英語脳

勉強法

  (最終更新日:2019.02.4)

TOEIC初心者が400点から1ヵ月で600点を取った最短勉強法を紹介する

こんにちは、ベル(@bellthrough)です。

僕の体感だと、TOEIC初心者で
大学に受かるレベルの人は大体400点くらいとっていました。

中には、400点を超えて、
いきなり高得点を取る方もいますが、

そういった方は、基礎的な土台が出来ていただけです。

僕はタイトル通り、
TOEIC初心者のころは400点でした。


しかし、勉強法を工夫した結果
1ヵ月で400点から600点に劇的に上がりました。
600点になった時は、よっしゃぁああ!と、舞い上がっていましたね(笑)

たとえ、土台がなくても
パターンを押さえて、伸びる部分のみを勉強すれば
1ヵ月で400点から600点は可能ということです。

 

TOEICはパターンゲームなので
英語の型や、勉強の方法を知るだけでも
必ず点数は上がっていきます。

 

そこで、今回は、
僕がTOEIC初心者で400点台だった頃に
1ヶ月でTOEIC600点取った最短勉強法を紹介していきます。

 

またこの記事では、TOEIC初心者、
特に400点よりも下の点数をとって悩んでいる
右も左も分からない初心者のために書きました。

 

もしTOEICの点数が400点よりも低いという方は、
英語の基礎部分が分かっていない、
英語に慣れていない、知らない、
といった問題があります。

 

この記事には、そういった問題点を改善する方法を書きました。

 

TOEIC400点のレベルとは?

まず、僕が600点を目指すうえで、
400点のレベルと、600点のレベルの差を
把握することから始めました。

(参照:国際ビジネスコミュニケーション教会

点数分布を把握したことで、
自分の力がどれだけ足りていないだとか、
自分の立ち位置を正確に知ることができました。

 

あやふやだった部分を数字で明確に知ると、
勉強のモチベーションがかなり高くなるんですよね。

 

また、図からも分かるように、
TOEIC500点ほどの点数を取っている人の人数が一番多くて
600点を取り始めると、人数が減っていくことも分かりました。

 

大学試験で高得点をとれるような学生だと
TOEIC初心者だとしてもいきなり600点近くを取る学生もいますね。

 

先日は、東大生と話していたら
いきなり800点を取ったという怪物がいましたが、
これは英語の土台がかなり出来上がっていたからです。

 

また、外国語大学の学生には
600~900近くまで取る学生も珍しくないですね。

 

つまり、極論をいえば
英語の基礎さえあればTOEICは600点はとれてしまいます。

 

例え、初心者で400点を取ったとしても、
やり方と、方向性さえあっていれば、難しくありません。

 

再度言いますが、
TOEICはゲームみたいなもので、
慣れたら高得点になっていきます。

 

慣れるためにいかに効率的に勉強できるかがポイントとなってくるので、
少ない勉強時間でもコスパ良く学んでいきましょう。

 

初心者がTOEICの点数を上げるために必要な勉強時間

一般的にTOEIC400点から600点になるためには
450時間必要とされています。(参照:Saegusa 1985より

 

図の見方は、
現在のスコアが横軸、目標スコアまでの時間が→で示されています。

 

例えば、現在のTOEICが400点の方が見る時は、
500 になるまで 200時間
600 になるまで 450時間
700 になるまで 750時間
800 になるまで 1100時間
900 になるまで 15000時間

必要とされています。

 

450時間というと
1日3時間、毎日勉強し続けても150日かかる計算です。
およそ10カ月ほどかかります。

 

点数が低い人が、高い点数を取ろうと思ったら
多くの勉強時間がかかりますね。

 

しかし、やり方と方向性さえ合っていれば
初心者が1ヵ月でも点数を上げることは難しくありませんでした。

TOEIC初心者のための勉強法

まず、TOEIC600点を取る事。
それ以上の点数を取ることは可能ということを
信じることがからします。

 

信じるというと、精神論っぽいですが、
非常に大事なことです。

 

例えば、
幸せな家庭を築きたい、
いい仲間を作りたい、
良い人生を過ごしたい、

こういった想いを実現させるには、
できるというビジョンがあるからできます。

 

無思考のまま過ごしていても実現なんて無理ですよね。

 

