英語脳

英語教育

TOEICとセンター試験を比較すると?2020年には大きく改革される事

この記事は5分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

今回は、英語がより重要視されてきた
ということをお伝えしたいと思います!
今まで、さんざん日本人は
「義務教育で数年間も英語を勉強しているのに
英語話せない!できない!!」

 

ってことが問題視されてきましたけど、
ようやくこの事態に国を挙げて
改革されることが決まりましたね!!

 

 

センター試験がTOEICに置き換わる?!

どんな改革かというと、
2020年に大学入試改革が実施されるということです。
現状、共通テスト(いわゆるセンター試験)はリスニングとリーディングだけの
2技能が点数化され、ライティング(スピーキングも?)
は各大学での個別試験でしか評価されていませんでした。

 

 

それが、2020年から大学受験する方は
リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングの
4技能を受けることになりました!!

 

パチパチ!!
いやー、ようやくかー!
って感じですね。

 

 

僕ら、ブロガーの間では、
日本の教育方針は英語力がつく体制が整っていない!
だからこそ他国と比較すると劣っている。

 

 

ということを何度も発言して来たんですよ。
それが、ついに実を結びました!
まさか、入試制度が変わるとは。。。(笑)

 

2020年からセンターで英語を受験する方は、
「勉強量増えるじゃん!」って
僕らに文句は言わないでね(笑)
きっと、君たちの未来の糧になります。

 

 

今は、「このくそー!」って思ってもいいので、
頑張ってください。

 

今までのセンター試験とは、異なり
思考力・判断力・表現力をより重視していく方針なので、
現行のマークシート形式での問題が
なくなる可能性もあるとのことです。

 

 

なので、記述式の問題が多くなる
もしくは、全部移行される可能性もあります。

 

 

では、英語4技能をどのように評価していくのか?
というと、4技能を評価できる民間の資格検定試験を
センター試験代わりに導入していくみたいですね。
つまり、センター試験の代わりにTOEIC等でOK!ってことです。

 

 

そもそも、センター試験とTOEICの能力値はほぼ一緒なんですよ。
どうゆうこと?ってなりますよね。
詳しく説明していきます。

 

 

英検の団体が、どれだけセンター試験でとった点数と
英検でとった点数が関係しているのか?
という調査を2015年に行ったんです。

 

具体的な調査内容は、英語検定試験「実用英語技能検定(英検)」と
大学入試試験に対応するアカデミックな英語運用能力を
測定する「TEMP」をそれぞれ受験してもらい、
試験結果の相関関係を調べました。

 

英検はご存知だと思うんですが、TEMP何?!
ですよね。

 

TEMPはセンター試験でどれだけ点数を
取ることが出来るかを調べるためのテストです。
なのでTEMPで出題される単語も大学教育レベルに
ふさわしいものとなっています。
TOEICがビジネス用で、TEMPは大学教育用という位置づけです。

 

 

調査結果は、英検とTEMP両試験で相関関係が定量的に証明されました。
つまり、センター試験と英検は、どちらかのテストで
一定の点数を取っていれば、もう片方の試験の点数が担保されますよ
ってことです。

 

どうせならもっと調べちゃおう!
ってことで、2000人以上が調査されて、
相関係数という数字を導きました。

 

 

相関係数というのは、
「勉強時間が長いほうが学力が高い傾向がある。」とか、
「身長が高い親子から生まれる子供は、身長が高い。」とか
っていう2つのパラメータがあって、2つが関係しているのかどうか?
っていうのを数字で表したものです。

 

 

この調査の結果、センター試験とTEMPの相関係数は
とても関係している値になり(r=0.798)、
センター試験と英検の相関係数も
とても関係している値になり(r=0.894)
英検とTEMPの相関係数もとても関係している値(r=0.844)になりました。
参考リンク

 

値とか詳しいことは覚えなくてもいいですが、
英検・センター試験・TEMPは関係性が高いよ!!
ってことを覚えておいてください。

 

センター試験と各資格検定試験の点数割り当て

では、点数ごとに比較してみると、
どのように点数が置き換わるのかを紹介します!

センター試験TOEIC英検TOEFL IBT
110350準2級
120400準2級
130450準2級
140500準2級
1505502級
1606002級
1706502級
1807002級
190750準1級65
200800準1級70

 

あくまでも参考程度にしてください。
近いレベルにあるというだけで
必ずこの点数が取れることを意味しているわけではありません。

 

実際のところまだ決まっていない

この様に調査した結果現状候補とされている民間の試験は、
英検やTOEIC、TOEFL、IELTS、GTEC、
ケンブリッジイングリッシュ等です。

 

受験会場数などで、不平等なことが起きないために、
いろいろと検討しているようですね。

 

僕的には、TOIECでいいんじゃない?
と思いますけどね。

 

TOEICなら、実施回数、受験会場、知名度、受験者が多いから
精確なレベルを把握できます。
受験料もそれほど高いものでもないですし。
TOEICが他の英語テストよりも手軽に受けれるテストだと思います。

 

大学生になったらどうせTOEIC受けることになりますしね~。
早いうちから慣れるためにも僕はTOEICを激推しです!(笑)

PR.今までのノウハウを全部つぎ込んだ「短期間で英語力が向上する」書籍を今だけ無料で読めます

初受験でTOEIC満点を取り、
10年海外に滞在した経験から導かれた

英語の本質的な勉強法を大公開!
ここでは言えない「秘密のプレゼント」がついてきます。

 

「TOEICの点数を上げたい!


「単語の効率的な勉強の仕方を知りたい!」


海外ボランティアに行きたい!」

「海外アーティストの情報をいち早くキャッチしたい!」


学生だけど英語の勉強いるの?」

暇な時間に英語の勉強をしたい!」
 


自分の可能性を広げるために英語の勉強して海外に行く!」

 

「留学費用が高いから国内で英語の勉強をしたい!」

 

などなど、多岐にわたって解説し、
すぐに「英語力」がアップするロジックを
再現性の高いものにまとめました。

 

短時間で英語力を上げる体系本
全44ページの大ボリームを
読むだけで英語学習が劇的に変わるでしょう。

 

電子書籍の受け取りはコチラから

 

メルマガもやっているので、
日々の英語力を英語力を上げたい時に
参考にしてください。

 

メルマガでは、英語力を上げる「より詳しい方法」や
ブログでは公開できないような「ここだけの英文」
新鮮で旬な「情報」を発信しています。

 

「英語を楽しみながら勉強することが出来た!」と
感想を頂くこともあります。
是非、日々の英語学習に役立ててください。

 

メルマガの登録はコチラから出来ます。

 

1日に1通程度の軽い量なので、
サクッと読むだけでもかなり力がつきます。

夢をかなえるため、一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

関連記事

  1. 英語教育

    レーガン大統領のスピーチから学ぶ英語の名言【勇気】

    こんにちは、ベルです。英語を楽して勉強したい時には…

  2. 大学生の英語

    【学生必見!】取得したい英語資格

    こんにちは!ベルです。今回は各学年ごとに取得しておきたい、又は取得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. bell

    英語に対する僕の本音
  2. 勉強法

    1カ月でTOEIC点数を大幅に上げるためにするべき3つの事
  3. business

    カフェ店員に必要になる英語力とは
  4. 留学

    留学のメリット|英語を話せるようになって差別化しよう!
  5. mind

    英語メールで見えてきた書き方以上に伝えたいもの
PAGE TOP