英語脳

勉強法

【確定版】金のフレーズの使い方!点数を底上げする勉強方法

この記事は10分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

僕自身が金のフレーズこと金フレを買ったのはちょうど半年前で、
その間に金のフレーズとTOEICの対策模試とを同時に進行していました。

 

金のフレーズは何周か勉強し終わりましたけど、
使い方間違えたらすごく損する!
とも思いました。

 

正しい方法でしっかりと勉強してほしいと思い、
警鐘を鳴らしたいと思います。
そこで今回は金のフレ―ズを攻略する正しい方法を書いていきます。

 

TOEICの点数を600点にしたい方はコチラからどうぞ。


 

勉強の流れ

リスニング

金フレには独自の音声が作成されていて、これを始めにダウンロードしてください。
この音声教材は、別に購入者でなくてもダウンロード出来ますが、
勉強の効率・効果が半減してしまいますので是非、
テキストの方も購入することをお勧めしております。

 

英語の勉強において、効率を重視することが
何においても最優先すべきことです。
これは、かなり大事なことで、
僕がこのブログを通して言っている事でもあります。

 

リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング
どの能力を伸ばそうと思っても、
効率を重視していなかったら、
その勉強はただの蛇行した作業になってしまっています。

 

短期間で、スコアを伸ばそうと考えている
(諸刃の剣の様な短期間の記憶力でなくて、しっかりとした長期的な目線)なら
効率を考える様にしましょう。

 

コチラのリンクから音声をダウンロードすることが出来ます。

 

TOEICって和英問題が出るわけではないので
金のフレーズの様に日本語から英語を推測するような問題が
TOEICにそのまま直結する事はありませんが、
根本的な力をつけるためにはうってつけです。

 

 

勉強している間に思ったことは、
「これ、金フレの単語に載ってたやつやん!!」とか
「類語に載ってたやつがそのまま問題として取り上げられているやん!」
って単語が多いことです。
しかもどのパートでも、金フレに載っている単語が出てきます。

 

 

つまり、金のフレーズを使っているだけで、
Part1~7の全部をカバーできる代物なんです。

 

 

更に金フレでは単語が組み合わさって
意味をもつまとまりとして例文が
作られているため、瞬時に英文を把握する力を
身に付けることが出来ます。

 

この意味を捉えながら発音の練習を重ねれば
ますます瞬時に英文を把握できるため、
速読が可能になります。

 

日本人が発声しずらい単語の発音の仕方はコチラから


 

リスニングの速度

このリスニングでは速度を速めたり、遅めたりすることが出来て、
速度を速くするときは、出来り限り数をこなすことを意識します。
その際にシャドウイングすることを忘れない様にしましょう!

 

速度を遅めた時は解説の欄を読んだり、単語を書き取ったりして
同時に手を動かしていきます。

 

 

○、△、×

リスニングをしていると○、△、×を付けることが出来て
次回からの参考に出来るんですが、
これってマークつけない方がいいんです。

 

 

というのも、聞いて知らなかった単語があったら×つけますよね。
その際にせっかく集中していた状態なのに、
目線はスマホに移ちゃって他の情報も取り入れることになります。
なので余計なエネルギーを使うことになります。

 

また記号をマークする時、実は左脳を使っているですよ。
リスニングをしている時は右脳を使って覚えているので、
頭をフルに回転させています。
これまたエネルギーを無駄に使ってしまう原因になっています。

 

 

リスニングをするときに、マークつけることはやめましょう。
どうしてもマークをしたいなら2、3週目に書き取りもしながら
勉強する時にマークするようにしましょう。

 

 

初めて見た単語を知らないのは当然なことで
再度勉強した時にその単語が
ちゃんと記憶できているのかの確認にもなります。

 

英訳

しばしば、物事を逆にやると大きな生産性が得られることがあって、
例えば、筋トレするときにタンパク質だけを多くとるんじゃなくて、
糖質が必要になるんですよ。

 

というのも、摂取しすぎた糖質は太る原因であったり、
体に悪い代名詞になりますが
体を絞った後に、糖質があるだけで
いち早く体のエネルギー源になります。

 

そして、タンパク質を合成する際にも糖質は使われるため、
むしろなくてはならない栄養なんです。

 

