英語脳

bell

  (最終更新日:2019.06.1)

新形式TOEIC模試問題集はロバートヒルキの参考書だけでいい。1冊で劇的に点数は伸びる。

こんにちは、ベルです。
都内で英語講師をしています。

2017年に1ヵ月の英語学習でTOEICのスコアが400点から600点になりました。

 

その後2ヶ月、TOEIC対策をしたところ600点から800点に劇的に上がり、
トータルすると3か月という短い期間で
僕の英語力は上がったことになります。

 

その時にとてもお世話になった模試問題集が
ロバート・ヒルキが出版されている問題集でした。

今回はその紹介です。

 

つまるところ僕は、
何冊もお勧めの問題集を紹介したいのではなくて、
ロバート・ヒルキの問題集のみでいいと思っています。

 

何冊も勉強する必要はありません。
少なくとも、あれもこれもという勉強をしている内は
TOEICのスコアが上がる事は一切ありませんでした。

 

このような劇的な上がり方をしたのは、
英語力のベースにロバート・ヒルキがいたことが大きいです。
本当に当時は助かりました。

感謝しかありません。

 

感謝の気持ちを込めてこの記事は本音で書いていこうと思います。

あなたの今後を英語力を左右する話をしていきます。
興味あれば最後まで見て下さい。

 

ロバート・ヒルキとの出会い

当時、TOEICが400点より点数が上がりませんでした。

 

TOEIC初心者の僕からしたらTOEICは問題数が多いし、試験時間は2時間と長いのに、
受けたらすごく短く感じるので、
どう勉強したらいいのかさえ分かりません。

初心者だと手を施し方が全く分からないんです。

 

あれもこれもやっているけど
点数が低すぎて
一体どこから手を付ければ正解なのか?

もういっそのこと素直になって
中学英語を勉強し直した方がいいのか?

 

でも、時間かかるし、大変そうだし、
TOEICに直接的に関係ないことも勉強する気がするしなぁ。

これは困ったぞ。

当時の僕は、こんな心境でした。

 

何をすればいいのか?
についてネットで探したり、
友達に聞いたりして、
勉強法について悩んでいました。

 

そして、色んな人に聞きまくっていたところ
CAに受かった先輩からこの参考書を受け取りました。

(この書籍は古くなったので現在は新しい参考書が発売されています)

参考書を貰ったときは、

「うわー。模試タイプの参考書か・・・。」

これって3回も収録しているし、
解き終わるのに時間が掛かりそうで、
大変そうだなぁ。

と思いながら貰ったんですね。
(貰っておきながら失礼極まりないけど、当時は簡単に点数を上げたいと思っていたので情弱思考でした)

先輩は
「これやったらTOEICの点数上がるからやってみなよ!」
と言って渡してくれました。

 

正直なところ
僕には難しそうだったので「(簡単なものがいいから)お気持ちで十分です!」と言いそうになりましたが、

すごい自信満々の顔をしていたので

「CAに受かるくらいの先輩がオススメしているなら間違いな!」
と、先輩を信じて模試に挑戦してみることにしました。

 

ロバート・ヒルキの模試問題集のいい点

いざ受け取り、社交辞令みたいに
「やります!」と言ったは良いけど、

「やっていなかった。」となるとカッコ悪いな。
と思ったのでとりあえず数ページを見てみました。

 

見てみたらパートごとの時間や、
600点を取るなら何問合っていればいい。

といった様に、超具体的に細分化されていました。

以下に、お勧めできるポイントを紹介していきます。

 

オススメするいいところ①細分化

パートごとの目標が分かりやすいく細分化されている。

 

おぉ、これなら具体的な目標を掲げられるな!
と思ってモチベーションが上がったのを覚えています。

そして、パートごとの超具体的な
「点数を上げるための技術」が紹介されていました。

 

オススメするいいところ②技術

点数を上げるための技術が紹介されている。

 

つまり、TOEICとは、基本知識を知って
型を知れば解けるということを知りました。

 

今まで400点に滞っていたのは、
猪突猛進に勉強して、
無謀にTOEICを受験していたからです。

 

もちろん、英語の土台となる
英単語は必要ですが、
TOEICの土台には、英語の知識が必要だったのです。

 

そして、その選択肢がなぜ合っているのか?
他の選択肢が違う理由は何か?
を「森タイプ」「木タイプ」という
教え方で紹介してくれました。

また、全文を読まないと答えられない問題なのか?
部分的なキーワドさえ掴んでしまえば解ける問題なのか?

