diary

感動。『タイタニック』の名言を6つのシーンで振り返る!

この記事は10分で読めます

こんにちは、ベルです。
前回はタイタニックを大人になってから改めて見た時の新しい発見をお伝えしました。
その記事はこちらです。

今回は、新しい発見につながったタイタニックの名言
シーンと一緒に説明していきたいと思います。

必死に説得|ジャックの名言

ジャックが初めてローズに話しかける時なんですが、ローズは人生に嫌気がさし、
船から海に飛び込もうとしています。

その時のシーンはとても熱がこもっていて、ジャックが必死に説得しています
その熱で次第にローズも考えを改めていきます。

 

ジャック
「You let go and I’m gonna have to jump in there after you.」
(君が飛び込んだら、僕は君に続いて飛び込まないといけない。)

ローズ「Don’t be absurd. You’ll be killed.」

ジャック「I’m hoping you’ll come back over the rail and get me off the hook here.」

ローズ「You’re crazy.」

ジャック「With all due respect miss, l’m not the one hanging off the back of a ship」
「Come on」
「You don’t wanna do this.」

手をとり手すりから船の方に誘導しようとする
すると、足を滑らせローズが宙吊りに

ジャック「I’ve got you. I won’t let go」

「Now pull yourself up. Come on!」

自分の生き方に誇りをもつ|ジャックの名言

ジャックの考えがまとめられたシーンです。
ローズの母親がジャックに突っかかるんですが、
ジャックは自分の考えや価値観が固まっているので、それを正確に伝え、
ローズはその考え方に惹かれていきます。
最後にはローズがジャックの考えを尊重して乾杯の音頭も取っています。

社長「He knows every rivet in her. Your ship is a wonder, Mr Andrews.」

母「And where exactly do you live, Mr Dawson」

ジャック「Well, right now my address is the RMS Titanic.」

母「And how is it you have means to travel?」

ジャック「I work my way from place. you know, tramp steamerand such.
But i won my ticket on Titanic here at a lucky hand at poker.

母「And you find that sort of rootless existence appealing, do you?」

 

ジャック

「Well, yes, ma’am, l do
I mean, Got everything need right here with me.
Got air in my lungs and a few sheets of paper.
I love waking up in the morning not knowing what’s gonna happen
or who I’m gonna meet, where I’m gonna wind up.
The other night I slept under a bridge.
Now l am on the grandest ship in the world
having champagne with you fine people.
I figure life’s a gift and I don’t intend on wasting it.(私は人生が贈り物だと思っていて、僕は無駄にするつもりはない。)
You never know what hand you’re gonna get dealt next.(みんな、次にどんな次の日が贈られるのかを知りません。)
You learn to take life as it comes at you,to make each day count. (あなた方は毎日の贈り物をカウントをするために人生を送るんです。 )」

ローズ「To making it count.」

 

真の自由とは何か|ローズの名言

自分の行こうとしている道が正しいのか、間違っているのか、
母親が示した人生を歩むのか、ジャックの様に一日一日に何が起きるのか分からない人生を歩むのか。
その決断をしてジャックの所に向い真の自由を感じているシーンです。

ローズ「I changed my mind.」

ジャック「Give me your hand.
Now close your eyes.
Go on.
Keep your eyes closed. Don’t peek.

ローズ「I’m not.」

ジャック「Hold on… Hold on.
Keep your eyes closed.
Do you trust me?

ローズ
「I trust you.」

ジャック「Ok, Open your eyes.」

ローズ
「I’m flying!」(私、飛んでいるわ!ジャック)

 

最後まで傍にいたい|ローズの名言

一度は小舟にのりタイタニックから生還する道を選びましたが、
最後までジャックと共にいることを選ぶシーンです。

ローズ「I’m not going without you. 」

ジャック「You have to… Now!
Get in the boat, Rose.」

ローズ「 No, Jack.」

ジャック「Go on. I’ll get the next one.」

ローズ「 No! Not without you!」

~~
ジャック「Got my own boat to catch. Hurry!」

ローズは船員に捕まりボートにつれ込ます。
しかしジャックの元に戻ってきて以下のやり取りに繋がります。

ジャック「You’re so stupid! Why’d you do that?」

ローズ
「You jump, I jump, right?(あなたが飛び降りたら、私も飛び降りる。そうでしょ?)」

ジャック「Right」

ローズ
「At least I’m with you.(最後まであなたと一緒よ。)」

フィアンセ
「I hope you enjoy your time together!」

フィアンセはもうブラックジョークをいってますね。
沈没するタイタニックで2人楽しく、最後までいなよ!ふん!
って感じですね。

 

どんな時にも諦めない|ジャックの名言

タイタニックは沈み、ローズは弱気になっていますが、
ジャックは諦めずにローズを励ましています。

この時にローズの将来について「君はこんな生活を送るんだよ。」と
未来の事について話すことでこれからのローズの生きる道しるべになっています。

 

ジャック「You’ll be all right now.
The boats are coming back for us, Rose. Hold on just a bit longer.
They… had to row away from the suction but… now they’ll be coming back.
Don’t you say your goodbyes. Not yet, Do you understand me?

