英語脳

diary

母に英語を教えたら、世界が広がりイキイキ若返った。英語勉強して本当に良かったと言ってくれた話し。


この記事は9分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

今日は、
「母に英語を教えたら、世界が広がって若返った話」
をしたいと思います。

 

僕としては、
母に英語を教えたことで
会話する
共通のネタが増えてちょっぴり嬉しかったりします。

 

前までの母は、
韓ドラを早送りで、字幕を追いながら
まるで小説を読むかのように視聴していました。

 

今では、アメリカドラマ

「セックスアンドザシティー」
「デスパレードな妻たち」
「ビッグバンセオリー」
「プリズンブレイク」
「LOST」

なども字幕付きで英語を
勉強しながら見る機会が増えて

面白い・楽しいと結構喜んでくれました。

 

母の日は英語をプレゼント

 

うちの母は韓ドラを観たり、小説を読んだりと
文学に触れることが多いので
自由時間に出来る何かいいプレゼントはないかな?と探していました。

 

母の日って形あるものを
プレゼントしがちですが、
僕は形が無いものでも喜ばれると思います。

 

そこで、英語をプレゼントしてみたんです。

 

なぜ英語かというと
僕は大学院を中退してまで、英語講師の道に進んだので
現在のスキルを使って恩返しをしたいなと思ったからです。

 

僕が大学院を中退して
英語の仕事をしたいと言った時も
母は「挑戦してみなさい」
優しく背中を押してくれました。

 

僕に目立った才能が特にあるわけでもないのに、
いつも優しく背中を押して
励ましてくれていました。

 

僕が弱気になっている時は
いつも声をかけてくれて
本当に、、、本当に、嬉しかった。

 

何度母に救われたことか。

 

そういった優しさで
今の僕がいるので
母から勇気をもらった分だけ
出来る精一杯の恩返しをしたいなと
常々思っていました。

 

母と会話する機会

 

僕が実家に住んでいた頃でさえ、
母とはほとんど会話することがなかったんですよね。

 

仲が悪いとかではなくて、
単純に、会話のネタが無かったからです。

 

話したとしても事務的な内容で
「このプリントに判子押して」
とかその程度(笑)

 

思春期の年頃だったから
そんなもんでした。

 

改めて、昔の自分、
何て野郎だよw
って思います。

 

 

母が話す相手は、ほとんど姉でした。
姉がその日の出来事を母に話して、
母がその話を聞くといった感じです。

 

姉と母は、
結構仲が良かったです。

 

当時はそんなに気にならなかったのですが、
最近になってきて、
母と話す機会を増やしたいなー、
と思ったのが今回の計画の始まりです。

 

花が好きな母

 

母はガーデニングにも凝っていて、
庭には、バラやら、アジサイやら、etc
が育っています。

 

昔、友達に実家の庭の写真を見せたら
「何このワンダーランドw」
とか言われたくらい
あちこちで花が咲き誇っています。

 

そんな花好きな母だし
花を渡しつつ、英語をプレゼントしようと思いました。

 

花をプレゼントするといっても、
本題は英語をプレゼントすることです。

 

どうやったら喜んでくれるのか結構考えました。
それこそ、母から惚れられるんじゃね?
とか想像してました。

 

そんな考え抜いた
母の日プロジェクトは
「花と一緒に、花言葉を英語で渡そう」
ということになりました。

 

花言葉って英語で
「Language of flowers」
と言います。

 

word(単語)ではなくて、
意味のある言語が花言葉です。

だから language(言語) です

 

花を渡すことで深い記憶にもなるし
意味のある言葉だから
英語が頭に定着もしやすい。

 

こういった背景で
花と一緒に、母になじみ深い
花言葉をドンドンとプレゼントしていきました。

↓手書きで花言葉を送りました↓

 

で、英語をプレゼントした後の
現在の母はと言うと、

英語にすっかりとハマったようで
めちゃめちゃ勉強しています。

 

今の口癖は
NYでおしゃれして歩きたい!
です。

 

