信になると確信しています。

 

だからこそ、
10%でも世界で活躍する方が増えれば
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
メルマガの中限定で電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(英語力が上がったと報告も多数)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしに公開は終了します。
お見逃し無い様にして下さい!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. diary

    感動。『タイタニック』の名言を6つのシーンで振り返る!

    こんにちは、ベルです。 前回はタイタニックを大人になってから改めて…

  2. business

    カフェ店員に必要になる英語力とは

    こんにちは、ベルです。 先日、東京に行って友達…

  3. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。

    こんにちは、ベルです。先日、久しぶりに無料英会話が…

  4. diary

    【保存版】英語の勉強が続かない時、たった7つの方法で解決!

    こんにちは、ベルです。 英語の学習するうえで一番の難関が …

  5. bell

    英語に対する僕の本音

    こんにちは、ベルです。人によっては批判されたり、賛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

人気記事

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。
  2. bell

    英語力アップのセミナーを始めてみて。ベルの軌跡と情報発信する理念『革命』
  3. 勉強法

    【保存版】英語初心者でもペラペラと話せた5つの裏技方法
  4. life

    あなたはどのタイプの性格?!知ることで見えてくる未来のこと
  5. business

    会社形態・部署・職業を英語で言う簡単なコツ
PAGE TOP