英語脳

勉強法

英語の発音がドンドン上達する!正しい発音の仕方5選


この記事は10分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

僕の研究室には多くの留学生がいるっていう話しは何度もしているんですが、
めっちゃ気になっていることがあるんですよ。

 

というのも、
留学生が帰る時に「お疲れ様でーす!」
といってくれるんですが、

 

その内の1人が
「おちゅかれ様でーす!」って発音しているんですよ!!
めっちゃ気になる!!

 

この人は韓国の方で
今ではもう学生から職員になっているため日本の滞在歴は5年以上と長いです。
にもかかわらず、「たちつてと」がまだしっかりと発音できずにいるんです。

 

一日の最後に「おちゅかれ様でーす!」と挨拶をかわすと
やっぱり「なんか違うな~」って思ってしまいます。

 

でも僕らから「発音違いますよ!」っていうのもなんか気が引けてします。
彼の論文は賞を多く頂いていて、以前は「特許を取ったらいい線いくよ、これ。」
と学内関係者と話していたし、かなりの実力者なんです。
フォーマルの場での論文発表も日本語で行うのでも「たちつてと」がいつも違う。。。。

 

これって僕らが話している英語でも当てはまるな~
と思います。

 

例えば「Hello!」は”L”の発音をしないといけないんですが、
これを意識せずに話すと、「Harro!」と言っている様に聞こえます。

 

この様なミスをなくすため、そして僕の研究室の韓国の方の二の舞にならない様に
日本人が間違えやすい発音についてまとめてみました。
最後まで読めば、「やっぱり違うんだよな~」と思われることは今後一切ありません。

 

 

「L」と「R」の発音

まず、LとRの発音の仕方について説明します。

L
Lは”ル”のところで舌を口の上(前歯の裏より離れたところ)にくっつけます。

 
 
R
Rは口をすぼめるように丸めて、絶対に舌を口の上に付けないようにしてください。

 

 

Lの口の形は以下の様になります!

Rの口の形は以下の様になります!

 

日本人が発音する”light(光)”と”right(右)”は
違いがなくて聞き取れないってよく言われているんですよ。

 

実際、僕の担当教員もネイティブから「L」か「R」か分かんない(笑)
って指摘されていじられていました。この記事を見たあなたはむしろ、いじる側に回れますよ。

 

lightは
“L”の発音をすればいいので、

先ほどの舌の位置に気を付けて「ライト」と発音すれば大丈夫です。
ちょうど、日本語の「らりるれろ」と同じ感じで発音してください。
注意点なんですが、「らりるれろ」と同じ感覚といっても舌が上についていなかったら
それは違う発音になるため気を付けましょう!

 

rightは
コツがあって、「ライト」とすこし、口の中でうなってください。
そして、”ラ”では舌は口の上につかずに発音しましょう!

 

「L」と「R」の発音の仕方はわかってもらえましたでしょうか!?
「L」と「R」の発音がより分かるような動画を見つけたので紹介します。

 

シャンプーの「Lux Super Rich」なんですが、
これは日本人向けに商品を販売しているというのもあって
「L」と「R」の発音の練習になります。

では動画で練習したついでに他の単語も練習しましょう!

 

練習
leak(漏れる)    ⇔ reek(臭い)      [リーク]

loom(機織り気)  ⇔ room(部屋)     [ルーム]

lace(服のレース) ⇔ race(競争)      [レース]


lock(閉める)    ⇔ rock(岩)       [ロック]


love(愛)     ⇔ rub(こする)     [ラブ]

 

特に「I love you.」(愛しているよ)といったつもりが
「I rub you.」(擦るよ)と勘違いされたらたまらないですよね。
要練習です!!

 

ベル

「L」と「R」の発音の違いは舌の位置です!

 

「B」と「V」の発音

まず、Bの発音は

 

B
口を閉じて破裂音にして「ビー」と発音します。
なので上下の唇はくっついています。

 

Bの口の形は以下の様になります!

この状態は例えると、梅干し食べて”酸っぱい”って顔している時の唇です。笑

これはちょっと大袈裟に表現しすぎじゃない?
って思うかもしれないですが、大袈裟くらいがちょうどいいんです。
少しだけ変化した所で矯正されないんですよ。
やり方を大きく変えないと違いって伝わらないんです。

対してVは

V
下唇を前歯の下に入れて「ブィー」と発音します。

 

Vの口の形は以下の様になります!

VはBとは違い下唇と上唇がくっつくことはなく、
下唇が上の歯で噛まれる形になります。

 

発音している口を例えるなら
さんまさんみたいな感じです。


さんまさんは意識してなのか、
オールウェイズ出っ歯なので常にVの発音が出来る状態になっています。

 

それでは、梅干しとさんまさんを参考に「B」と「V」の練習をしていきましょ。

練習
boat (船のボート) ⇔ vote(投票する)   [ボート]

best (一番)    ⇔ vest(服のベスト)  [ベスト]

 

ベル

「V」と「B」は下唇をどこに付けるかによって使い分けます!

 

「Th」の発音

thを使っている単語って結構あります。誰もが知っているThank you やthrill(スリル)等など。
なので話す上でthは避けて通れません。そんなThの発音を勉強していきましょう!

 

Th
thは舌を歯で噛んでthを発音します。

 

Thの口の形は以下の様になります!

Thが舌を噛んでいるということは、舌をペロっと出せばいいんです。
つまり、犬の様になります

 


Thを発音する時は水を飲みたがっている犬になりきって発音しましょう。
けど、話している時に犬になりきるのは難しいですよね?

