bell

英語に対する僕の本音

この記事は6分で読めます

こんにちは、ベルです。

 

人によっては批判されたり、賛同してくれるかもしれない
といった不安はありますが、今回の記事は本音をぶつけてみようと思います。

 


僕はプロフィールでも紹介した通り、
物事をうまく進めることが出来ない性格でした(今では多少直っていると思いますが)

 

話は幼稚園の頃に遡るんですが、
幼稚園の頃にすっごい仲の良かった友達がいっぱいいたんですよ。
毎日遊びに出かけてて、ベイブレードとか、遊戯王カードで遊んだりとか。
ゲームではほとんど遊ばなかったです。
というかほとんどの家庭にまだ据え置きゲーム機が普及していなかったです。

 

遊戯王はその頃にルールなんて分からないので
ただ絵が綺麗だとか、かっこいい、可愛いとかではしゃいでいました。
主人公の遊戯がこのカード使っているから絶対強いぞ!
とかそんな判断基準でした。

 

でも僕が通っていた幼稚園児達は僕とは違う地区の小学校に通うことになっていて、
小学校に上がるとみんなとはもう会うことは離れ離れになってしまうんですよ。
離れると聞いた始めの頃は、寂しいと感じるよりも
新しい環境に胸を弾ませていて、すっごい楽しみにしていました。(不安もあったと思いますが、楽しみの方が大きかったです)

 

で小学校に上がると周りには友達が全くいないわけですから、
自分から行動するしかなくて、出席番号が1つ前の男の子に

ベル

「この前さ、前歯無くなってさー、ご飯食べるの大変なんだよね!」

 

と友達に話しかけるように、乳歯が抜けてみんなが経験していることを話してみたんですよ。
みんな経験しているから話盛り上がるかな??
って思って。

 

この時の思い出は鮮明に覚えてて
返ってきた言葉が

 

友人
「ふーん」

 

え!?

温度の違いがありすぎて、めっっちゃ冷たくされたような気がしました。
始めて声をかけた子から冷たくされたので凄く傷ついたんですよ。

 

なんでこんな冷たいんだろう??

 

と子供ながら真剣に考えて、
「通っていた幼稚園が違うから仲間だと思われていない。」
って結論を出したんですよ。

 

属しているコミュニティーが違えば
コミュニティの間には大きな壁が出来てしまう。
その壁から出ていく人、入ってきそうな人を全力で叩く社会なんだなぁ

 

その頃は、ここまではっきりとは思いませんでしたが、
近いことを、学校入ったばかりの小さい頃にぼんやりと受け取りました。

 

 

この考え方は、今の日本社会にも当てはまっています。

僕の友達が
「海外には新幹線に乗っていると飲食物を売っている男の従業員や男のCAがいるのに
日本はみんな女の人ばっか。海外は素晴らしいと思う。」
といってました。
僕自身もこう思います。

 

これは
「男性の仕事はこれ、女性の仕事はこれ」っている枠があって
その枠から出ていこうとしている人を日本社会が全力で叩こうとしています。

 

大学内でも授業を受けるグループがあって、
皆そのグループを抜けたくないし、メンバーが増えても快く思わない。
コミュニティだけでものすごく強固に繋がろうとするんですよ。

 

2020年には東京オリンピックが開催されます。
開催されるにあたって、東京が開催地に選ばれたときの
喜びようがこれでした。

 

今では、競技場は負のレガシーになる。
設立予算はどうするんだ。

 

と問題だらけでとても歓迎する雰囲気はないですよね。
せっかくの異文化交流ができるチャンスにお金の問題が割り込んで
東京オリンピック全体の士気が下がるのは悲しいことです。

 

まぁ、こういった問題があってもなくても
日本というコミュニティーと外国というコミュニティーの間に壁を作り、
歓迎する雰囲気をメディアが作れていたかは怪しいですが、、、。

 

まとめると、あなたは日本社会だけに目が捕らわれ過ぎていて
他のコミュニティーを受け入れたくないメンタルを
小さいころから日本社会により少しずつ刷り込まれているわけです。
僕が小学校入りたての頃に受けた傷の様に。ちょっとずつ。

 

日本に生きていて何か理由は分からないが窮屈に感じてしまう。
何かが物足りない。
そう感じてしまうのは日本社会独特の壁があるからです。
更に日本人には英語を喋る事が出来ないという壁もあります。

