英語脳

勉強法

英語学習のモチベーションを今すぐ簡単に上げる10の方法

こんにちは、ベルです。

僕のメルマガ読者に
英語の悩みを聞いたところ
第1位は「モチベーション管理」という事が判明しました。

 

モチベーションは、
英語学習するうえでとても大事ですよね。

 

更に言えば、
モチベーションは大事な資源です。

 

しかし、英語を勉強していくうちに
昔の情熱が無くなっていることもありますよね。

 

「なんであんなにモチベーション高かったんだろう?」
と自分自身でも理由が分からず、
モチベーションが下がっていることもあります。

 

逆にいえば、キッカケさえあれば
すぐにでもモチベーションを上げることは可能です。

 

僕は企業や、社会人に英語を教えているので
モチベーションの管理はとても意識しています。
先日も、モチベーションで悩んでいた
生徒と1時間くらい電話で話していました。

 

初めの方は、
「サボってしまう。」
「やる気が起きない。」

 

とかなりモチベーションが低い状態だったんですが、
電話し終わった後は、

「めっちゃやる気になった!」
「今からすぐにでも勉強する!」

と、人が変わったかのように、
モチベーションが上がりました。

 

今回の記事は、
僕の生徒がどうやって
英語学習のモチベーションを上げたのか?

また、下がった原因と改善策について話していきます。

 

この記事は、僕自身のモチベーションが下がった時の対策として、
モチベーションを上げるためにも本気で書きました。

 

モチベーションが下がる理由

そもそも、なぜモチベーションは下がるのか?
これを知らないと、例え
モチベーションが上がっても、それは一時的なものになります。

 

モチベーションを維持するためにも
下がる根本的な原因を知っておく必要があります。

 

まず、下がる理由は3つ考えられます。

 

英語学習が習慣化していない

まず、習慣化してないため、
三日坊主になるというのが原因の一つです。

 

三日坊主は誰もが経験するボスキャラです。
このボスの前に倒れる人が
今まで何人いたのやら・・・。

 

英語を習慣化する前に
モチベーションが下がってしまって、
勉強しなくなってしまう人は
およそ50%と言われています。

つまり、半分の人はここで脱落しています。

 

英語を勉強しようと思って
ホコリが被っている参考書や単語帳ないですか?

 

書店で見かけた時は、
やる気満々で買ったのに、
部屋について、勉強してみるも、
段々と飽きてしまった参考書ありませんか?

 

逆に言えば、ここをクリアできたら
半分以上の人よりも先に進めるわけです。

 

ピンチはチャンスていいますけど、
自分のピンチはだいたいみんな
同じ経験をしたことがあるわけです。

 

ピンチをクリアするたびに、
他の人よりも一歩だけ前へ進むことが出来ます。

 

僕の場合は、他人と競争するより、
自分に勝ちたかったというのもあります。

 

昨日の自分が1時間勉強したのなら
今日は、1時間以上は勉強しないと、
自分に負けている気がして嫌でした。

 

自分に負けない。
これを心に刻んで1.1倍はやるようにしていました。

 

そうすると、段々と
勉強することが当たり前になって
習慣化していくんですよね。

 

勉強を習慣づける方法を
もっと知りたい時は
こちらにまとめました。


英語を勉強しても刺激がない

英語学習を習慣化すると、
次のボスが待ち構えています。

それが、
「楽しい」と思わなくなるボスです。

 

これは英語を勉強するうえで致命的です。
しかし、英語学習を習慣化した
大体の人は経験あると思います。

 

だから、どんなに英語ができる人でも
モチベが下がる時はあります。

 

刺激がなくて「楽しい」って思えないんだからw

 

これは、いい意味でも悪い意味でもです。
勉強が作業みたいになっちゃうんですよね。

 

初めは知らないことが知れて楽しい!
状態だったのに、いつのまにか、
これも知っている。それも知っている。となり
作業ゲーのようになってしまいます。

 

どんなにステージが上っても
モチベーションを下げる要因は
必ずどこかに潜んでいます。

 

ボスって絶対にいますからねw
ワンピースみたいな感じです。

 

イーストブルーにもボスはいるし、
新世界に入ってからもボスはいます。

 

そんな時の対策は、
自分の根っこの部分
「なんで、英語を始めたのか?」

 

これを思い出してみて下さい。

 

英語を勉強する時は、
欲望に従順なくらいがちょうどいいです。

 

カッコよくなたい、とか
収入増やしたい、とか
新しいこと知りたい、とか
自信をつけたい、とか

色んな理由があります。

 

僕のメルマガ読者に
英語を勉強する理由を聞いたら
意外な答えになったので記事にまとめました。

 

無駄なことをしている

3つ目は、成長を実感できないからです。

つまり、
今の勉強法に「無駄が多い」です。

 

日本人は、勉強法次第で
英語を話すことが出来るし、
外国人に自分の気持ちを伝えることが出来ます。

 

それこそ、家族ぐるみで付き合えるレベルになります。

 

僕が英語を教えた生徒たちは
元々英語に自信がない人ばかりですが
中には、アメリカ人と仲良くなって
休日には家族同士でお付き合いしているみたいです。

 