玄人になると、ThはLと舌の位置が似るようになってきます。
どういうことかと言うと、
Lの時にしていた、舌を歯の方へズラしていけばいいんです。
ズラしていき歯の裏側へ舌を配置すれば、犬にならなくてもthの発音ができます。

 

では、犬になりきり練習していきましょう!(笑)

練習
Thank you(ありがとう)

Thirty(30)

Thirteen(13)

Third(3番目)

There(そこ)

Through(〜を通して)

Thing(もの)

 

ベル

「Th」は舌を歯と歯で噛んで発音します!

 

「F」と「V」の違い

「V」はさきほど説明した通りなんですが、
「F」は「V」と発音の仕方が似ていて、
「V」程ではないんですが、多少下唇を歯で噛みます。

F

Fの発音は日本人が思っている「エフ」とは違います。

“フ”の時にVのように下唇を上の歯をくっつけます。
その時、Vほど噛みまなくて
熱いものを冷ます時に「フー」っとするようなソフト感です。

 

Fの口の形は以下の様になります!

 

上の歯で触る下唇の面積を決めるなら、
唇の面積の半分くらいで線引きをしたところに歯を付けるのが「F」です。
唇の面積全部をくっつけるのが「V」です。

 

練習
fast(早い) [ファスト]⇔ vast(拡大) [バスト]


first(一番) [ファースト] ⇔ vary(変化する) [バーリ]

 

ベル

「F」はVと似ていますが
ソフトになります!

 

「W」と「Wh」の発音

「W」と「Wh」を使うものも多くありますよね。

Water(水)
What(何)
Where(どこ)
Which(どっち)
Would(willの過去形)
wood(森)

これらはすべて
口を丸めて”ゥ “をこもらせて発音します。
中々出てこない単語がやっと出てきた時をイメージして下さい。

 

練習
Water(水)    「ゥ~ウォター」

What(何)    「ゥ〜ウァット」


Where(どこ)  「ゥ〜ウェアー」


Which(どっち) 「ゥ〜ウィッチ」


wood(森)   「ゥ〜ウッド」

 

 

ベル

「W」と「Wh」は「r」の様にこもらせてから発音します!

 

まとめ

「L」と「R」の発音
「B」と「V」の発音
「Th」の発音
「F」と「V」の違い
「W」と「Wh」の発音

の5つのステップで学んだ事を使って復習しながら次の単語を発音してください!

まとめ問題

Relief   (安心)  [(R)レ(L)リー(F)フ]

leather   (革)    [(L)レ(Th)ザ(R)ー]

leave     (去る)  [(L)リー(V)ブ]

layer     (層)     [(L)レイア(R)―]

Label    (付箋)  [(L)ラ(B)ベ(L)ル]

real     (本当)  [(R)リア(L)ル]

reveal   (明らか) [(R)リ(V)ビ―(L)ル]

 

難しい問題
Thumb

 

 

これは少し意地悪な問題で”B”を発音しません。
だから
[(Th)サム] 親指と読みます。

おまけ

「C」って
静かにしてって言う時の「シー」と読むと思っていませんか?
実は違うんですよ。

 

「C」は「スィ―」と読むのが正しいです。
ちょうど「スイーツ」の「スイ」に似ています。

 

PS

僕の本音を書いたら多くの問い合わせが来て、
「私も壁を壊したいです!!」

「メンタルブロックを壊すには何が効率がいいですか?」

 

等いつもより多くの便りが来ました。
いつもありがとうございます。

 

最近は僕も時間が足りないので全部に返信は出来ないんですが、
全部の便りに目を通しています。
だから、返信が来ないから見ていないって訳じゃありません。

 

PCからなら「お問い合わせ」から
スマフォなら画面右下の「Mail」から僕に連絡が取れます。
僕に伝えたいことや、気になったことがあれば気軽に連絡ください^^
待ってまーす!

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

僕は独自の勉強法を用い、
たった3ヵ月の勉強でTOEICの点数が
400点以上上がりました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと鮮明に聞こえて理解できるし、
自然な英語で外国人と話せるようになりました。

 

あまりにも短期間で伸びたので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。


しかし、元々の英語力は偏差値が40で
英語が苦手な典型的な日本人でした。

 

ただ、英語を勉強するにあたって、
僕が周りと違った点と言えば、
勉強法に9割の時間をかけて研究し、
実践したということです。

 

その結果、今では外国人にビビらなくなり、
TOEICも高得点と言われる点数をとり
あっさり人生が楽しくなりました。

 

英語は日本にいながらでも習得できるし、
英語を学ぶことで人生の可能性が大きく広がる、と確信しています。

 

だからこそ、
英語を使いこなす人口が10%でも増えれば
世界で活躍できる人間が増えて
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
その方法論をまとめた電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(これだけで点数が上がったとの報告も)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
期間限定での公開なのでお見逃しなく!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. mind

    英語メールで見えてきた書き方以上に伝えたいもの

    こんにちは、ベルです。 先日、外資企業の方とメ…

  2. 勉強法

    【保存版】英語初心者でもペラペラと話せた5つの裏技方法

    こんにちは、ベルです。英語の構文を学んでも、ネイテ…

  3. business

    企業と英語力の関係

    こんにちは、ベルです。 今回は英語力を上げている企業がどんな取…

  4. mind

    【当日に慌てない】TOEIC前日にするべき対策!!

    こんにちは、ベルです。あなたは、これまでにTOEI…

  5. 勉強法

    保護中: 英単語を暗記する時は音表象からマスターするべき!!

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  6. おススメの本

    右脳で英語の勉強が出来る金のフレーズ!

    こんにちは、ベルです。 金のフレーズこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。
  2. business

    英語を勉強しない時にも英語力がどんどん上がった話
  3. mind

    気持ちで負けるな!やる気がでない原因は!?
  4. diary

    【2018年版】最強の翻訳アプリを調査してみた
  5. diary

    感動。『タイタニック』の名言を6つのシーンで振り返る!
PAGE TOP