 

そういった壁を感じさせないのがアメリカですよね。
アメリカは”人種のるつぼ”といわれるくらい多様な人たちが住んでいます。
(元々いた現住民と移民の人が立てた国だからです。)

 

 

なぜ僕がアメリカに壁を感じてないのかというと、
僕の研究室にはアメリカからの研究生もいて、
その人と一緒に研究しているんですが、

 

 

「これからは、僕たちはチームとして動く。辛いことがあったら共有して、楽しいことがあれば一緒に楽しもう!」といってくれました。

 

人としての懐の深さを感じましたし、この人となら一緒に研究したい!
って心から感じました。

 

英語を聞く能力はあるが、自分で英語を話せれる人は少ないと思います。
自分の意思を伝えることの素晴らしさを分かって頂ければなと思います。

 

一般的に英語を”話す”ことを学ぼうと思ったら
真っ先に英会話教室を想像すると思うんですが、
別に英会話教室じゃなくても学べる媒体はいくらでもあります。

 

留学、移住、専門書で勉強、スピードラーニング等の教材
など数はいくらでもあります。

 

仕方ないことなんですが、やっぱり、ある程度のお金がかかってしまいます。
でも英語を学ぶことは自己投資なのでそのお金が無駄になるわけではありません。
自分の壁を壊すためにも、英語を本格的に勉強してみてはいかがでしょうか!

 

英語を学ぶというのは何も外人と英語で話すためだけではありません。
自分の壁を壊す感覚を掴む道具として英語を学ぶことも出来るわけです。

 

それでは今日はこれで!

PR.【無料レポート】期間限定で990円の書籍を無料で読む

初受験でTOEIC満点を取り、
10年海外に滞在した経験から導かれた

英語の本質的な勉強法を大公開!

 

「TOEICの点数が上がらない」
「英語を話すことが出来ない」
「学生だけど勉強した方がいいの?」
「暇な時間に英語の勉強をしたいんだけど何からしよう?」
「自分の可能性が広がるのかな?」
「留学に行かなくても英語が話せるようになるの?」

 

などなど、多岐にわたって解説し、
すぐに「英語力」がアップするロジックを
再現性の高いものにまとめました。

 

短時間で英語力を上げる体系本
全44ページの大ボリームを
読むだけで英語学習が劇的に変わるでしょう。

 

電子書籍の受け取りはこちらから

 

メルマガもやっているので、
日々の英語力を英語力を上げたい時に
参考にしてください。

 

メルマガでは、英語力を上げる「より詳しい方法」や
ブログでは公開できないような「ここだけの英文」
新鮮で旬な「情報」を発信しています。

 

「英語を楽しみながら勉強することが出来た!」と
感想を頂くこともあります。
是非、日々の英語学習に役立ててください。

 

こちらからメルマガの登録が出来ます。

 

1日に1通程度の軽い量なので、
サクッと読むだけでもかなり力がつきます。

夢をかなえるため、一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

関連記事

  1. diary

    感動。『タイタニック』の名言を6つのシーンで振り返る!

    こんにちは、ベルです。 前回はタイタニックを大人になってから改めて…

  2. 犬

    bell

    3月の結果報告|ブログ始めてから3週間経ちました!

    こんにちは、ベルです。今日は3月の最終日ですね。 ということ…

  3. diary

    【2017年版】最強の翻訳アプリを調査してみた

    こんにちは、ベルです。 僕が高校に上がると当然の様に電子辞書を…

  4. diary

    日本人の英語力はレベルが高い!?

    こんにちは、ベルです。 僕が大学の英語の授業を…

  5. business

    カフェ店員に必要になる英語力とは

    こんにちは、ベルです。 先日、東京に行って友達…

  6. diary

    持っていかれたぁぁ!!

    こんちには、ベルです。実は三連休中に リスニン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

アンケート

  1. life

    あなたはどのタイプの性格?!知ることで見えてくる未来のこと
  2. 英語教育

    【友達に伝えたい!!】レーガン大統領のスピーチから学ぶ英語の名言
  3. mind

    ジューンブライドの起源を辿ると日本人に適している!?
  4. 勉強法

    読むだけで誰でも出来る!正しい「インプット」と「アウトプット」
  5. mind

    【当日に慌てない】TOEIC前日にするべき対策!!
PAGE TOP