つまり、出来ると信じれないことは
当然ながら実現不可能です。

 

だからこそ、TOEICでいい点数を取るということも
難しいことではなくて、
600点を取ることは簡単だ!と信じて下さい。

 

で、信じたうえで、
現状の英語力を分析して、
改善すべき方法を知りましょう。

 

ということで大事なことは
信じて、分析して、改善です。

この3拍子がそろって初めて初心者を卒業できます。

 

分析というのは、
どうしてTOEICの点数が悪かったのか?
ということを考えるという意味です。

 

おそらくですが、400点を取れない人は
英語の土台がない場合が多いので
先ずは、土台を作ることに専念します。

 

その土台が
・英単語
・リスニング
・文法
・新形式のPartごとの時間配分

この3つさえマスターしてしまえば
TOEICは見る見るうちに点数が上がっていきます。

 

逆に、分析した結果、
この3つのうちどれかが欠けてるだけでも
点数が上がる事はありません。

(英語を話すという目標があるなら文法は重要ではありませんが、TOEICで点数を高くする目標なら文法は必要です。)

 

では、それぞれを
徹底的に勉強できる参考書を解説していきます。

 

TOEIC初心者が安心して使える参考書

TOEIC初心者だとどんな参考書があるのかさえ分からないと思います。

 

そのため、何十冊と試してきたベルが
一番お勧めな参考書をピックアップしますね。

 

僕がおススメする以外の参考書でもいいですが、
できる限り、TOEIC専用の参考書が望ましいです。

 

例えば、単語を勉強しよう!と決めたのに、
Duo3.0 で勉強するとTOEIC対策という面からは、
コスパが悪いです。

 

以前までの僕は、
前まで使っていた参考書が使えるから
新しい参考書は、要らないかな~と思っていたら
3年もTOEICのスコアが伸び悩みました。

 

効率的な対策をしないと
時間を無駄にするので気を付けて下さい。

 

こういった意識を改めることが重要で、
TOEIC初心者が高い点数になるために必要なことです。

 

英単語を勉強する「金のフレーズ」

TOEIC400点だからこそ、英語の土台が必要になります。

 

目安としては、900点取っていても
知らない単語が出ることがあるので、
英単語はどんなレベルになっても大事になってきます。

 

英単語は、全ての土台になりますので
知らないと次に進めません。

 

そこで、お勧めしている単語帳を紹介します。

ずばり、「金のフレーズ」です。

僕の場合だと、ギリギリ400点台だったので
知っている単語が半分くらいでした。

 

単語帳を持ったことで、いかに自分が知らなかったのかを知れて、
逆に楽しくなってきました(笑)

 

知らないことを知れるって楽しくないですか?
これをソクラテスは「無知の知」と言いましたね。

 

知らないことを知るのって本能的に楽しいので、
楽しみながら英単語の勉強をして頂きたいなと思います。

 

金のフレーズは、金フレとも呼ばれていて、どの単語帳よりも効率が良いうえに、
モチベーションが維持する工夫があります。

 

「TOEICの世界だと~」というシリーズは
勉強して「あ~、あるあるだなぁ(笑)」と
楽しくなってきます。

 

また、リスニングアプリもあるので
スマホからも気軽に勉強できますしね。

目標点数ごとに項目が分かれており、
600点・730点・860点・990点の4つに項目が分かれています。

 

金のフレーズを効率的に勉強する方法については別の記事にまとめました。

興味あれば参考にして下さい。

 

リスニングを勉強する「世界一わかりやすいTOEICテストの授業」

TOEIC初心者で最も点数が取りやすいパートになっています。

 

リーディングがダメダメでも
満点を取れる可能性があるのは、圧倒的にリスニングです。

 

僕がリスニングの点数を伸ばした時は、
世界一わかりやすいTOEICテストの授業
という参考書を使っていました。

 

リスニングはみんな等しく時間が与えられているので
処理能力による差が出づらく、
先読みして、対策さえしてしまえば
劇的に点数を伸ばすことが出来ます。

 

ようは、英語を聞けるようにして、
先読むすることを意識すれば点数は上がります。

 

僕が600点になれたのは、リスニングの影響がでかかったですね。

 

リスニングが150点伸びて、
リーディングは50点程度の伸びでした。

 