セックス・アンド・ザ・シティの
ベティに影響されたらしく
着飾ってレストランに行くことが夢になったようです。

 

この感想を聞いて、
夢を与える
プレゼントが出来て本当に良かったなぁ。

と思いました。

 

同時に、こういったスキルを
プレゼントすることって
結構いいなと思いました。

 

こういった無形のプレゼントをする人は少なく、
母としてもいい思い出になったのではないかなと。

 

英語という新しい趣味を持って
頭に刺激がある生活をしていたら
生活にも張りが出て、若返った様に
生き生きとするようになってました。

 

前までは、暇な時間があったら
韓ドラか、読書か、ガーデニングしか
していませんでしたが、

 

今では新しい夢に向かって勉強するようになりました。
夢に向かって臨む姿勢は

見ていて誇らしいです。

 

母の英語力がある程度上がったら
今度は父にも恩返しするため、
アメリカ旅行へ
招待しようかなと思っています^^

 

父は未だに僕が学歴を
捨てたことに抵抗を持っているので
アメリカ旅行に連れて行った時には
英語でやり取りをする僕の背中で語りたいなと思っています。

 

やっぱり両親には、
感謝しても、感謝しても

感謝しきれない恩があるから

 

少しずつでもいいので
僕の気持ちを体験にして返していきたいなと。

 

そして、母のように、
困っている人に手を差し出し
助けられる人間になりたいなと。

 

人のことを応援し続ける強く、
カッコいい人間になりたいなと。

 

「きっと大丈夫だよ。」

「あなただから出来る。」

「行動すれば道はきっと開ける。」

と、人に希望を与えられる人間になりたい。

 

僕は数年前まで
今まで才能もセンスもなく
英語が全く出来ない。
そんな典型的な日本人でした。

 

むしろ、人とコミュニケーション取ることさえ苦手で、
初対面だと目を合わせられないんですよね。

 

「どこ見てんの?(笑)」
とか言われたこともあります。

 

自分に自信もコミュ力もないから
何やってもダメなんだろうなーと。
とにかく自信がありませんでした。
すぐに弱気になります。

 

すぐ1人になったり、
ネット徘徊することは当たり前で

自分よりも悲惨な人を
見ることが日課になっていました。

 

カラオケに一人で籠って
ストレス発散をしたり、
寂しい人間でした。

 

リア充とは正反対の非リアの部類です。

 

けど、英語を本格的に勉強して
英語で気持ちを伝えられるようになってからは

 

色んな人と出会い
価値観に触れあうことで
ちょっとした自信が生まれてきました。

 

それからというもの本当に、人生が変わりました。

 

一般的に英語が出来る人は少ないので
頼られることが段々と増えたし、
会話が弾むようになってきました。

 

そんなある日、
「話すのが上手だね。」
とまで言われ始めました。

 

僕からは、
何も変化していないと思ってたのですが
他人に映る僕は大きく変わっていたようです。

 

特に嬉しいのは、
英語が出来ると、女性から結構モテるし
話のネタになるということです。

 

僕から見ても英語が出来る女性がいたら
すごく魅力的に映りますもん。

 

また、人脈がかなり増えて
今では事業を3つほど持つ経営者や
貿易の社長とまで仲良くなれました。

 

こんな異世界の住人と接点が持てるとは
夢にも思っていませんでした。

 

異世界の住人は
今まで聞いたことのないフェアリーテイルをし始めるし、
思考が洗練され、根本的に違うので
やることなすことが本当に一瞬です。

 

僕が英語を紹介したら
すぐに身に付けてしまう人もいるくらい
行動力があります。

 

こんな感じだから
いつの間にか、友人にも恵まれたし、
独りでカラオケに籠ることは無くなりました。

 

気の向いたときに、
外国人の友達と遊べるし、
経営者とご飯に行ける。

 

僕は、英語をマスターしたことで
人生は本当に楽しいものなんだなと実感できるようになりました。

 