そういった見分け方も知りました。

オススメするいいところ③問題タイプ

問題のタイプを教えてくれる。

いざといてみると、
全然解けないし、自己採点もひどい有様でした。

 

でも、3回分あるし、
後の2回で巻き返せばいいや!
と思ってひたすら英語の土台を必須で学びました。

(新しくなった参考書は1回分のみ模試を収録してます)

 

そして、最大のいい点は、
全体を通した時間配分と、
このパートでは何問の正解数を目指せばいいぞ。
という具体的な数字の目標が出来た点です。

 

オススメするいいところ④時間配分と正答数

時間配分と具体的な正答数を知れる。

これを意識しながら何回も解くのだから
そりゃ点数が上がるよねって感じです。

 

TOEICに出てくる文章がどんな内容を好んでいて、
どこに正解の糸口があるのかも段々と分かるようになってきました。

 

これだけやって
上がらない方がおかしいなとも思いました。

 

オススメするいいところ⑤文章の内容

TOEICの問題は、傾向を掴んで知識さえあれば
600点ほどなら楽に行けます。

傾向を掴むために、
何回か復習してTOEICの文章がどんな内容かを知れたのは
とてもデカかったですね。

 

このようにしてTOEIC対策をしていきました。
で、TOEICを受ける日が近づいてきました。

 

誤解しないように紹介すると、
僕は英語を勉強する時間が十分に取れていたわけではありません。

 

模試問題で対策している時は、
バイトで深夜2時に帰宅する時もあったし、
大学生だったので、昼間は工学を学んでいました。

 

スキマ時間を作っては、
ロバートヒルキの問題集に目を通すような環境です。
スキマ時間しかないから短い時間でも
効率を上げて、伸びる勉強法をしていきました。

 

TOEICの受験日がきた!

で、このようにコツコツと勉強をした結果、
模試の3回あるうちの2回分を勉強できて、
最後の1回はパスすることになっちゃいました。

 

3回分勉強できたら、もっと点数が取れたんだろうなぁ。
まー。仕方ない。

 

モチベーションが低下したときもあったので
昔の自分に後悔はしてられません。

 

受験日は、ロバートヒルキからもらった知識と自信をもって
胸を張ってTOEICを受けてきました。

TOEICが始まったら
模試で受けているように、

 

「このパートは何としても~問正解して見せる!
時間もあるから捨てる問題は気にしない!
前のパートでミスあるかもしれないから
ここは確実に取るぞ!」

という意気込みでやっておりました。

 

2時間とは早いものであっという間に時間が過ぎてしまいます。

やっぱり全問は解けないので、
最後の問題は塗り絵になりました。

それでも、過去最大の出来栄えだったと思います。

試験が終わったら、心の中では、
「600きたわぁああ。過去最高の出来栄え…!!!」
と小さくガッツポーズをしてました。

 

テスト結果出ていないのに、なにこの自信(笑)
って感じですよね。

でも実力が出せた時って
結果が出る前から何となく分かりますよね。その感覚です。

 

TOEICの結果が返ってきた!

