英語講師ベル英語講師ベル

【執筆者】
英語講師ベル

チェックマークTwitter(X)のフォロワー約2万人

チェックマーク英語講師歴7年。カナダ留学中に英語指導する資格を取得

チェックマーク外資系企業へ転職サポートで、メルマガ登録者5,000人以上

チェックマーク作成した英会話アプリTalk Trainerが地上波テレビの取材を受ける

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ベル(@bellthrough)です。

1年間、留学に行って、
外国人とも話せるようになったから
英語力が上がったぞ!

と意気込んでTOEICを受験してみたところ
高得点が取れずに悩んでいませんか…?

 

リーディングの時間が全然足りないし、
答えもさっぱり分からないし、
留学しに行った意味あったのかな…?

と落ちこんでるかもしれませんね。

 

というのも、
留学に行った周りの人たちは、
800点や900点をとっているのに、
自分一人、なぜ低い点数を取ってしまったのだろうか‥‥。

と周りと比較したら
自暴自棄になって、
更に目の前が真っ白になります。

 

僕も大学生のころは
周りが高得点を取るなか
僕ひとりだけがTOEICスコア400点前後しか取れずに
とても苦しい思いをしました。

なので今回は、なぜ留学したのに
TOEICの点数が伸びないのか?
その原因と解決策について話していきますね。

留学してもTOEICスコアが伸びない理由

英語力とTOEICの点数は違う

まず大前提に、
TOEICのスコア=英語力ではありません。

英語力が高いネイティブでさえ
TOEICで満点を取ることは出来ないし、
700点代の方もいます。

 

じゃあ、なんで、英語が出来る外国人でさえ
TOEICで高得点を取れないのか?
というと、

答えは簡単で「慣れていない」からです。

英語力の問題ではなく、
TOEICの問題形式に
ただ、慣れていなかった。

 

だからネイティブだろうが、
留学して英語ペラペラになった人だろうが
TOEICのスコアが低くなっています。

ということは、
TOEICの問題形式に慣れれば
高得点をとれるということです。
(基礎が身に付いていれば。)

ではTOEICの問題に慣れ、
そして劇的にTOEICの点数を高くする方法を
紹介していきますね。

集中力が続かない

試験時間に対して、
TOEICは問題数が多いので、
2時間しっかりと集中できないと
高い得点は取れません。

留学とは違って、試験を受ける時は、
試験監督が周りをウロチョロするわけです。

気が散ることも
あらかじめ考慮しておいた方がいいです。

 

そのためにも、
集中力が下がらないように
公式問題集や参考書でTOEIC対策して

どれくらいのペースで進めればいいのか?
どこに重きを置いて集中すればいいのか?

といったことを知りましょう。
まずは知ることが大事です。

 

どんな問題が苦手だとか、
どんな問題が頻出なのかとか、
どんな単語が出てくるのか?

などなど。

TOEICはビジネス単語が豊富なので
留学中によく話題に上がった単語が
全くでてこないこともあり得ます。

 

また、問題の傾向以外にも
とても重要なことがあります。

パートごとのの時間配分を知るだけでも
充分に点数を伸ばすことが出来ます。

時間配分をミスって
解けない問題があると、
とてももったいないので、
試験中の時間配分をまずは知りましょう。

 

なのでTOEICは慣れであり、
ゲームのように繰り返し練習することで
ドンドンと上達していきます。

TOEICの問題集を1度も解いてない

TOEICはゲーム・慣れ、だと言いました。

というのも、
TOEICでは過去問から
まったく同じ問題が出題されることもあります。

だから演習問題や公式TOEIC問題集を解いてないと、
チャンス問題に気づかず時間がかかってしまい、
高得点を逃してしまいます。

 

特に、リスニングPartに慣れていないと、
マークするタイミングはいつか?とか、
どんな根拠で回答すればいいか?