無駄がない英語の勉強法さえ知れば
そもそもモチベーションが下がることはなくなります。

 

いくら勉強しても
英語力が伸びないのは苦痛でしかないですからね。

 

例えば、世の中一般的には
英語力が伸びると言われている方法が
実は地雷だったとかは普通にあります。

 

無駄な方法で学んでいたら
成長を実感なんかすることはありえないわけですから
モチベーションがただ下がるだけです。

 

だからこそ、正しい勉強法を知りましょう。
勉強法については長くなるので
メルマガで話しているので興味あれば
記事の一番下から登録しておいてください。

 

モチベーションを一瞬で上げる方法

モチベーションが下がる方法を知ったところで
次は、モチベーションを上げる方法です。

 

若干、先ほど話してしまっていますが
具体的に3つ話していきます。

 

新しい刺激を用意する

今までの勉強で刺激を感じないのであれば
新しい環境を用意した方が良いです。

 

新しい参考書を買うなり、
新しい先生を見つけたり、
新しい勉強場所を見つけたり、

色々とあります。

 

しかし、劇的に英語力を上げたいのであれば、

劇的に環境を変える。

ということをおススメしています。

 

つまり、
勉強法を劇的に変えることで
劇的に英語力は伸びます。

 

例えば、
留学に行って英語力が伸びるのは
劇的に環境が変わるからです。

 

(留学に行ったのに英語力が伸びていないのであれば、
日本人と過ごす時間が多かったからです。)

 

とはいっても
英語力を伸ばすのに、
大金を用意する必要もないし、
国外へ行く必要もありません。

国内にいても十分に英語力を上げることはできます。

 

自己効力感を上げる

自己効力感というのは、
根拠のない自信のことです。

 

根拠はないんだけど、
なんだか自信満々な時ってないですか?

 

「デザートは別腹だ!」
というのも根拠のない自信です(笑)

 

昔、上手くいったことがあるから
なんとなく、今回も大丈夫そう、という
成功体験を思い出すと自己効力感は高まります。

 

つまり、
モチベーションを上げるためには
上手くいった回数を増やせばいいわけです。

初めの成功体験はなんだって大丈夫です。

 

「机に座った」だけでも
成功体験なわけです。

「座った」から「参考書を開いた。」
だけでも成功体験です。

 

ようは、
人によってハードルが違うってことです。

 

完璧主義だとこういった感覚が分かりずらいと思います。
100%じゃないと、納得できないわけですから。

 

もちろん完璧主義は必要ですが、
こと英語においてはいりません。

 

むしろ、成長を妨げるので
早く消した方が良いレベルです。

 

成功体験を積むことで
根拠のない自信は得られます。

完璧主義は早く取っ払っちゃいましょう。

 

 

王道の勉強法をする

僕は言語学、脳科学、
そういった視点で英語を勉強したおかげで
TOEICの点数が短期間でも一気に点数が伸びていきました。

 

具体的に言うと、
1ヵ月で400点から600点になり、
2か月で600点から800点に上がりました。

 

僕が才能やセンスがあったから
この結果になったのではなくて、
むしろ、僕は劣等生でした。

 

僕は英語が嫌いだし
苦手で点数も取れないような劣等生で、
英語のせいで志望大学も変更しました。

 

そんな劣等生でも
英語力を短期で上げて
外国人と話すことができるのです。

 

僕が周りと違ったところは、
抽象的な視点で英語を学んだということだけです。

 

「言語学」や「脳科学」を
初めて聞くと、なんだか難しく感じるかもしれません。

 

しかし、それは成功体験を積んでいないから
難しく感じているだけであって、
英語には型があるので難しくありません。

 

まずは型を知って、繰り返し練習し
少しずつ成功体験を積めばいいのです。

 

モチベーションを長期的に維持する方法

モチベーションを維持する方法は3つあります。

 

ルーティーンにする

習慣化と言われても、
パッとしない人もいると思います。

 

英語学習は「毎日やらないとダメ!」
と散々、言われてきますからね。

 

じゃあ、習慣化とはそもそも何か?
というと、自然と勉強を取り組むことです。

じゃあ、どうやって自然に勉強に取り組むのか?
というと、決まった動作があるのです。

 

スポーツで言う、
ルーティーン」と呼ばれるやつです。

例えば
「コーヒーを飲む」
とかでもルーティーンになります。

 

勉強をする前に決まった動作をすることで
集中力も上がるし、勉強の効率も変わってきます。

 

同じ場所で勉強する、
同じ服で勉強する(制服など)
筋トレの後に勉強する
同じドリンクを飲む
いつものペンで勉強する
同じ参考書で勉強する

というのも、
ルーティーンになります。

 

簡単で大丈夫ですよ。
複雑なルーティーンは必要ないし、
難しく考えなくても大丈夫です。

 

具体的な経験談は次の記事にまとめました。

 

 

モチベーションの高いYoutuberをみる

僕自身、モチベーションが低くなった時は、
尊敬している人の動画や、考え方、思考に触れまくっています。

 

そういった意味でも、Youtubeで動画を見ることは、
隣にいるかのように話を聞けるので
とてもコスパが良いことです。

 

