英語脳

life

日本という無人島

こんにちは、ベル(@bellthrough)です。

 

世界という大きな観点からみたら、
日本て無人島なんですよ。

 

何言ってるの?
って感じですよね。(笑)

 

小説「ロビンソン・クルーソー」という本で
ロビンソンクルーソーはアフリカへ行く途中で漂流して
無人島で28年間のサバイバル生活をしました。

参考リンク

 

ロビンソンクルーソーがどんな人物で
どんな性格の人でも気にする人なんていませんよね?
だって、周りには誰もいないから。

 

このロビンソンクルーソーの話を頭の片隅に入れつつ
こんなシチュエーションの時あなたならどうしますか?

 

例えば、
あなたがアメリカ人と出会ったら
まずなんて話しかけます?

 

スルーして逃げるはなしで(笑)

 

 

ほとんどの人が英語で話そうと努力すると思います。
もし、場所が日本だった時とアメリカだった時とで
その対応は変わりますか?

 

 

恐らく変わらないでしょう。
では、逆にアメリカ人が僕らに出会ったとき、
どうなるでしょうか?

 

 

ほとんどのアメリカ人は日本語で話そうと努力せず、
英語で話しかけて来ると思います。

 

 

 

これが日本とアメリカの性格を示していることで、
僕ら日本人は相手に対して、本当に優しいんです。
細やかなところまで気づいて、気遣える。

 

 

本当にホスピタリティに富んでいて、
相手の気持ちを物凄く考えることができます。
けど、それは良い点でもあり、悪い点でもあります。

 

 

ホスピタリティが独り歩きしてしまい、
ガラパゴス化してしまいました。

 

 

つまり、日本だけ独自な市場が出来上がっちゃった訳なんですよ。

 

 

他とは違う価値観が出来上がってて、
だからこそ、日本という無人島が出来たわけです。

 

 

 

iPhoneがぶっちぎりで売れてるのって日本くらいですからね。
他国だと、Android(GALAXYやXperia)も結構な数売れているんですよ。
参考リンク

 

 

 

ガラパゴスしてしまった日本では
間違った英語の勉強法が推奨されていて、
学校で教えてもらっただけでは、
英語を扱えるようにはなりません。

 

 

かつ、TOEICの料金が他国と比べて安いので
何度でも英語のテストが受けれます。

 

韓国では、1万円
東南アジアでは2万円ですからね!
日本は安すぎぃ!
ってなります。

 

(僕の研究室の留学生に直接聞いた話です。
なぜかネットで調べた料金と違います。
どっちが正しいんでしょう(^ ^;))

 

 

間違った勉強法っていうのは、
ライティングとリーディング命の勉強ばっかなんですよ。

 

 

リスニングとスピーキングをやたら低く評価しています。
TOEICでもライティングの時間が足りないからと、パート7の勉強ばっかで、
本来点数が上がりやすいはずとリスニングの勉強は後回しにしている人が
本当に沢山います。

 

 

何度も警告してますが、
辞めましょう。
この勉強法。

 

 

あなたが本気で英語を習得したいなら
話す・聞く
が一番に大事になってきますよね。

 

 

聞けなかったら発音の仕方も分かりませんから、
リスニングを初め勉強して、リスニングと一緒に
シャドウィングをして
徐々にスピーキングの練習をしていくんです。

 

 

だから
①リスニング
②スピーキング
③リーディング
④ライティング

 

 

の順に勉強するのが順当だと思います。
あなたが目標にしている未来をビジョンにして、
それが叶う順番で英語を勉強して言ってください。

 

 

僕があげた順番は英語を本気で習得したいと
思っている人のための順番です。

 

 

あなたがTOEICでいい点数が取りたいと思っているなら
(正確にいえばTOEICの点数を取りたいは、
目標ではなく、手段ですが。。)

 

①リスニング
②リーディング
③以下省略

 

だと思います。
省略したのは、勉強してスキルを伸ばしたところで
点数に直接的に影響しないからです。

 

 

 

無人島にいる人の性格なんて、誰も気にしないです。
だから、英語を話してミスするとか誰も気にしません。
堂々と自信を持って英語に望めばいいんです。

 

 

臆すことなんてないんです。
大きな声で叫びましょう!!

 

「Let it go.」には、
「自分の意志で”気にしない”と決めた」
っていう力強い決断をした意味があります。

 

 

では^^

 

 

P.S.

 

韓国の大学では、TOEIC600点取得していないと
卒業できないっていう制度があるみたいです。

 

近い将来、日本でもこの制度が採用されるかもしれませんね!
おそらく初めは、旧帝大のどこかが採用するので、
基準が高くなる可能性もありますね。(^ ^;)

30日後にはネイティブのように英語を話す勉強法

僕はもともと偏差値40代の落ちこぼれで
どれだけ勉強しても思ったように上達せず
ついには英語なんて無理なのでは・・・
と諦めかけていました。


そんな状態から勉強法を変えたところ

ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
自信をもってネイティブと話せるほどになりました。

さらには、2ヶ月でTOEIC830点をとっています。


なぜここまで上達したかというと、

英語には決まりきった正しい勉強法があるからです。


だからこそ強く思うのですが、

才能がなくても正しい勉強法さえ知れば、
誰でも英語ができると確信しています。

勉強法によっては習得スピードが
10倍になることも普通にあります。


だから1日たった3分のスキマ時間に勉強するだけで
30日後にはネイティブのように口から英語があふれでます。


いまの活動のミッションは

世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。


そういった理念から
10倍のスピードで勉強して、

自信をもって英語を話すための具体的な方法を
1つの書籍にして無料公開しています。

無料公開するのは期間限定なので
これから本気で勉強したい人は
ぜひ読んでみてください。


>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
※予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

自信をもって英語を話すためのメールマガジン

僕は7ヵ国語話す方と出会って英語の本質を知り
自信をもってネイティブと話せるようになりました。

毎日届くメール講座。
将来の可能性を広げ、キャリアアップもできる。
自信を手にす
るメールマガジンが始まります!
(約2000人の読者がいて、大変盛り上がっています!)

>>クリックして漫画の続きを読む

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない

    こんにちは、べるです。先日、研究室のセミナーがあり…

  2. business

    英語を勉強しない時にも英語力がどんどん上がった話

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。 目標を達成…

  3. bell

    カタカナ英語でも外国人に伝えるコツ。TOEICの点数は低くても問題ない。

    どうも、ベルです。僕は勉強法を練ってひたすら学びまくったと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. bell

    読者さんに人気がある記事まとめ
  2. 親子にオススメ

    英語版カントリーロードの歌詞をカタカナ英語で表す。ジブリ版と違う英語版の歌詞とは…
  3. 大学生の英語

    【学生必見!】取得したい英語資格
  4. mind

    ザキヤマは英語で話しても面白かった!PPAPを歌った海外の反応とは?
  5. diary

    酵素ファスティングでダイエットを成功させる3ステップ
PAGE TOP