TOEICは結果が返って来るのが遅いので
本当に待ち遠しかったですね。

 

マークシートなんだから
機械で〇つければ時間かからないのに、もったいぶるなぁ。
と思っていました。

 

後々知ったことなんですが、
TOEICは受験者のスコアを正しい点数を算出するために
過去の統計から正確な分析しているようです。

 

興味あればこちらを参考にしてください。

 

で、ネットで開示されるときに、
ドキドキしながら結果を待っていたら
そこには、「625点」という表示がありました。

「え?600点いったの?え?」

みたいな驚き交じりだし、かなり嬉しかったですね。

 

気が付いたら
「よっしゃああぁあああ!」
と声上げていました。

 

ようやく600越えたぞ。
努力って本当に報われるんだ。
ってことを体験したときでしたね。

 

それから
正しい方向性に向かった努力をすれば、報われる。
というのを本気で確信するようになりました。

 

本当にうれしすぎて、
スキップしたり、鼻歌歌ったり、
だいぶ調子に乗っていました。(笑)

 

625点の点数になれたのも、
全てはロバートヒルキの問題集を真剣にやったからです。

 

もし、僕が模試なんて、
量が多くてやってらんなわー。
とかいって、自分の常識の範囲で済ませていたら
きっとTOEICの点数が上がる事はなかったでしょうね。

 

だから、いかに自分を信じないということも大事です。

 

できる人から教えてもらったことを吟味しながらも
自分事のように受け取って先ずは素直に試すということが重要なんだなと感じました。

で、それから
言語界の巨匠と出会って、
僕の常識がさらに壊されていくことが起こります。

 

これについては長くなるのでメルマガの方で話しています。
僕の英語力が180度変わった2度目の瞬間でした。

 

因みに、1度目は、
ロバートヒルキの問題集との出会いです。

 

といったように、
良い問題集との出会いは、人生を変えるような経験です。

 

だから何度も問題集と出会いを体験しなくても良いから
たった1つの縁を大事にして繰り返し勉強する。

これが大事なんです。

シンプルなんだけど、
これが出来ないから英語力が伸びない人がいます。

正しい勉強法を知らずして
努力に裏切られる人がいます。

 

これってとても悔しいじゃないですか。

そんな悔しい経験をする人を減らしたいと思い、
今回この記事を書きました。

 

僕が使っていた問題集はもう古くなりましたので、
もし、これから模試でTOEICを対策するなら
ロバートヒルキの最新の書籍があります。

こちら参考書から具体的なステップを踏んで
TOEICの点数を上げていってください。

 

買ったら、是非メール下さい。
そんぐらい押します。
簡単だった、難しかった、とかでも大丈夫です。

 

人には合う合わないありますからね。
むしろ、合わなければ買い取ります。
連絡くれれば割と本気で。

 

この記事とは別に、600点取った時の詳細な勉強法についてはこちらの記事に書きました。
興味あれば参考にして下さい。

保存しておくと後から見る時に便利ですよ。

 

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕は留学してないけど、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

関連記事

  1. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?

    こんにちは、ベルです。6月になりましたね!1年間の半分で折り返しの…

  2. mind

    【保存版】1ヶ月で英検1級、TOEIC800点越えするために共通する勉強法

    どうもベルです。今回は最短1ヵ月で、英検一級取得とTOEIC8…

  3. 勉強法

    英語学習のモチベーションを今すぐ簡単に上げる10の方法

    こんにちは、ベル(@bellthrough)です。僕のメルマガ読者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2ヶ月でTOEIC830 点達成!

1ヵ月の勉強で
400点だったTOEICが600点に。

 



当時は600点で満足していたが、
井の中の蛙であることを認識し、

 

 


上のレベルを目指すため
去年、2ヵ月の勉強期間で830点に。

 



もっと詳しく僕のことを知りたい人は、
下記から読んでください。



>>プロフィールはこちら

 

初心者用コーナー


英語学習のチケット

 

 

英語の基礎知識から法則まで学べて、


モチベーションを保つコツも
紹介する


コーナーです。

 

 

Youtube音声なので、聞き流していても


英語脳になっていき、


勉強効率がグッと良くなります。

ブログでは言わないことを話します

おすすめ記事

  1. 勉強法

    【新TOEIC】公式問題集の難易度は?
  2. 勉強法

    子育て主婦が英語をマスターするための7つの最短勉強法!【保存版】
  3. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術
  4. 勉強法

    英語をカタカナ発音で読んでしまう理由は?初心者にも分かりやすく原因から解決策まで…
  5. business

    会社形態・部署・職業の英単語は?簡単に言うコツ
PAGE TOP