だから、英語を勉強することをおススメしております。

 

こんなに人生がガラリと変わる瞬間はそうそうないです。

 

人脈が広がるだけでなく、
会社勤めなら年収も上がるし、
コミュ力も上がります。

 

コスパ良く人生が逆転できるものは他にありません。
特別な道具もいりませんしね。

 

知識さえあれば大丈夫なのです。

 

だからこそ、僕は
英語を学ぶなら正しい戦略で
勉強してほしいと思っています。

 

英語が上達しなくて弱気になっている人には自信を持って

「きっと大丈夫だよ。」

「あなただから出来る。」

「行動すれば道はきっと開ける。」

と、言い続けたいです。

 

僕も母のようなカッコいい人間になれるように。
希望を与えられる人間になりたいから。

 

欲張って日本人の10%とか言ってますが、
たった一人でもいいから、

 

本当に、母のように
手の届く範囲に居るたった1人でも
励ませれたらなと思っています。

 

そして僕自身、現状には満足していません。
今のままでは僕の理念である
英語を『革命』なんて遠い話なので、
正直悔しくてたまりません。

 

もっと勉強して
成長していけたらな、と思います。

 

P.S.

実はメルマガも配信しています。
メルマガではブログでは言えないような
僕の経験をシェアしています。

 

また、「英語学習の戦略」について
執筆した電子書籍が
2000DLされたのを記念して、
今だけ無料で受け取れるので、
有料になる前にぜひ受け取ってほしいなと思います。

 

電子書籍では
英語の本質的な勉強法を紹介しています。

 

>>詳細はこちらをクリック

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、好評販売中の電子書籍を期間限定でプレゼントしています。

 

英語に才能やセンスは本当に関係ないです。

 

勉強法によって習得する速度が
2倍にも5倍にもなった人を数多く見てきました。

 

今なら無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

英語戦略を知れば短期間で結果に

僕は国内でも出来る独自の勉強法で
2ヵ月後には600点だったTOEICが800点。
3ヵ月後には英語を使って仕事をしていました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然な英語を使って話せれます。
あなた日本人だったの!?」と言われたことも。

 

あまりにも短期間で
英語を感覚的に使いこなせるまでに
急成長してしまった
ので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。

 

しかし、英語の偏差値は元々40で
英語が苦手で投げ出してしまう
典型的な日本人でした。

 

僕が英語を勉強するにあたって、
1つだけ周りと違った点と言えば、
勉強法に大きく時間を割き、
9割は研究、実践したことです。

 

その結果、英語を英語のまま理解することで
今では
TOEICは高得点になり
率先して外国人と手を取り合い、
180度人生が変わり、楽しくなりました。

 

日本にいながらでも英語は習得できるし、
英語によって人生の可能性が広がり、
大きな自信になると確信しています。

 

だからこそ、
10%でも世界で活躍する方が増えれば
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
メルマガの中限定で電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(英語力が上がったと報告も多数)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしに公開は終了します。
お見逃し無い様にして下さい!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. diary

    【保存版】英語の勉強が続かない時、たった7つの方法で解決!

    こんにちは、ベルです。 英語の学習するうえで一番の難関が …

  2. diary

    感動。『タイタニック』の名言を6つのシーンで振り返る!

    こんにちは、ベルです。 前回はタイタニックを大人になってから改めて…

  3. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。

    こんにちは、ベルです。先日、久しぶりに無料英会話が…

  4. diary

    日本人の英語力はレベルが高い!?データから分かるランキング

    こんにちは、ベルです。 僕が大学の英語の授業を…

  5. 大学生の英語

    【学生必見!】取得したい英語資格

    こんにちは!ベルです。今回は各学年ごとに取得しておきたい、又は取得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

人気記事

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?
  2. life

    英語を勉強すれば全ての悩みは解決する。不安ばかりの人生から逆転した最強の武器を紹…
  3. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない
  4. diary

    静電気から学ぶ記憶術
  5. life

    日本という無人島
PAGE TOP