英語脳

mind

赤信号は一人で渡っても怖くない

この記事は4分で読めます

こんにちは、べるです。

 

先日、研究室のセミナーがあり、参加してきました!
そのセミナーで講演した方達はまだ役職が助教の人たちで
まだ大学の教員になってから日が浅いんですよ。

 

日が浅いといっても、学生の頃から研究を続けているので
ざっと10年間くらいはその分野に精通しています。

 

で、3人の方が講演をしてくれたんですが、
3人目の方は考え方がハッキリしていて、かつ
抽象的に物事を捉えていたため、ものすごく自分のためになりました。
方法もぶっ飛んでいて僕自身の発想も広がりました。

 

 

というのも、「自分の研究の根底には~がある」から始まり、
この分野は、AとBが組み合わさってCになったものである。

 

研究方法は対象をヒストグラムに分けて、ベクトルにし、共通点を見つける。
といった内容です。

 

まぁ、僕も全部は理解できていないです。(笑)
でも、この方の話を聞いていて大事だなと思ったことがあって、

 

目的に達するためにAという方法の後に、Bという方法・・・・
と一見遠回りと思える方法を取ることで、既存の方法よりも
圧倒的に早いスピードで結果が得ることが出来た。

 

という点です。

 

この様に遠回りに見える方法こそが、
「圧倒的に早く成果を得るための手段だった」
ということは理系をやっていると多くの場面で見受けます。

 

 

数学なんかはそうゆう教科ですよね。
特に証明なんて、いちいち言わなくても分かるじゃん(笑)
って毎回思いますもん。

 

身の回りの技術でいえば、スマフォもそうです。
今ではほぼみんな持っているスマフォですが、
カメラって昔よりもかなり画質がよくなったと思いませんか??
しかも小さい。

 

持ち歩くものだから
小さい方が良いと考えるので、当然小さくなるように設計を考えます。
業界の流れも小さく出来ないか??
と頭を捻らせていました。

 

でも、ある技術者は
その時の業界の流れとは逆の手法を取り、
サイズが大きくなる設計を考えました。

 

その結果、画質がすこぶる良くなり、
今の主流の技術はこのサイズが大きい設計が用いられています。
この業績が認められてイギリスの王女から直接
クイーンエリザべス賞を受賞しています。(日本人初の受賞で賞金は1億円)

 

 

つまり、「赤信号みんなで渡れば怖くない」
なんて言葉がありますけど、「赤信号を一人で渡った時」こそ
真に価値あるものが見つかります。

 

 

その時代の流れを逆に捉えることが
むしろ、その後の時代を先どることが出来る
視点を養っているわけです。

 

この様に鍛えられた視点は、周りとは違った視点になるんですよ。
僕は助教授たちの講演を聞いて色んなアイデアが出てきました。

 

 

視点が変わると、思考が変わる。
思考が変われば、行動が変わる。
行動が変わったら、周りとの差別化が出来ます。

 

でも、一人で赤信号を渡ると車に引かれることもあるので 
そこら辺は気を付けてくださいね。(笑)

 

 

いつもは時代の流れに乗っているけど
たまには逆らってみるというのが大事なんです。
違う視点のスイッチを入れるタイミングを見極めないといけません。

 

 

スイッチを簡単に入れるためコツは
いつもはハードルが高くてやってこなかったことを
日常にしてしまえばいいんです。

 

 

例えば、思い切って海外旅行に行くとか、
街中の外国人に話しかけてみるとか、
goeigoに通ってみるとか・・
方法なんていっぱいあります。

goeigoについてはコチラ↓


 

ただ、やってみたら分かるんですけど
「割と簡単じゃん!」
てなるんですよ。

 

 

この簡単じゃん!
って経験を増やしていくと、
スイッチのオンオフの調整が簡単に出来る様になります。
是非試してみてください!

PR.英語のノウハウを全部つぎ込んだ「短期間で英語力が向上する」書籍990円を今だけ無料で読めます

書籍ダウンロードが2000人を突破!
完全無料・会員専用英語サイトの登録者数NO1!
英語に対して抵抗を持ちTOEIC400点だった私自身が1ヵ月で660点になりました。

 

本質的な英語の勉強法を期間限定で公開
ここでは言えない「秘密のプレゼント」もあり、
そちらでは、英語の理論を日本人が徹底的に伝授します!

 

「就活のためにTOEICの点数を短期間で上げたい!


海外旅行・ボランティアに行きたい!」


「たくさんの単語を効率的に勉強したい!」

「海外アーティストの情報をいち早くキャッチしたい!」


「暇な時間に英語の勉強して外国人の友達を増やしたい!」

「就活のために英語以外にもスキルを身に付けたい!
 

自分の可能性を広げるために英語の勉強して海外に行く!」

「留学費用が高いから国内で英語の勉強をしたい!」

「現地でも使える英語を身に付けたい!」

「仕事の幅を広げてキャリアアップしたい!」

 

 

「短時間で英語力が上がる」電子書籍は
20分ほどで気楽に読める内容になっています。

 

電子書籍の受け取りはコチラから

 

メルマガも配信しており、そちらでは英語力を上げる「ロジック」や
ブログでは公開できないような「ここだけの英文」
新鮮で旬な「情報」を発信しています。

 

「英語を楽しみながら勉強することが出来た!」と
感想を頂くこともあります。
是非、日々の英語学習に役立ててください。

 

メルマガの登録はコチラから出来ます。

 

1日に1通程度の軽い量なので、
サクッと読むだけでもかなり力がつきます。

夢をかなえるため、一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

関連記事

  1. mind

    【英語が下手な人の話し方】英語で自己紹介!厳選4パターン

    こんにちは、ベルです。 中学校・高校と英語を勉…

  2. mind

    【ビリギャルから学ぶ】マイナススタートだからって怖いものはない

    こんにちは、ベルです。『ビリギャル』っていう映画知…

  3. mind

    【速読】英語を速く、正確に読めないってすごく損してない?

    こんにちは、ベルです。 今回は、英語において非常に大事なスキルであ…

  4. life

    英語を勉強する時に集中力を高めるコツ|禅・マインドフルネス

    こんにちは、ベルです。 昨日、髪を切ってきました。 いつも…

  5. 犬

    mind

    【とにかく便利】英単語帳で嘘みたいに暗記出来る記憶術

    こんにちは、ベルです。 僕の住んでいるところから新幹線で東京に…

  6. mind

    気持ちで負けるな!やる気がでない原因は!?

    こんにちは、ベルです。 最近、本当にやる気がで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. business

    カフェ店員に必要になる英語力とは
  2. life

    日本という無人島
  3. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。
  4. 英語脳

    英語脳の作り方!英語脳を徹底的に解説!
  5. 英語教育

    レーガン大統領のスピーチから学ぶ英語の名言【勇気】
PAGE TOP