英語脳

mind

  (最終更新日:2017.04.30)

質が高い!?勉強する前に意識したいこと

こんにちは、ベル(@bellthrough)です。

今日は本質的な話をしていこうと思います。
というのも「点数を上げるために~をする」
っといった直接的な話ではなく、

 

「勉強をする際にどういった考え方で取り組むべきか」
を紹介していきます!

考え方を決めるって意味ある??
ひたすら勉強したらいいんじゃないの??

 

って思いますよね。
僕も大学受験ではそう思っていたのでひたすら勉強しかしていませんでした。
入学してから「あれ、大学入って何をしよう!?」
「とりあえず、友達作りでサークル入っておくか!」

 

という風に熱意が受験終わってからストップしてしまったわけです。
大学受験の時の熱量が溢れすぎていて、受験が近づいた頃は
学校さぼって図書館にこもっていましたからね。(笑)

 

これは思い返したら「質が低かったな~」
って思います。

 

学校にも行かずに図書館にこもってるくらいだから
熱量は相当高かったと思いますが、質の話となると「質が低い」となります。

 

質が高い状態

質が高い状態とは
「勉強した先に得たいもの(目標)がある」
という状態です。

 

僕の大学受験に当てはめるなら
「大学に受かった結果、その大学で建築のことを学べるから、
空き家を改造してみんなの集いの場にしよう!
この経験を活かして、将来は立派な建築家になるぞ!」

 

といった具合です。
(僕は建築学科ではないんですが、友達が実際にやっていたことです。)
つまり、これって

勉強→客観的に評価できる結果→その先にしたいこと

 

という図が出来ている分けですよ。

これを英語版に置き換えると
英語の勉強→客観的に評価できるTOEICスコア、英検、資格→就職、転職、単位、昇給

もうひとつ上のステージに行こうと考えているなら
英語の勉強→客観的に評価できるTOEICスコア、英検、資格→就職、転職、単位、昇給→海外展開

という感じになります。

仮にTOEICなどで目標点数が720点としましょう。
その点数を取った後に
何が待っているのか?
何をすることが可能となるのか?

ベル
先のことをが見えているだけで質が高くなります!!

 

質が低くなるか、高くなるかの分岐点

逆に質が低いとは
「勉強自体が目的となり目標が定まっていない」
という状態です。

 

英語版にすると
TOEIC受けて目標点数をとれたらそれで終わり。
といった状態です。

 

(目標点数を取ったことで自己実現が出来るといった、
陸上選手の考え方なら話は違います。質は高いです。)

 

つまり、
勉強→客観的に評価できる結果

で矢印が終わっているの状態ですね。

 

ベル
目標が先か、結果が先かで分岐します!!

質が高い方がいい理由

その先にしたいことが「海外で活躍する」という目標だったら
勉強中のリスニング一つにとっても

「将来話すことに内容だからしっかりと身に付けよう!」

となるはずです。

なので、学習する上での本気度が違うので
伴う結果にも良い影響が出てくるわけです。

 

かつ、海外って相対的にエネルギーが高い場所なんですよ。
日本は国内だけで需要も供給もある程度なら満たしているため
日常的に英語を使うこともなければ、移民といった外国人との共存に不慣れな部分があります。
だから、国内だけで解決が出来てしまうわけです。

 

これは僕が言う「点が直線になる」になっていない状態なんです。

 

↑↑↑点数アップの話ですけど点と点の繋がりについても話しています↑↑↑
日本人という点はあれど、その点がが違う海外の点と結ばれることがなく、
直線になっていないんです。

 

日本人同士でも点は繋ってない??

 

って思いますよね。
日本人同士の点と点が繋がり直線になりますが、
マクロの視点で見ると、大きな直線になっているわけではありません。
つまり、直線でも離れた所から眺めたらまだ点に見えてしまうわけです。

 

これは僕がいう英語脳の形成には繋がってないわけです。
そもそもネットワークが出来ていませんから。

 

英語脳についてはコチラ⇓


 

 

僕は読者さんが点になり、海外という点と繋がることで 
でかいネットワークを作っていけたらいいなと思っています。

 

ネットワークの膨張は止めることは出来ませんから
どんどんと大きくなってほしいです。

 

っと大分話がそれました。

 

おさらいすると
質が高いって言うのは意識高い系のことで
意識が先へ先へと向いているとも言えます。

 

意識が先へと向けている分、
例え乗り越えないといけない壁が出現しても
粘り強く立ち向かうことが出来るわけです。

 

ベル
質が高いと「ポテンシャルが高い」「地頭がいい」という評価にもつながります!

 

手っ取り早く意識高い系になる方法

手っ取り早く意識高い系になる方法があるんです!
それは先ほどの図の矢印の向きを変えてあげればいいんです。

その先にしたいこと→客観的に評価できる結果→勉強

つまり、なぜ勉強するのかというのは、
その先にしたいことを考えたうえで勉強するということです。

 

それにより、どんな媒体を用いて結果を残せばいいのかが明らかになって
そのためにはどんな勉強をすればいいのかが見えてくるわけです。

 

目標を先に定めることで行動に移す際に
余計な行動が入らないようにろ過する感じです!

 

余計なものが入らない純粋な原動力でどんどんとつき進んでいきましょう!!

 

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕は留学してないけど、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。僕の住んでい…

  2. mind

    意志が世界を覆った時、ハッピ―エンドになる

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。…

  3. 勉強法

    読むだけで誰でも出来る!正しい「インプット」と「アウトプット」

    こんにちは、ベルです! 「インプット」と「アウトプット」は英語…

  4. 勉強法

    【新TOEIC】公式問題集の難易度は?

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。 TOEIC…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. diary

    【決定版】韓国語を翻訳!一番正確に訳す無料まとめ
  2. business

    会社形態・部署・職業の英単語は?簡単に言うコツ
  3. mind

    英語を学ぶ理由をアンケートとったら意外なメリットが明らかに!?
  4. life

    英語を勉強したら他の悩みも解決した。不安ばかりの人生から逆転した最強の武器を紹介…
  5. mind

    英語メールで見えてきた書き方以上に伝えたいもの
PAGE TOP