ローズ「I’m so cold.」

 

ジャック

「You’re gonna get out of here.(君は生き残るんだ。)
You’re gonna go on, and you’re gonna make lots of babies, and you’re gonna watch ‘em grow.(そして、君はたくさんの赤ちゃんを作って、子供たちが成長するのを見守るんだ。)
You’re gonna die an old an old lady warm in her bed. Not here.(年を取って、暖かいベッドで死ぬんだ。ここじゃない。いいね?)
Do you understand me?

Winning that ticket was the best thing that ever happened to me.( 船の切符は僕の人生で最高の贈 り物だった。)
It brought me to you and I’m thankful for that, Rose.(君に会えたからね。ローズ。)
Never let go.(諦めるな。)

 

ローズ「I will never let go, Jack.」

 

 

心の中に生き続ける意志の炎|ローズの名言

どんな時にも諦めなかったジャックの意思を最後の最後まで引き継いでいます。
例え、写真や思い出のものがなくてもローズの心でジャックは生き続けていました。

探索チーム「We never found anything on Jack. There’s no record of him at all.」

ローズおばあちゃん
「No, there wouldn’t be, would there?
And I’ve never spoken of him until now.
A woman’s heart is a deep ocean of secrets.
I don’t even have a picture of him.
He exists now only in my memory.(女の心は、秘密に満ちた深い海のようなものよ。私の記憶の中にだけ、彼は今も生きているの)

 

最後に

洋画を見ることで英語の勉強にもつながりますし、記憶にも濃く残ります。
何より、自分が好きな映画を英語で見るっていうのは、楽しいですよね!

僕が「タイタニック」以外にもオススメしたい映画、ドラマは

「アバター」

「プラダを着た悪魔」

「suit(スーツ)」

「ショーシャンクの空に」

「インターステラー」

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

「インセプション」

「i ROBOT」

「AI」

どれも一度見ただけでは納得がいかず、何度も見たくなってしまうような
粒そろいの作品ばかりです。

英語の勉強もしつつ見てはいかがでしょうか?^^

 

PR.【無料レポート】期間限定で990円の書籍を無料で読む

初受験でTOEIC満点を取り、
10年海外に滞在した経験から導かれた

英語の本質的な勉強法を大公開!

 

「TOEICの点数が上がらない」
「英語を話すことが出来ない」
「学生だけど勉強した方がいいの?」
「暇な時間に英語の勉強をしたいんだけど何からしよう?」
「自分の可能性が広がるのかな?」
「留学に行かなくても英語が話せるようになるの?」

 

などなど、多岐にわたって解説し、
すぐに「英語力」がアップするロジックを
再現性の高いものにまとめました。

 

短時間で英語力を上げる体系本
全44ページの大ボリームを
読むだけで英語学習が劇的に変わるでしょう。

 

電子書籍の受け取りはこちらから

 

メルマガもやっているので、
日々の英語力を英語力を上げたい時に
参考にしてください。

 

メルマガでは、英語力を上げる「より詳しい方法」や
ブログでは公開できないような「ここだけの英文」
新鮮で旬な「情報」を発信しています。

 

「英語を楽しみながら勉強することが出来た!」と
感想を頂くこともあります。
是非、日々の英語学習に役立ててください。

 

こちらからメルマガの登録が出来ます。

 

1日に1通程度の軽い量なので、
サクッと読むだけでもかなり力がつきます。

夢をかなえるため、一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

関連記事

  1. diary

    持っていかれたぁぁ!!

    こんちには、ベルです。実は三連休中に リスニン…

  2. bell

    英語に対する僕の本音

    こんにちは、ベルです。人によっては批判されたり、賛…

  3. diary

    日本人の英語力はレベルが高い!?

    こんにちは、ベルです。 僕が大学の英語の授業を…

  4. diary

    【2017年版】最強の翻訳アプリを調査してみた

    こんにちは、ベルです。 僕が高校に上がると当然の様に電子辞書を…

  5. diary

    英語を話したい?じゃあ、何しようか。

    こんにちは、ベルです。先日、久しぶりに無料英会話が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

アンケート

  1. 英語脳

    右脳で英語を勉強して英語脳を作る!!
  2. mind

    赤信号は一人で渡っても怖くない
  3. mind

    英語の勉強でぶち当たる壁の壊し方
  4. お勧めめの本

    右脳で英語の勉強が出来る金のフレーズ!
  5. mind

    TOEIC当日の飲み物と食べ物|注意点10つ!
PAGE TOP