といった基本的なことが分からず
簡単なリスニング問題が難しく感じるのです。

 

だからこそ、問題集を解いて慣れる必要があります。

慣れるためには、英語教材を準備した方が
やっぱりはかどります。

TOEIC対策できる問題集は揃えておいて損はありません。

どんな問題集が効率的か?
問題集の使い方はどうやるのか?
これが分かればTOEICはかなり楽に感じるはずです。

過去問を使うだけで高得点はサクッととれるので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

TOEICは正確に文法を答える問題

留学に行くと、
多少の文法が違っていても
英語は通じるもの!

 

という認識が生まれてしまいますが、
TOEICでは、キレイな文法を答えないと
点数に繋がりません。

 

普段の会話では、
ネイティブに通じていたのに、
TOEIC君を相手にする時は、
かしこまった文法と、正しい語彙が求められるのです。

 

つまり、TOEICで高得点を取ることは英語を話すことよりも難しく、
ネイティブと英語を話した方が実は楽で、簡単なのです。

TOEICを頻繁に受ける日本人の方が
意識的に文法を勉強しているので、
ネイティブよりも文法の力は高いくらいです。

 

つまり、テクニックよりも
集中力や、TOEICの問題形式に慣れるという方が
とても大事なのです。

文法をマスターすれば
自然とリーディングの点数も底上げされていきます。

 

ということで、
文法問題がでてくるPart5の傾向を知って、
完全に攻略していきましょう。

次の記事では、練習問題もあります。

勉強時間が足りていない

TOEICの点数を上げるためには、
相応の勉強時間が必要になります。

つまり、いくら留学期間が長いからと言って
スコアが高くなるわけではありません。

一般的に目標の点数を取るために
必要とされている時間が次の表です。

(参照:TOEIC公式サイト

これに従ってTOEIC400点の方が
600点を目指そうと思ったら
450時間必要とされています。

表の見方は、
現在のスコアが横軸になっており、
目標までの時間が→で示されています。

 

横軸(現在のスコア)と
横軸(目標のスコア)となっているので
少々見ずらいですが、
これでおおよそ必要な勉強時間が分かります。

 

とはいっても、
留学へ行って英語力を上げていたら
この表に書かれている時間よりは少なくなります。

本当に、TOEICという形式になれるかどうかになってきます。

 

時間配分には気を付けて下さい。
どこの問題に多めに時間を取るのか?
どこの問題を手短に済ませるのか?

そういった判断を試験中にもできれば
TOEICで高得点をとれるようになってきます。

各パートの解き方が分かればTOEIC高得点を取れる

繰り返すようにTOEICは問題形式ごとに攻略法があります。

その攻略法、つまり演習問題を通して解き方を知ることにより、
TOEICで高得点を取れるようになります。

もう、これが留学経験者に1番足りてないことです。

英語を話せれるようになった!
だからTOEICを自信満々に受験しますが、
解き方が分からないから留学してない人よりも
思ってより点数が取れないのです。

だからこの記事で、
・リスニング
・リーディング
これらの対策方法と解き方を紹介しますね。

リスニング対策と解き方

留学で既に
リスニングは完璧になったと思っていたのに、
なぜかTOEICのリスニングが頭に入ってこなかった・・・

ということもあると思います。

 

なぜ、現地では理解できていたのに、
TOEICの試験では分からなくなってしまうかというと、

現地の発音と、
TOEICでの発音が違うからです。

 

TOEICでは、
アメリカ英語
イギリス英語
オーストラリア英語
カナダ英語

などの4つの地方の発音を採用しています。

英語は1つの地域以外にも
多くの場所で使われていますからね。
英語を話す人の数は18億人います。

 

そのため、
1つの国の発音が分かっていても
全体的には点数は上がらないのです。

だからこそ、
TOEICのための勉強をしましょう。

リーディング対策と解き方

リーディングが出来ない原因として、
正しい文法をしらない、
TOEICで頻出の英単語を知らない、
part7の問題を解く時の根拠を見つけられない、

これが主な原因でしょう。

 

むしろこれさえ解決できれば、
留学で身に付けて英語力でも
大きく得点を伸ばすことが出来るはずです。

だからこそ、TOEIC専用の参考書で
解き方を知って、慣れていくことが一番大事です。

特に、英単語を知るだけでも
全然違いますからね。

この記事では、英単語の覚え方も紹介ます。

弱点パートを知る必要がある

TOEICの勉強をしていると
自分が好きなジャンルばかりを勉強しがちですよね。

僕は、聞き流すリスニングの勉強が好きでしたが、
(楽だから)
でもそれではTOEICスコアは上がりませんよね。

弱点を知り、そこを対策する必要があります。

 

また得点が高い得意なパートばかり勉強していても
伸び悩んでしまい、自己満足で終わります。

苦手だからこそTOEIC受験を
チャンスだと思って克服してみましょう。

苦手なパートを残しておいても
ずっと苦手なままです。

それってもったいないなと思いませんか?

