英語脳

小学校教育

外国語活動 取り組みと対策


この記事は3分で読めます

こんにちは!べるです。

2011年度から全国の公立小学校の5,6年生が「外国語活動」が
必修科目になったのはご存知でしょうか??

それに伴って、小学校の先生たちも慌てて英語教育に対応しているんですけど、
内容は、

・外国語の挨拶

・外国語を使ったゲーム(じゃんけんなど)

・外国語の歌を歌ったり、会話の練習

・外国語でのクイズ

・外国の週間、考え方、文化の紹介

なんかを楽しみながらやっていこう、
といったものです。

外国語のため、英語以外にも中国語なんかも習うみたいです。

これって、今まで小学生向けにやっていた
英会話教室に似ていて、
これに準ずることを

学校教育でもやろうとしたわけです。

この教育の効果がでるかは、
まだまだ先のことなのですが、

とてもいい取り組みだと思います。

でも、こんな授業を僕たちゆとり世代でも
少しながらやっていたんですよ。

「ALT」といったものをご存知でしょうか。

ALTとは正式な授業ではないので、
たまにしか授業をしないんですが、
英語圏の大学を卒業した人を招いて

外国語指導助手として先生になってもらい
ゲームなどをしながらネイティブの英語に触れ合うことで
英語に親しんでもらう

といったもので、
結構昔から小学校での英語教育は行われてきました。

この頃は、正式な授業ではなかったので
真面目にやる子はすくなく、

話せれない英語を強制される
なんか、恥ずかしい授業でした。

でも、正式な授業になったので、
子供たちも
一生懸命、授業に参加するんじゃないでしょうか^^

対策

外国語を話すってとても勇気がいるんですよ。
大人でも恥ずかしいんだから、子供だって
恥ずかしいんです。

しかも、友達が目の前にいるわけですから、先生には隠れて
日本語で話して安心しちゃう子も周りにはいちゃうわけです。

なので、対策としては、
なるべく日本語で話さないしっかりとした子と
話すことを意識して、授業を受けることです。

また、テストではなく
「振り返りシート」などの文章によって評価されるなので
話すのが恥ずかしい子は
とりあえず、気づいたことを
いっぱい書いて、
文章力で勝負しましょう。

意欲的に学ぶ姿勢があれば
先生もしっかりと見てくれているので
高評価につながります。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

良かったと思ったらシェア、いいね
お願いします。

PS

社会の必要性に応じて義務教育が取り組むのは
大抵2,3歩遅れています。

2,3歩遅れているので
裕福な家庭の子供たちは
塾に通って勉強したりと、

義務教育に頼らない
といった流れがありますよね。

小学生向けの「外国語活動」対策塾
にもいかれる家庭も出てくるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ブログとは別にメールマガジンも配信しています。

メールマガジンでは好評をいただいており、
ブログでは公開できないような、ここだけの話や、
新鮮で旬な情報を発信しています。

1日に1通程度の軽い量なので、サクッと読むだけでもかなり力がつきます。

夢をかなえるため、一緒に頑張りましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語ノウハウを詰め込んだ990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、好評販売中の電子書籍を期間限定でプレゼントしています。

 

英語に才能やセンスは本当に関係ないです。

 

勉強法によって習得する速度が
2倍にも5倍にもなった人を数多く見てきました。

 

今なら無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

英語戦略を知れば短期間で結果に

僕は国内でも出来る独自の勉強法で
2ヵ月後には600点だったTOEICが800点。
3ヵ月後には英語を使って仕事をしていました。

 

今では標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然な英語を使って話せれます。
あなた日本人だったの!?」と言われたことも。

 

あまりにも短期間で
英語を感覚的に使いこなせるまでに
急成長してしまった
ので、
周りからは才能があったんじゃないかと言われます。

 

しかし、英語の偏差値は元々40で
英語が苦手で投げ出してしまう
典型的な日本人でした。

 

僕が英語を勉強するにあたって、
1つだけ周りと違った点と言えば、
勉強法に大きく時間を割き、
9割は研究、実践したことです。

 

その結果、英語を英語のまま理解することで
今では
TOEICは高得点になり
率先して外国人と手を取り合い、
180度人生が変わり、楽しくなりました。

 

日本にいながらでも英語は習得できるし、
英語によって人生の可能性が広がり、
大きな自信になると確信しています。

 

だからこそ、
10%でも世界で活躍する方が増えれば
日本はもっと豊かになると信じています。

 

そういった理念から、
どのように英語を勉強し、習得したのか、
メルマガの中限定で電子書籍をお渡ししています。

 

ストーリを交えて書いてあるので、
20分ほどの時間でサクサク読めるし、
読んだ方からも好評を頂いています。
(英語力が上がったと報告も多数)

 

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしに公開は終了します。
お見逃し無い様にして下さい!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。

関連記事

  1. 大学生の英語

    【学生必見!】取得したい英語資格

    こんにちは!ベルです。今回は各学年ごとに取得しておきたい、又は取得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最短記録達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

人気記事

ブログランキング1位

ブログランキングで一位になりました!

いつもありがとうございます!

 

  1. 英語脳

    英語脳の作り方!英語脳を徹底的に解説!
  2. 留学

    実際のところどうなの?学生が行くオーストラリアへのワーキングホリデー
  3. 教育

    金フレ買ったらやる気しか湧かない
  4. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?
  5. 英語教育

    TOEICとセンター試験を比較すると?2020年には大きく改革される事
PAGE TOP