そのため、同じ様に食事制限してダイエットをする際にも
糖質が必要なため、糖質を制限しちゃうと、
逆にエネルギーを燃焼するガソリンが
無くなりますので体重って落ちないんです。

 

と、話しが肉体を鍛える方向に傾きましたけど、
要は、一方通行だけでなくて、逆方向にも進んでみようよ!
ってことです。

 

金フレのリスニングでの手順は
単語→日本語で例文→英語で例文
の勉強が出来る三点セットです。

 

 

そのため毎回、日本語の例文が必ず種明かしされた状態で
英語を覚える手順なので、
英語を読んだだけで意味が分かるか怪しい。

 

 

という状態になってしまうんですよ。
日本語が読まれるからと分かった様な気になり、
実際のテストで同じ単語が使われていた文章を読んでも、
「勉強してた時には分かっていたのにな・・・(;^ω^)」

 

となり、「勉強しても意味ないじゃん」
という悪い流れを作ってしまいます。

 

 

これを回避するためにも
逆方向に勉強してみよう!!
ってことです。
逆転の発想が大事なんですよ。

 

 

ここでいう逆っていうのは、
日本語で例文→英語で例文
で覚えていた例文を
英語で例文→日本語で例文を推測して単語確認

 

と、英語を先に読むことで本当に
力がついているかをチェックしましょう。

 

 

でもですね、出来た気にさせられるところが
金フレのいいところなんです。

 

 

どういう事かというと、リスニングを聞きながら勉強していると
スピーディーに進んでいってしまうので、
語句に関する解説の欄をほとんど読めないくらい
リズムカルに次の単語に進んでいくんですよ。(笑)

 

 

なので、テンポよく単語に目を通すことが出来るんです。
これにより、出来た気にはしてくれるんですが、
本当に吸収できたのかは英語を先に読むことで
確認しないといけません。

 

 

単語って結局のところ、
数をこなして頭に染み付かせていかないと覚えれません。
染み付いた単語を読んだだけでイメージできてこそ、
「出来た」の状態なんです。

 

 

なので、リスニングのスピードをアップして
繰り返して何周も勉強することで
より効率的に勉強することが出来ます。

 

 

右脳式に楽に勉強する方法についてはコチラから


 

 

ベル

まとめると、

1回目はリスニングをしながら勉強して、テンポよく進めていく
2回目はリスニングの速度を速めて再度聞きまくる
3回目は遅くして書き取りもしながら解説の欄を読む
4回目は逆転のやり方で和訳していく

という流れです!

 

 

勉強時間帯

夏になったら、露出が増えるからと、
筋トレや食事制限をする人も多くなったり、
冬には、マラソンのために走ったりと
時期毎に体の部分部分を鍛えると思うんですが、

 

英語の勉強をして脳を鍛えるにはそんなのは関係ありません。
むしろ、一日の中でどの時間帯に勉強すればいいのかを
考えていきましょう。

 

夜に勉強する夜活派か
少し早く起きて勉強する朝活派かを
調べたところ、夜活派の方がやっぱり多いです。

 

 

なんなら僕が今まさにこの記事を書いている時間帯は夜です。(笑)
夜は、静かだし集中するにはうってつけです。
なので、夜に勉強してゾーンに入ることもいいんですが、
朝もオススメしていきたいと思います。

 

 

多くの働く&勉強する人達にとって、
夜とは、昼間に多くのことを判断しているため
頭が休憩したい時間帯でもあります。

 

 

過去に受験勉強したせいか、夜に勉強した方が、眠くないし、
夜風が涼しくて勉強の環境が整っていると思いがちなんですが、
脳の環境は朝の方が圧倒的に良好なんです。

 

 

「早起きは三文の徳」といいいますが、
人によっては、三文どころの徳ではありません。
数百万円は得するかもしれなんですよ。

 

どういうこと??
ってなりますよね。

 

英語力をつけるだけで、
年収がアップする人は多くて、
年収が700万円以上ある人は半数が英語の習熟度が高く、
年収が500万円未満の人は5人に1人しか英語の習熟度が高くないんですよ。
参考リンク

 

つまり、朝早起きして英語の勉強をするだけで
年間200万円の差が出てきます。

 

この差が生涯にわたって開いていたら
それだけで大変な数字になることが分かります。
英語力は客観的な評価がされやすいところなので
アピールしやすく、年収もあがりやすいです。

 

でも、夜に勉強することにも良いことがあって、
それは、勉強してから寝ると、インプットした情報を整理してくれます。
つまり、寝る前に勉強することで
長期的に覚えることが出来るんです。

 

 

なので、一番判断が正常な朝にがっつりと勉強して、
同じ日の夜に同じ範囲のつまずいたところを
軽く復習すると、忘れにくい長期的な記憶が出来るわけです。

 

 

朝と夜の勉強の特徴をしっかりと押さえたうえで
どの時間帯に何を勉強するかを決めていきましょう!