 

僕も、偏った勉強をしていた時がありました。

忙しいからと聞き流すリスニングばかり勉強していて、
TOEIC対策してるんだ、という気持ちになっていたのです。

 

しかし、素直になって
苦手な文法も勉強するようになったら、
すぐにTOEICスコアが伸び始めたのです。

個人的な意見ですが、
やってみないと分からないことは多いです。

だから行動できるかどうかです。

 

で、弱点を把握するために、
TOEICのアビメで分析して、
高得点になる方法はこちらの記事にまとめました。

アビメとは、郵送されて届く、公式証明書のことです。
この分析をするだけでも多く点数は変わってきます。

 

僕は苦手なパートをそのまま放置したくなかったし、
外国人と英会話するためには
正しい文法を知っておくほうが
素直にかっこいいと思いました。

カッコ良くなりたい、というモチベーションで
苦手パートを勉強したのです。

最後に

僕が思うに、
留学したのに高得点が取れない理由は
問題集を解いてないからです。

だから時間配分をミスります。

どのパートに何分使ってもいいのか、
という時間配分さえ気を付けてれば
劇的にTOEICの点数は上がっていきますよ。

僕が劇的に点数を上げた時に
意識していたパートごとの時間をまとめました。

 

すでに留学経験者から
この通りに時間を意識したら塗り絵が少なくなって
100点以上スコアを伸ばせました!!

といった嬉しい報告を20通も頂いています。
ぜひ参考にして下さい。

AIで英語力を採点!無料でスピーキング練習しませんか?

僕が開発した「Talk Trainer」で
スピーキングを徹底的に練習しませんか?

AIが相手だからシャイな方でも誰にも聞かれず、
こっそりスマホに向かって
無料で何度でもトレーニングできます。

24時間いつでも練習できて、
国内はもちろん海外にいても使えるため、
忙しい人でも気軽に利用できると好評です!

 

>>期間限定「Talk Trainer」を無料で使ってみる

(無料会員は、人数が増えたら新規受付を終了します)

 

僕はTESOLという資格を取得するため
カナダに半年留学したとき
学校で学んだ英語がまったく使えないことに気づきました。

だから、スピーキング力が身につく環境を作りたい!
と心から思いました。

 

開発に1年と、数百万もかかりましたが、
Talk Trainerで週5回、10分続ければ、
1ヶ月におよそ25,000語も話せます。

5人グループの英会話教室が
約3,500語話すのに比べて
7倍もTalk Trainerは多く練習できるため、
伝わる英語が養成され物怖じせず話せます!

さらに購読者5,000人のメルマガを元に
「日常」「ビジネス」「旅行」「スラング」「カジュアル」「接客」「恋愛」「主張」
8ジャンルの英文1,100個が練習できます!

 

本気で英語学習する人だけに届くように
Talk TrainerはLINEの中でお渡ししますね。
一度登録したら永続して無料会員として利用可

英語で恥ずかしい思いをしなくても良い

< 学べる内容 >

●「日常・ビジネス・旅行・接客・恋愛」など8ジャンルの英語表現
●初心者が近道して英語を習得するための勉強方法
●7ヵ国語話せる講師に1年通って手に入れた英語学習法
●正しい発音がわかる26のチェックシート
●社会人が知っておきたい時事ネタ、世界情勢などの英語ニュース
正しいビジネス英語を知り、会議に参加してもついていける土台
ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(無料会員は、人数が増えたら新規受付を終了します)

>>期間限定「Talk Trainer」を無料で使ってみる

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。