英語脳

life

社会人にとって一番最適な睡眠時間とは?!

この記事は8分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

最近は、睡眠で悩む人の数が増えているみたいで、特に日本ではほかの国に比べてると、とても多くの人が睡眠について何らかの悩みを抱えているようです。
その数は2000万人以上もいるみたいです。

 

この悩みは「睡眠時間」「寝具(枕など)」を見直したら改善されることがほとんどです。今回は「睡眠時間」について解説していきます。

 

「適切な睡眠時間をしりたい。」
「睡眠時間が短くて困っている。」
そんなあなたは、この記事で朝すっきりとした寝起きになること間違いなし!

 

もし長く寝ていても「寝汗がひどい」「肩こり・頭痛がする」といった悩みなら、寝具を見直せば解決するものなので
コチラの記事を参考にして下さい。

 

あなたに合う枕の高さは?選び方のポイント

 

みんなはどれだけ寝てる?

1日の平均睡眠時間は、「6時間以上7時間未満
と回答した者の割合が男女とも最も高く、男性34.4%、女性33.9%でした。
厚生労働省の平成26年「国民健康・栄養調査」より

 

 

睡眠状況では、
睡眠で休養が充分にとれていない人の割合は20.0%います。

 


20%といったら5人に1人の割合でいますからかなり多い人数ですよね。

最近になってますます増加傾向にあり、現代病の一つとも言えますね。

 

 

都道府県毎の睡眠時間ランキング

順位都道府県名時間
1秋田県8時間2分
2青森県8時間1分
3高知県8時間

         :
         :

46奈良県7時間33分
47神奈川県7時間31分

睡眠時間が長いランキング1位が秋田県。その時間は8時間2分
次いで2位:青森県8時間1分。3位:高知県8時間
東北がその後もランクインしています。

 

予想通り、田舎と言われている地方は
睡眠時間が長い傾向にありました。
最下位は神奈川県の7時間31分です。

 

全国平均は7時間42分でした。

 

自分の住んでいる地域がどれだけ寝ているのか
チェックしてみてください!
⇒47都道府県の睡眠ランキング

 

 

都道府県毎の夜更かしランキング

先程のランキングで、各県の睡眠時間が分かりました。
では、各都道府県はいったい何時に寝ているのでしょうか。

順位都道府県名睡眠時刻
1東京都23:41
2神奈川県23:36
3大阪府23:32

         :
         :

45青森県22:35
46秋田県22:35

やはり1位は首都の東京都で寝る時刻23:41でした。
次いで2位:神奈川県23:36。3位大阪府23:32
その後も政令指定都市がランクインしています。

 

ランキングが低い(早く寝てる)都道府県は
やっぱり東北地方が多くを占めています。

 

 

全国平均は23:15です。
全国平均が23時を超すんですね。

 

ちょっと驚きの結果でした。
目安として、金曜ロードショウが終わるまでは起きてる!
って感じですかね(笑)

 

あなたの県は何時に就寝していますか?
チェックしてみましょう!
⇒47都道府県ランキング

 

 

あなたに最適な睡眠時間は?

深い眠りと、浅い眠りの睡眠の周期が1時間30分ごとに繰り返されるので
全国平均睡眠時間の7時間42分を目安に睡眠すると
気分スッキリで気持ち良く起きれると思います。

 

つまり、7時間程度の睡眠をとっていると
健康的な生活を送ることが出来ます。

この7時間程度寝ている人の寿命は
長いことが統計結果から分かっています。

 

あなたに適した睡眠時間は年齢と共に変化しますが、
7時間程度寝ていれば、健康的に生活を送れます。
睡眠時間を探る旅は生きている時間だけあるということです。

 

 

例えば、あなたが12時に寝たら
朝7時半に目覚ましをセットして起きると
眠気が無く気持ちよく起きれるということです。

 

でも、目覚ましをセットしても時間通りに
起きれないこともありますよね。

 

そんなときの対処法として、
スマホで数分おきに何回もタイマーをセットしているという
方もいると思います。

 

ですが、この方法だと眠気が残ったまま
目覚めてしまう危険性があります!

 

タイマーのコツ

しっかりと寝ているはずなのに眠気が残っていて、もうちょと寝たくなる。。。
そんな経験ありませんか?
僕もそんな日々が続いていたんですが、この方法を試してからはスッと起きれるようになりました!

 

先ほど説明したように深い眠りと、浅い眠りの周期が90分周期ですよね。
では目覚ましと体の周期を考えたことはありますか?1度目のタイマーからむやみに5分間隔でセットしていたら体の周期とフィットせずに

 

体「もっと寝たい・・。」
タイマー「起きろ!」
とアンバランスな関係になってしまいます。

 

そのため、体とタイマーの周期を一致させる必要があります。多くの人にとってのその周期時間は20分といわれています。

 

つまり、起きる時間が6時半だとしたら
一度目が6時10分にセットし、次は20分後の6時30分にセットする。こうすることで、一度目のタイマーで半覚醒状態にし、二度目のタイマーがなったところでスッと気持ちよく起きれます。

 

是非今日から試してみて下さい!
僕はたったこれだけでスッと快適に起きれるようになりました。

 

また、まとまった睡眠時間をとれない日が続くと
睡眠負債を抱えている状態になっています。

 

睡眠負債とは

僕自身、少ししか寝ないショートスリーパータイプで、
自分で決めた深夜ギリギリまで起きています。
なので、6時間睡眠はもう日常になっていました。
(というかそれよりも少ない日もありますねぇ)

 

