英語脳

life

日本という無人島

この記事は5分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

世界という大きな観点からみたら、
日本て無人島なんですよ。

 

何言ってるの?
って感じですよね。(笑)

 

小説「ロビンソン・クルーソー」という本で
ロビンソンクルーソーはアフリカへ行く途中で漂流して
無人島で28年間のサバイバル生活をしました。

参考リンク

 

ロビンソンクルーソーがどんな人物で
どんな性格の人でも気にする人なんていませんよね?
だって、周りには誰もいないから。

 

このロビンソンクルーソーの話を頭の片隅に入れつつ
こんなシチュエーションの時あなたならどうしますか?

 

例えば、
あなたがアメリカ人と出会ったら
まずなんて話しかけます?

 

スルーして逃げるはなしで(笑)

 

 

ほとんどの人が英語で話そうと努力すると思います。
もし、場所が日本だった時とアメリカだった時とで
その対応は変わりますか?

 

 

恐らく変わらないでしょう。
では、逆にアメリカ人が僕らに出会ったとき、
どうなるでしょうか?

 

 

ほとんどのアメリカ人は日本語で話そうと努力せず、
英語で話しかけて来ると思います。

 

 

 

これが日本とアメリカの性格を示していることで、
僕ら日本人は相手に対して、本当に優しいんです。
細やかなところまで気づいて、気遣える。

 

 

本当にホスピタリティに富んでいて、
相手の気持ちを物凄く考えることができます。
けど、それは良い点でもあり、悪い点でもあります。

 

 

ホスピタリティが独り歩きしてしまい、
ガラパゴス化してしまいました。

 

 

つまり、日本だけ独自な市場が出来上がっちゃった訳なんですよ。

 

 

他とは違う価値観が出来上がってて、
だからこそ、日本という無人島が出来たわけです。

 

 

 

iPhoneがぶっちぎりで売れてるのって日本くらいですからね。
他国だと、Android(GALAXYやXperia)も結構な数売れているんですよ。
参考リンク

 

 

 

ガラパゴスしてしまった日本では
間違った英語の勉強法が推奨されていて、
学校で教えてもらっただけでは、
英語を扱えるようにはなりません。

 

 

かつ、TOEICの料金が他国と比べて安いので
何度でも英語のテストが受けれます。

 

韓国では、1万円
東南アジアでは2万円ですからね!
日本は安すぎぃ!
ってなります。

 

(僕の研究室の留学生に直接聞いた話です。
なぜかネットで調べた料金と違います。
どっちが正しいんでしょう(^ ^;))

 

 

間違った勉強法っていうのは、
ライティングとリーディング命の勉強ばっかなんですよ。

 

 

リスニングとスピーキングをやたら低く評価しています。
TOEICでもライティングの時間が足りないからと、パート7の勉強ばっかで、
本来点数が上がりやすいはずとリスニングの勉強は後回しにしている人が
本当に沢山います。

 

 

何度も警告してますが、
辞めましょう。
この勉強法。

 

 

あなたが本気で英語を習得したいなら
話す・聞く
が一番に大事になってきますよね。

 

 

聞けなかったら発音の仕方も分かりませんから、
リスニングを初め勉強して、リスニングと一緒に
シャドウィングをして
徐々にスピーキングの練習をしていくんです。

 

 

だから
①リスニング
②スピーキング
③リーディング
④ライティング

 

 

の順に勉強するのが順当だと思います。
あなたが目標にしている未来をビジョンにして、
それが叶う順番で英語を勉強して言ってください。

 

 

僕があげた順番は英語を本気で習得したいと
思っている人のための順番です。

 

 

あなたがTOEICでいい点数が取りたいと思っているなら
(正確にいえばTOEICの点数を取りたいは、
目標ではなく、手段ですが。。)

 

①リスニング
②リーディング
③以下省略

 

だと思います。
省略したのは、勉強してスキルを伸ばしたところで
点数に直接的に影響しないからです。

 

 

 

無人島にいる人の性格なんて、誰も気にしないです。
だから、英語を話してミスするとか誰も気にしません。
堂々と自信を持って英語に望めばいいんです。

 

 

臆すことなんてないんです。
大きな声で叫びましょう!!

 

「Let it go.」には、
「自分の意志で”気にしない”と決めた」
っていう力強い決断をした意味があります。

 

 

では^^

 

 

P.S.

