英語脳

勉強法

TOEICの結果が遅い。いつ届くか不安になるのだが。なぜ時間がかかるのか?

どうも、こんにちは、ベルです。

僕は大学院に進学するめに
必死でTOEICを勉強していた時期があるのですが、
TOEIC公開テストを受けてから結果が届くのが遅いため、
そわそわするし、不安になってました。

 

大学院に進学は、
TOEICの結果が大きく響くため
いち早くTOEICの結果をが知りたいと思っていたんです。

 

その時は、大学院に合格しなければ
人生が終わるというレベルで追い込まれていたので
不安の度合いといったら、そりゃハンパないです。

 

無神論者なのに、神様頼みになったり、
神社に行って、お賽銭をいれたり、
TOEIC側のミスで、高得点にならないかな~
とかアホみたいなことを考えていました。

 

というか、それくらい切羽詰まっていたので
短い勉強期間で英語力を上げる事に魅力を感じていたんです。

 

で、そのためには、
英語の勉強戦略を考えたら

英語を英語のまま理解する英語脳を
身に付けられることを知っていきました。

これについては後程
記事を更新していきたい思います。

 

で、今回は、
TOEICの結果遅いんだけど?
いつ届くの?
そもそもなんで遅いの?理由は?

ということについて話していきたいと思います。

 

TOEICの結果はいつ届くのか?

TOEICを受験してから結果が分かるまで
3週間~4週間かかります。

少し時間がかかってから
郵送がネットかで結果を確認することができます。

 

ネットだと少し早めに結果が分かりますし、
郵送で送られてくるときは、
少し遅めです。

 

では郵送と、ネットのそれぞれを
詳しく解説していきますね。

 

ネットでTOEICの結果を見る場合

ネットでTOEICの結果を見る時は、
およそ、22日後あたりから見れるようですね。

 

つまり、4月1日に受験したら
4月23日(月)からとなっています。

 

つまり、約3週間後の月曜日に結果が分かります。

(参照:TOEIC公式サイト

テストの結果は、公式認定証の発送予定日の約1週間前にインターネット上で表示されます。

 

約1週間前とあるのは、
結果が郵送で送られる4週間後の1週間前のことです。
つまり、TOEICを受験してから22日後になります。

 

ただし、インターネットで確認する場合は、
「テスト結果インターネット表示」を
「利用する」という項目を選択する必要があります。

 

郵便でTOEICの結果を見る場合

TOEIC公開テストの結果は、
インターネットで見た方が確実に早いので、
郵便で確認する方は少ないと思いますが、
ネットで確認できない場合もあるので
一応説明しておきます。

 

郵便で届くのは、
ネットで開示されてからおよそ1週間後くらいです。

 

つまり、TOEICを受験してからは、
4週間もかかっていました。

 

僕は、ネットで確認していたけど、
郵送されるまで本当に点数が合っているのか
そわそわするメンタルの弱さですw

 

うおっぉおお
もっと早く発表してくれぇえ。
と願いつつ、ネットで確認してから1週間、
公式認定証で正式な結果が届くのを待っていました。

(参照:TOEIC公式サイト

テスト結果はOfficeak Score Certificafte(公式認定証)として試験日から30日以内に発送致します。

 

30日以内とありますが、
4週間たてば大体は、届きます。

 

TOEIC IPテストも結果発表が遅いのか?

TOEIC IPテストの結果は
公開テストに比べると
あり得ないほど早く結果発表されます。

 

公開テストが3週間かかるのに対して、
IPテストは5日後に結果が分かります。

 

いや、IPテスト早すぎでしょw

 

しかも、試験会場は、
大学内や、企業の1部屋などの
なじみの場所で受けられるんですよ。

僕のように、
新しい場所でそわそわしてしまうし、
結果が遅くてそわそわしてしまう人にとって、
なじみの場所で受験できるのはとても嬉しいです。

 

IPテストの結果が早い発表される理由は、
解説すると長くなるので

次の記事にまとめました。

 

また、この記事では、
公開テストよりも
IPテストを受けた方が
良い理由についても語っています。

 

TOEICはなぜ、結果発表が遅いのか?

じゃあなぜ、TOEIC公開テストの結果発表には
およそ1ヵ月も時間がかかってしまうのか?