因みに僕も英語学習をしている人に向けて
動画を配信しているので良ければ見て下さい。

 

メルマガでも通知をするのですが、
よく、モチベーションが上がりました!
と報告を貰う人気の動画です。

ベルのYoutube動画をみる

 

カラーバス効果で英語の情報感度を高める

人間の頭は、面白いことに
意識していることしか認識しないようになっています。

 

 

たとえば、部屋にある赤色を探そうと思ったら
途端に、赤色が目立って見え始めます。

 

この様に、一つだけ集中することを
カラーバス効果と言われています。

 

つまり、求めている情報がはっきりしていれば
密度の濃い学習ができるわけです。

 

あなたがどんな目標で勉強していて
どんな勉強が必要なのか?
そのためには、どんな戦略が必要か?

 

これをしっかりと決めるだけでも
カラーバス効果が働いて、
モチベーションは上がります。

 

それこそ、集中力も上がるので
英語以外にも、他の勉強をしている時でも
勉強の戦略は考えるようにしてみて下さい。

 

名言でモチベーションを上げる

僕がモチベーションを維持するために覚えている
たった1つの言葉を紹介します。

 

「 思考を変えれば、言葉が変わる。」

「 言葉が変われば、行動が変わる。」

「 行動が変われば、習慣が変わる。」

「 習慣が変われば、性格が変わる。」

「 性格が変われば、運命が変わる。」

 

この言葉はマザーテレサが言った言葉なんですが、
僕の運命を大きく変えた言葉でもあります。

 

まとめると、モチベーションというのは、
全ての土台であり、全ての基礎なのです。

 

僕はモチベーションが高い時は
習慣も、性格も180度回転したかのように成長します。

 

さらに、モチベーションが高い状態は、
新しい知識を身に付けようと更に学んで、
学んだことをもとに、社会に貢献して
さらに刺激ある人と会えるので本当に楽しいです。

 

英語を学ぶということは
今後ますます社会に影響を与えることなので
学び、活躍することで感謝されることは本当に嬉しいし、
更にモチベーションが上がっていくという好循環になりました。

 

教えていく中でドンドンと人脈が開拓されていき、
自分よりも思考レベルが高い人の思考に触れて
僕自身の思考が変わるから運命までも変えられる。

 

言い換えたら、運命なんてものは
思考次第で、何時からだって、
いくらでも変えれるのです。

 

本でモチベーションを上げる

僕が英語を勉強していて強く思うことは、
才能やセンス、環境は関係ないということです。

 

僕自身、環境には、
恵まれていませんでした。
まさに劣悪な環境で育ち、
英語の能力は下の下です。

 

しかし、そんな劣等生が
勉強戦略を立てて勉強したところ
TOEICの点数は上がり、標準的な英語であれば
ハッキリと理解できるし、自然な英語が話せれます。

 

先日、その勉強法を電子書籍にまとめ
出版したところ反応が大きく、
瞬く間に人気になりました。

 

現在だけ期間限定で、無料にて読むことが出来ます。
詳細は、以下に書きました。

 

正しい英語勉強法をまとめた1500円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、1500円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい勉強法」
を期間限定でプレゼントしています。

書籍ではたくさん感想を頂き、
「三日坊主な私がここまで続けられるとは。習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
丸暗記をやめても伸びた方法は何か?
これらを具体的に紹介しています。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は関係ないです。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどの英語力になりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語が苦手で基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、日本にいながら英語を習得し
日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

これまでの経験から、
生まれた環境は選べなくても
正しい勉強法さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。

今では後進育成のため
セミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者で集まって懇親会もやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

ストーリを交えた内容なため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいてる自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 勉強法

    三日坊主を克服した人が本気で教える改善策5つと根本的な原因。

    こんにちは、ベルです。今日は、三日坊主の克服方法を書いていきます。…

  2. 勉強法

    TOEIC文法問題を10つの勉強法で完全攻略!【練習問題で徹底対策!】

    こんにちは、ベルです。僕は勉強法を徹底的にブラッシュアップした…

  3. mind

    【保存版】TOEIC600点を1ヶ月でとる最短勉強法

    こんにちは、ベルです。 TOEICで600点を…

  4. 勉強法

    TOEICのフォームは会場によって違う!?難易度が違い、点数も変わるのか?

    こんにちは、ベルです。TOEIC初心者の方は、知らないと思いま…

  5. 勉強法

    TOEICの結果が遅い。いつ届くか不安になるのだが。なぜ時間がかかるのか?

    どうも、こんにちは、ベルです。僕は大学院に進学するめに必死…

  6. 勉強法

    【無料】TOEIC解答用紙(マークシート)をダウンロードして書き込みする

    こんにちは、ベルです。TOEICの問題を解く時にいちいち、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. life

    日本という無人島
  2. 勉強法

    【無料】TOEIC解答用紙(マークシート)をダウンロードして書き込みする
  3. 留学

    留学のメリット|英語を話せるようになって差別化しよう!
  4. diary

    酵素ファスティングでダイエットを成功させる3ステップ
  5. diary

    【反面教師】英語で後悔したこと
PAGE TOP