 

韓国の大学では、TOEIC600点取得していないと
卒業できないっていう制度があるみたいです。

 

近い将来、日本でもこの制度が採用されるかもしれませんね!
おそらく初めは、旧帝大のどこかが採用するので、
基準が高くなる可能性もありますね。(^ ^;)

英語ノウハウをつめ込んだ「短期間で英語力を上げる」990円の書籍が今だけ無料キャンペーン中

英語に対して苦手意識があって
TOEICがいつも400点で諦めていた僕でも
1ヵ月後に600点に。
その2か月後には800点になっていました。

 

今では自然な英語が口からこぼれ落ち、
ネイティブと親友のように話しています。

 

怪しいし、信じがたし、才能があったんじゃないかと言われます。
しかし、元々の英語力は偏差値が40で
とても英語が得意と言えるような人ではありませんでした。

 

英語が苦手だったので戦略を立て、
勉強法を研究したらあっさり英語で
外国の方々と話す自分がいて人生が楽しくなりました。

 

具体的に勉強をして貰えるよう
最短ステップと具体的な方法を
ストーリーを交えて紹介しています。

 

更に、通算書籍ダウンロード数が2000DLを突破!
突破記念に本質的な英語の勉強法をまとめた電子書籍を無料プレゼントキャンペーン中。

 

期間限定で英語のノウハウをまとめた
「短期間で英語力が向上する」書籍990円を今だけ無料で読めます。

 

今登録すると、
ここでは言えない「豪華特典」もあります。
※キャンペーンは予告なしに終了する場合があります

 

 

「就活のためにTOEICの点数を短期間で上げたい!
 
とっさの一言をサラリと言える海外旅行に行きたい!」


「たくさんの単語を効率的に勉強したい!」

「海外アーティストの情報をいち早くキャッチしたい!」


「暇な時間に英語の勉強して外国人の友達を増やしたい!」

「就活のために英語以外にもスキルを身に付けたい!
 

自分の可能性を広げるために英語の勉強して海外に行く!」

「留学費用が高いから国内で英語の勉強をしたい!」

「現地でも使える英語を身に付けたい!」

「仕事の幅を広げてキャリアアップしたい!」


2000人に教える中ブラッシュアップを重ね
気楽に読める内容にまとめました。

 

【画像をクリックして続きを読む】>>詳細はこちらをクリック<<

 

 

おすすめブログ記事

 

>>英語を使うようになって自信がついた物語<<


あるきっかけによりコミュ力のなかった昔の自分でも、外国人の友達も出来るようになりました。

 


突然話す機会があっても
今や楽しみながら日常会話ができて心が充実しています。

 


しかし元々英語が得意でもなければ
コミュ力が高かったわけでもありません。
それどころかコミュ力は絶望的でした。

 

そんな僕でも自信を得ることが出来て
言語の壁が無くなり、
新しい扉を開けました。

 


どんな人でも英語は出来るものだし、
学べば自信がついて、自由が生まれます。

 


僕が英語を話せるようになったシンプルな理由を公開しています。
>>英語を使うようになって人生が変わった物語<<

関連記事

  1. mind

    英語の勉強でぶち当たる壁の壊し方

    こんにちは、ベルです。 今回は、英語を勉強している時に 『…

  2. business

    英語を勉強しないといけない5つの理由

    こんにちは、ベルです。ネイティブに通じるような英語…

  3. mind

    【英語が下手な人の話し方】英語で自己紹介!厳選4パターン

    こんにちは、ベルです。 中学校・高校と英語を勉…

  4. life

    英語を勉強する時に集中力を高めるコツ|禅・マインドフルネス

    こんにちは、ベルです。 昨日、髪を切ってきました。 いつも…

  5. diary

    英語の勉強が続かない時の7つの処方箋

    こんにちは、ベルです。 英語の学習するうえで一番の難関が …

  6. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない

    こんにちは、べるです。先日、研究室のセミナーがあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 留学

    実際のところどうなの?学生が行くオーストラリアへのワーキングホリデー
  2. business

    英語を勉強しないといけない5つの理由
  3. mind

    【必ず知っておきたい】勉強を習慣づける方法
  4. 勉強法

    1カ月でTOEIC点数を大幅に上げるためにするべき3つの事
  5. 海外旅行

    知られざるテキサス州の有名観光スポット!
PAGE TOP