 

暗記するコツに関してはコチラから

 

一日の勉強時間

目標と達成するまでの残り時間にもよるため
一概に決める事は出来ませんが、
あなたがTOEICで600点を目指していて
100点以上伸ばしたいなら100時間は英語に触れていたいですね。

 

もし1カ月しか時間がないなら
100(時間)÷30(日)≒3(時間)
ということで
一日三時間は英語に触れていきましょう。

 

毎日続けて勉強していたら
一日にかける時間は多くなくてもいいんですよ。
時間が無かったら1日10分とかでも構いません。
続けることが大事です。

 

 

むしろ、やらなかった分を後日に時間を取って
まとめてやることは避けた方がいいです。
そのため、習慣化するってことが必要になってきます。

 

 

習慣化するコツについてはコチラからどうぞ。

PR.今までのノウハウを全部つぎ込んだ「短期間で英語力が向上する」書籍を今だけ無料で読めます

初受験でTOEIC満点を取り、
10年海外に滞在した経験から導かれた

英語の本質的な勉強法を大公開!
ここでは言えない「秘密のプレゼント」がついてきます。

 

「TOEICの点数を上げたい!


「単語の効率的な勉強の仕方を知りたい!」


海外ボランティアに行きたい!」

「海外アーティストの情報をいち早くキャッチしたい!」


学生だけど英語の勉強いるの?」

暇な時間に英語の勉強をしたい!」
 


自分の可能性を広げるために英語の勉強して海外に行く!」

 

「留学費用が高いから国内で英語の勉強をしたい!」

 

などなど、多岐にわたって解説し、
すぐに「英語力」がアップするロジックを
再現性の高いものにまとめました。

 

短時間で英語力を上げる体系本
全44ページの大ボリームを
読むだけで英語学習が劇的に変わるでしょう。

 

電子書籍の受け取りはコチラから

 

メルマガもやっているので、
日々の英語力を英語力を上げたい時に
参考にしてください。

 

メルマガでは、英語力を上げる「より詳しい方法」や
ブログでは公開できないような「ここだけの英文」
新鮮で旬な「情報」を発信しています。

 

「英語を楽しみながら勉強することが出来た!」と
感想を頂くこともあります。
是非、日々の英語学習に役立ててください。

 

メルマガの登録はコチラから出来ます。

 

1日に1通程度の軽い量なので、
サクッと読むだけでもかなり力がつきます。

夢をかなえるため、一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

関連記事

  1. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術

    こんにちは、ベルです。 僕の住んでいるところから新幹線で東京に…

  2. mind

    TOEIC当日の飲み物と食べ物|注意点10つ!

    こんにちは、ベルです。TOEIC当日の飲食物ってい…

  3. 勉強法

    英語の発音が簡単に上達する!正しい発音の仕方5選

    こんにちは、ベルです。 僕の研究室には多くの留…

  4. 勉強法

    TOEIC Part5が苦手でも高得点に。解き方の解説【新形式対応版】

    こんにちは、ベルです。 今回は新形式になったT…

  5. 勉強法

    1カ月でTOEIC点数を大幅に上げるためにするべき3つの事

    こんにちは、ベルです。あと数日で4月になり、もう新生活が始まります…

  6. business

    英語を勉強しない時にも英語力がどんどん上がった話

    こんにちは、ベルです。 目標を達成した後 (例えばTOEI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. mind

    英語メールで見えてきた書き方以上に伝えたいもの
  2. 大学生の英語

    【学生必見!】取得したい英語資格
  3. 留学

    実際のところどうなの?学生が行くオーストラリアへのワーキングホリデー
  4. mind

    【速読】英語を速く、正確に読めないってすごく損してない?
  5. 勉強法

    英語の発音が簡単に上達する!正しい発音の仕方5選
PAGE TOP