 

というと、TOEICの結果は、
参加者のスコアを分析して、問題の難易度や、
採点の信頼性を測定しているようです。

 

これにより、
粗悪な問題は、点数に加算されませんし、
良問のみが採点の対象になるので
実力通りの点数が発表されるのです。

 

こういった分析があるから
結果発表が遅くなってしまってたんですね。

(参照:公式TOEICサイト

にしても、
人員を増やすなり、仕事を速めるなりして、
結果発表を早く出してほしいです。。。

 

結果によっては、次回のTOEICも
受けないといけないし、
対策するための時間もいりますからね。

 

 

次回のTOEICまで時間がない問題

TOEICは年間で10回しか開催していないので
およそ1ヶ月毎に開催しています。

 

で、前回のTOEICの結果を確認するのに
ネットでも3週間かかるので、
どこが悪くて、どうやって対策していけばいいのか?
の時間がほぼないのです。。。(泣)

 

だから、結局、
2ヶ月ほど先のTOEICを受けようかな!
と決めて、その間にTOEIC対策をすると思います。

 

この期間中にどうやって勉強するのかで
TOEICの結果は大きく変わっていくので、
勉強の戦略を立てることはとても重要になってきます。

 

僕は、今でこそ英語学習アプリを作ったり、
企業に英語を教える教師となりましたが
以前までは、英語が苦手な大学院生でした。
(TOEICの結果が良かったので大学院生になってました。)

 

そんな元英語嫌いが
英語を勉強するときに必要な知識をまとめた
電子書籍を販売しました。

 

現在なら期間限定で無料で読めます。
興味あればこちらからどうぞ。

期間限定の電子書籍を受け取る

 

まとめ

TOEIC公開テストを受けたら
辛抱強く結果を待つしかないようです。

 

でも、その期間は、
モチベーションが下がりがちなので
TOEIC以外の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、英語で話す練習だったりとか、
英語を英語のまま聞き取る練習だったりとか。

 

TOEICの点数を上げることも重要ですが、
やっぱり英語は言語なので
自分の気持ちを伝えることも重要です。

 

そして、英語で自分の気持ちを伝えることは
思っているほど難しいことではありません。

 

カタカナ英語でも十分に気持ちを伝えることが出来ます。
例え、TOEICの点数が低くても心配しなくても大丈夫です。

科学的に正しい英語勉強法をまとめた990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、990円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい勉強法」
を期間限定でプレゼントしています。

書籍ではたくさん感想を頂き、
「習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
丸暗記をやめても伸びた方法は何か?
これらを具体的に紹介しています。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は関係ないです。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどの英語力になりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語が苦手で基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、日本にいながら英語を習得し
日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

これまでの経験から、
生まれた環境は選べなくても
正しい勉強法さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。

今では後進育成のため
セミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者で集まって懇親会もやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

ストーリを交えた内容なため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいてる自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 勉強法

    読むだけで誰でも出来る!正しい「インプット」と「アウトプット」

    こんにちは、ベルです! 「インプット」と「アウトプット」は英語…

  2. 勉強法

    TOEICのフォームは会場によって違う!?難易度が違い、点数も変わるのか?

    こんにちは、ベルです。TOEIC初心者の方は、知らないと思いま…

  3. 勉強法

    【保存版】金のフレーズの使い方!TOEICの点数を底上げする勉強法

    こんにちは、ベルです。僕自身が金のフレーズこと…

  4. 勉強法

    英語をやり直し学習する時の方法をシンプルに説明してみた

    こんにちは、ベルです。今回は、これから英語をやり直…

  5. 勉強法

    三日坊主を克服した人が本気で教える改善策5つと根本的な原因。

    こんにちは、ベルです。今日は、三日坊主の克服方法を書いていきます。…

  6. 勉強法

    Goeigoの評判は?宗教に勧誘される? 無料英会話教室の実態を探る。

    こんにちは、ベルです。4月のプレジデント・オンライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. 勉強法

    英語のアウトプットが苦手な人でも効率的に学ぶ勉強法
  2. business

    TOEIC IPテストは就活で使えるのか?気を付けるべき3つのこと
  3. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?
  4. 勉強法

    TOEIC文法特急を最も効率よく使う勉強法!
  5. 勉強法

    英語をやり直し学習する時の方法をシンプルに説明してみた
PAGE TOP