そのため、昼寝はありきで行動しています。
つまらない授業やお昼ご飯を食べた後は、
格好の昼寝タイムになります。
昼寝をしなかったらすごく眠いですもん(笑)

 

でも実は、6時間しか寝てなくて、昼寝もしてない時っていうのは、
「睡眠負債」を抱えている状態でもあります。
(参考リンク:NHK睡眠負債が危ない

 

睡眠は貯金の様に体内に出し入れ出来ないので、
長く睡眠をとった次の日は全然眠らずに活動できるかというと
それは無理です。出来ないんですよ。

 

 

逆に睡眠不足はどんどん体に蓄積されていきますけどね(笑)
それが、睡眠負債というわけで、
負債が溜まると2晩徹夜した脳と同じ状態になってしまいます。

 

6時間睡眠を2週間続けると、
「集中力や注意力が2晩徹夜した状態とほぼ同じレベルまで衰えてしまう」
ことを示したアメリカの論文で発表されました。
(参考リンク:OXFORD大学論文記事「Sleep」

 

 

しかも、この負債はちょっとずつ重ねていき、
あなたが気づかない間にとんでもない額になっているわけです。

 

 

知らず知らずのうちに睡眠負債を抱えている
と考えると、ちょっと怖いですね。
2晩徹夜したのと同じ状態だと頭は全く働かなくなっていますからね(笑)

 

 

あなたが「自分は、出来ている!!」と思っていても、
客観的には脳のパフォーマンスが落ちているってこともあり得るわけです。
自覚していないことを自覚しないといけません!

 

 

そのため、「ショートスリーパーになりたい!」とか、
「3時間寝る生活が当たり前!」
という人は1度、
あなた自身の睡眠生活を見直してみてはどうでしょうか。

 

 

また、どうしても遅い時間に寝ざるを得ない
生活習慣の方もいると思います。

 

そんな方は、いくら遅い時間に寝るとしても、
規則正しい生活習慣にすることが望ましいです。

 

一昔前は、寝る間も惜しんで働いて、結果を出すぞ!
というのが重要視されてました
(今でも体育会系のところだとこの流れはあるみたいですが。)

 

睡眠時間を確保するために効率的に
英語の勉強をしたいときは
コチラを参考にしてみて下さい。
英語力を向上!短期間で伸びた人の勉強方法

 

 

ですが最近では、プレミアムフライデーが開始されて、
会社に左右されない、個人の時間を確保する流れが
社会全体に広まっています。

 

 

まだ一部でしか実施されていないようですが、
ゆくゆくは、これが当たり前となって、
睡眠生活も重要視される時代が来ます。
というかもう頭をのぞかせていますよね。

 

 

効率的に仕事を進めるという点から
睡眠もしっかりとることを
勧める社会になっていくと思います。

 

学習にしてもそうですが、睡眠も”効率的に”
というのが大事になってきます。

 

効率的に寝ることで疲れを落とし、
日中に勉強をして最高のパフォーマンスをしていきましょう!

PR.今までのノウハウを全部つぎ込んだ「短期間で英語力が向上する」書籍を今だけ無料で読めます

初受験でTOEIC満点を取り、
10年海外に滞在した経験から導かれた

英語の本質的な勉強法を大公開!
ここでは言えない「秘密のプレゼント」がついてきます。

 

「TOEICの点数を上げたい!


「単語の効率的な勉強の仕方を知りたい!」


海外ボランティアに行きたい!」

「海外アーティストの情報をいち早くキャッチしたい!」


学生だけど英語の勉強いるの?」

暇な時間に英語の勉強をしたい!」
 


自分の可能性を広げるために英語の勉強して海外に行く!」

 

「留学費用が高いから国内で英語の勉強をしたい!」

 

などなど、多岐にわたって解説し、
すぐに「英語力」がアップするロジックを
再現性の高いものにまとめました。

 

短時間で英語力を上げる体系本
全44ページの大ボリームを
読むだけで英語学習が劇的に変わるでしょう。

 

電子書籍の受け取りはコチラから

 

メルマガもやっているので、
日々の英語力を英語力を上げたい時に
参考にしてください。

 

メルマガでは、英語力を上げる「より詳しい方法」や
ブログでは公開できないような「ここだけの英文」
新鮮で旬な「情報」を発信しています。

 

「英語を楽しみながら勉強することが出来た!」と
感想を頂くこともあります。
是非、日々の英語学習に役立ててください。

 

メルマガの登録はコチラから出来ます。

 

1日に1通程度の軽い量なので、
サクッと読むだけでもかなり力がつきます。

夢をかなえるため、一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

関連記事

  1. life

    英語を勉強する時に集中力を高めるコツ|禅・マインドフルネス

    こんにちは、ベルです。 昨日、髪を切ってきました。 いつも…

  2. life

    あなたはどのタイプの性格?!知ることで見えてくる未来のこと

    こんにちは、ベルです。 僕は昔からよく人を観察…

  3. business

    企業と英語力の関係

    こんにちは、ベルです。 今回は英語力を上げている企業がどんな取…

  4. life

    【もう悩まない】あなたに合う枕の高さは?3つの選び方のポイント

    こんにちは、ベルです。睡眠に何らかの悩みを持った人…

  5. life

    日本という無人島

    こんにちは、ベルです。世界という大きな観点からみた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 勉強法

    Goeigoは宗教に勧誘される? 無料英会話教室の評判をまとめてみた
  2. diary

    感動。『タイタニック』の名言を6つのシーンで振り返る!
  3. mind

    【速読】英語を速く、正確に読めないってすごく損してない?
  4. business

    英語を勉強しない時にも英語力がどんどん上がった話
  5. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない
PAGE TOP