リスニングのコツについてはこちらの記事で
具体的に紹介しています。

興味あれば、保存しておくと便利ですよ。

 

文法を勉強する「TOEIC文法特急」

TOEICで高得点を取るなら
英語の正しい文法は必ず知っておく必要があります。

 

そして、TOEICで出題される文法には傾向があるので
傾向を知ってさえしまえば、簡単に対策が可能です。

で、傾向と対策を同時に行えるのが
この「文法特急」という参考書です。

この参考書は、なぜこの文法を選んだのか?
なぜこの文法は選ばなかったのか?
という深い部分について紹介してくれています。

 

目からウロコの情報ばかりなので、
頭への投資先としては、かなりコスパが良いですね。

 

新形式のPartごとの時間配分

TOEICが新形式に変わって、リーディングのパートで
1つの問題につきかけられる時間が変わりました。

 

また、1つの問題を何秒で解けばいいのか?
を知っているだけでも、リスニング全体の点数アップに繋がります。

 

Part5 にかけられる時間は何分なのか?
Part6 にかけられる時間は何分なのか?
Part7 のシングルパッセージは何分で解くか?
Part7 のDP,TPは何分で解くか?

これらを知っているか、知らないのかの差はかなりデカいです。

 

この記事に、具体的な時間の配分方法を紹介しているので
模試テストで解く時から意識するようにしてみましょう。

 

時間配分を気にするだけでも
リーディングの点数が50点分上がっていますからね。

もちろん、英単語の知識が増えたというのもありますが、
大きく影響したのは、時間を知って、
時間配分したからです。

 

普段から意識することで
体に時間が染みついてきます。

 

TOEICは簡単な問題を素早く解いていく
処理能力が試されるので、時間配分は、
染みつくまで繰り返し練習しましょう。

 

最後に

この記事で繰り返し言っていることですが、
TOEIC初心者だからこそ、高得点を必ず取れる!
という強い確信がいります。

 

英語力が高い人だけしか600点が取れるものではなくて、
TOEICの問題形式にさえ慣れてしまえば
600点は必ずとれる点数です。

600点と言わず、もっと高得点も取れるでしょう。

 

分析をして、
勉強法を知って、
個別の対策法を知って、

で、最後に勉強を始める。

 

この流れさえ押さえておけば、
どんな勉強をしても失敗はしません。

 

追記

あと、ちょっとしたお知らせなんですが、
僕がTOEIC意外にも実践的な英語力を鍛えるために
効率を重視して日常的に勉強していた内容を
メルマガの中で紹介しています。

 

中々TOEICの点数が上がらず自信がない人、
英語が出来ず、外国人に対してビビっている人は
僕のメルマガの中でヒントがあると思います。

 

ぜひ、英語メールマガジンで情報を受け取ってください。
ベル公式メルマガ

ささやかなプレゼントも用意しています。

 

2017年9月追記:TOEICスコア830点とりました。
2018年3月追記:英語学習アプリ制作の指揮を執りました。
(嬉しいことにアプリコンテストで金賞を頂きました!)
2018年現在:法人・社会人に対して英語勉強法セミナーしています。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕は留学してないけど、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 教育

    Duolingoの効果は!?使い方は合ってる?

    こんにちは、ベルです。この記事では、duolingo の効果と…

  2. mind

    質が高い!?勉強する前に意識したいこと

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。 今日は本質…

  3. mind

    【保存版】TOEIC600点を1ヶ月でとる最短勉強法

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。…

  4. 勉強法

    金のフレーズは右脳で英語の勉強が出来る!

    こんにちは、ベルです。金のフレーズこと…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 1月 24日

    アリストテレスとソクラテス間違えてませんか?

      • 英語講師ベル
      • 2019年 2月 04日

      指摘ありがとうございます。間違えていましたね。修正致しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. diary

    君の名は。英語字幕版で気になる「あのセリフ」を解説!
  2. 【メルマガ限定企画】電子書籍を読んだ方の「感想」と「返答」
  3. 勉強法

    TOEIC公式問題集の使い方!一気にスコアを伸ばす勉強法【保存版】
  4. diary

    日本人の英語力はレベルが高い!?データから分かるランキング
  5. bell

    先入観は捨てた方がいい。渋谷の外国人に会ったら常識が破壊された話し。
PAGE TOP